パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

ベースボール

ベースボール

1983年に任天堂から発売されたファミコン用の野球ゲーム。

選手に個々の能力差は無く、チームでユニフォームの色が変わるだけ。
守備はオートになっていて、プレイヤーが操作できる部分は少ない。
それでも、当時はテレビゲームで野球ができるというだけで、十分に楽しむことができました。

さて、レビューっぽい事はこれくらいにして…

ベースボールは小学4年生の時にファミコン本体と同時に買ってもらいました。(マリオブラザーズも)
私が下手だったのか、単に運が悪かったのか、その両方だったのか…
購入してから1年近くCPUに勝てませんでした。

ある日、9回裏のCPUの攻撃を抑えれば初勝利ってところで、逆転サヨナラホームランを打たれました。
この時はあまりの悔しさと怒りで…

二度とやるかこんなゲーム!

そう思いながら、ベースボールのカセットを壁に向かって思いっきり投げつけました。

まあ、その数秒後には冷静になって、またプレイしていたんですけどね^^;

結局、CPUに初勝利したのは、それから暫く先の事だったと思います。
不思議なもので1回勝った後は、ちょこちょこ勝てるようになるんですよね。

子供の頃にゲームでの悔しさや怒りからカセットを叩きつけたりした事ってありませんでしたか?


9月19日に任天堂の元社長の山内溥氏がお亡くなりになりました。
その山内氏がゲームボーイを床に叩きつけて強度テストをおこなったという逸話をどこかで見た気がします。
(事実ではないみたいですが…)
「そういえば、壁に投げつけたベースボールも壊れなかったし、ファミコンのカセットって丈夫だったな」
ふとそんな事を思い出してベースボールの記事にしてみました。
もっとも、ファミコン本体はゴムの四角ボタンタイプだったので、耐久不足からボタンは取れてしまうし、最後にはカセットを挿した時に接触する端子部分が折れてしまい、2年半くらいで買い直す事となりましたけどね。


駄菓子屋にあったドンキーコング(実はクレイジーコングでしたけど)、ゲーム&ウォッチ、ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン、ゲームボーイと、任天堂のゲームにふれながら大人になった身としては、今回の訃報に感慨深いものがあります。



ベースボール | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



2 Comments

たかし  

僕も昔は

僕も昔は、PC88のキーボードをさんざんゲームでうまく
いかなくていらついて叩いたことあります。前の職場で
年下の友達にも聞いたけど、やっぱり同じ経験あるよう
です。今、Xak1を解いて、PC88のXak2やってます。谷の
ボスを倒して、ボスを2回倒したことになります。Xakは、
ラスボスでかなりやられましたが、昔のゲームってコツが
わかると簡単で、クリア出来ました。最近の洋ゲーとかは
敵のAIがハンパなくて、ハメ技とか、アンチとか出来ない
です。QUAKE2の頃は出来たのですが。それでは

2013/09/29 (Sun) 02:41 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

キーボードといえば、ゲームばかりやっていたら親に怒られて、ファミリーベーシックを畳の上に叩きつけられた事があります。
衝撃でほとんどのキーが取れてしまい、あとではめるのに苦労しました。

サークも順調そうでなによりです。
確かサーク2はジャンプができるようになって、アクション性が増してるんですよね。
88版は借りてやっていたので、今は持っていませんけど、買って未プレイのPCエンジン版をやってみようかな…。

2013/09/29 (Sun) 21:21 | EDIT | REPLY |   

Post a comment