春のわくわくセール
【駿河屋】 春のわくわくセール

パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

VERMILION (バーミリオン)

vermilion-88_000.png
VERMILION (バーミリオン)
メーカー:グレイト
発売日 :1989年
ジャンル:シューティング
機種  :PC-88,PC-98



※画像はPC-88版です


かなりの高額で内容不明のトランクケースの宅配を請け負った自称天翔アウトローことカラミティ。しかしうまい話には必ず裏がある。指定時間内に目的空間に達するため通常航路を抜けアステロイド、プロミネンスエリア等、危険区域をはしごする彼女は、なぜか、大量の戦闘機に襲われ、おまけに巨大戦艦に難癖つけられる羽目に。果して彼女は無事に仕事を果たすことができるのか!?謎のトランクの中身は……?


ゲーム内容

太陽系がノヴァにより消し炭と化してはや一千年…。銀河に散らばった人類は、ブラックホール・トロイドを使用したワープゲイトによる、擬似恒星間時代に突入していた。

vermilion-88_001.png
カラミティ・ジェーン
主人公のカラミティはそんな時代を生きる女性。愛機バーミリオン5に乗り、宇宙をまたにかけ、殺しから夜のお相手までなんでもこなす、宇宙のアウトローである。


vermilion-88_002.png
カラミティとその相棒、アシスタント・アンドロイドのラミアがひと仕事終えてバカンスを楽しんでいると、エージェントを通じて新たな依頼が舞い込んでくる。報酬は100万クレジット。それは依頼人から荷を受け取り、目的地へ届けるというものだった。

荷物を届けるだけでこの高額報酬!?
何か裏があると疑うカラミティ。実はワープゲイトに取り付けられた自動防衛システムにバグが見つかり、40隻以上の船が被害を受けているらしい。つまり危険が伴う仕事というわけだ。


vermilion-88_004.png
まずは現在地のデスカバリーを出て、惑星カラダンの人工衛星ステーションで補給。そこから依頼人の待つロンドベルを目指す。


vermilion-88_005.png
ステージ1
シューティングゲームです。プレイヤーは自機のバーミリオン5を操作。上下部のウェポンラックに装備している武器(最初はミサイルとレーザー砲)で、次々に現れる敵機を破壊していきます。

敵や敵弾などに接触すると画面下のシールド・ゲージ(POW)が減少し、残り0になるとゲームオーバー。左上の数字は撃墜数、右下はゲーム内時間です。


vermilion-88_006.png
ボス戦
各ステージのラストは巨大ボスと対決。

最初のステージのボスは中型自動戦闘艦アンドログム。全ての兵器を破壊すると自爆するので、レーザーや弾を発射してくる位置(砲台など)を狙って攻撃しましょう。


vermilion-88_007.png
ビジュアルシーン
惑星カラダンのステーションに到着。しかしその道中、なぜか大量の戦闘機と巨大戦艦に襲われてご立腹のカラミティ。整備屋のグリンリーアに新型のウェポンラックを取り付けてもらってからロンドベルに向かう。


vermilion-88_008.png
ステージ2
アステロイドの中を進むという設定から巨大隕石が飛び交うステージ。

新型のウェポンラックを取り付けた事により、このステージからウインドウ画面で上下部のウェポンラックの装備を変更できます。武器はバルカン、ミサイル、レーザーの3種類。それぞれ発射スピード、貫通力、威力に違いがあり、上下ともに選べますからお好みの組み合わせに変更しましょう。ゲームスピードの調節も可能です。


vermilion-88_009.png
ステージ2は巨大ボスが2機登場。こちらは中ボスです。


vermilion-88_010.png
依頼人のローズ・セラヴィからトランクを受け取る。これを24時間以内にブラックシールドへ届ける事が今回の依頼だが、通常航路では間に合わない。危険区域を突っ切るしかないが、高額報酬につられて正式に引き受けてしまうのだった…。

詮索するなと言われたトランクの中身とは?
ゲームは全6ステージ構成。シューティングシーンとビジュアルシーンを交互に繰り返して進めていきます。


まとめ・感想など

アダルトソフトメーカーのグレイトから発売された横スクロールシューティング。制作は「OPERATION L」や「バーサーカーフロント・シリーズ」などの同人ソフトを手掛けたStudio K2です。私もパソケットで購入した事がありますけど、有名なサークルさんですね。

シューティングシーンのメイン画面は小さくなってしまいますが、SF設定ならではのメカっぽいデザインや背景となる宇宙、そしてオペレーターのラミアとそのセリフなど、見栄えするゲーム画面ですね。画面の半分以上を埋め尽くすボスキャラや、ステージ間のビジュアルシーンの演出も良いです。横スクロールシューティングと言っても、実際はドットで描かれた星だけ流して背景画像は固定。あとは敵が右から出現して左へ向かっていくからそれっぽく見える。上手いやり方だと思います。

ゲームスピードはクロックを4MHzにしてあとはゲーム側で微調整がちょうど良いくらい。自機や敵機の動きも悪くありません。ところが敵弾の動きはカクカクしており、見づらく避けるのが難しい。無駄に難易度が上がっている気がしました。

やはりストーリー重視のシューティングならファルコムの「スタートレーダー」が難しくて苦労したけど遊び応えがあって面白かったかなぁ…。ちなみに私はステージ3のプロミネンスエリアがクリア出来なくて、トランクの中身については謎のままです。



パソコン VERMILION グレイト | 中古・新品通販の駿河屋


0 Comments

Post a comment