パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

インドラの光

indoranohikari-fc_000.png
インドラの光
メーカー:ケムコ
発売日 :1987年
ジャンル:RPG
機種  :FC



キミの勇気が試されるときがきた
惑星イーバルに平和を取り戻せ
キミも仲間とともに戦うのだ!!


地球を離れること8500光年の彼方にある惑星イーバル。この星は魔獣によって侵されつつあった。それを阻止しようとするファレイの勇者とその仲間たち。彼らは魔獣を倒し、平和の証であるインドラの光を取り戻すため、試練にたちむかうのであった――。これはファレイの勇者が持つ愛と勇気と正義の物語である。


indoranohikari-fc_001.png
主人公の家
城下町ファレイにある主人公の家から始まります。

かつて国王に仕えていた老人に育てられた主人公の青年は、魔獣に襲われて全滅した村の生き残り。彼の右腕には、「世に平和をもたらす」と伝えられているファレイの紋章のアザがあった。青年はその言い伝えに従い、ファレイの勇者として旅立つ。魔獣に奪われたインドラの光を取り戻し、神バーンを復活させるために…。

まずは重い病にかかっている王女を救うため、薬となるドラゴンのキバを手に入れることが目的になります。


indoranohikari-fc_002.png
ファレイの城(城下町)
ゲーム序盤の拠点となる町です。主人公の家や王室(王城)の他に、武器屋や道具屋などのお店もあります。

フィールドや町のマップは画面切り替え式。人物に接触するだけで話しかけられますが、正面から接触する必要があり、歩き回る相手だと話しかけづらいのが難点です。


indoranohikari-fc_003.png
フィールド
シンボルエンカウントです。マップ上を動き回っている敵のシンボルに接触すると戦闘モードに移行します。

地形によって出現する敵が変わります。強い敵との戦いを避けたい時は、平地を歩きましょう。


indoranohikari-fc_004.png
戦闘
一般的なコマンドバトルです。敵である魔獣を倒すと経験値とお金が手に入ります。(アイテムもたまに落とす)


indoranohikari-fc_005.png
秘密の洞窟
このゲームで意外と重要なのが「動かす」コマンド。マップ上にある岩を押すと隠し階段が見つかったりします。気になる岩があったら動かしてみましょう。人物がいたり、お金の入った宝箱が置かれています。


indoranohikari-fc_006.png
仲間
ファレイの城を出て次に向かうゼラーナの町で、最初の仲間、力持ちの「サバ」を雇う。仲間になるキャラは他にも何人か存在し、出会いと別れを繰り返しながら進めていきます。


indoranohikari-fc_007.png
術使い
各地にいる術使いから教わることで「術」(呪文)が使用可能に。但し、彼らと話すには、どこかで言葉を学ばなければなりません。


indoranohikari-fc_008.png
サンクレーテ神殿
ファレイの勇者である主人公の目的は、3つの像を集めて神の城に入り、神バーンを復活させる事。この神殿から盗まれた「大地の像」を取り戻すため、そして王女の薬を手に入れるため、ドラゴンがいるバベルの山の洞窟を目指します。


indoranohikari-fc_009.png
ダンジョン
洞窟の中は真っ暗です。入る前にランタンを使いましょう。出現する敵は地上よりも強いです。


indoranohikari-fc_010.png
ドラゴン
この大陸のボスキャラ、神の城を荒らしたサタン一族の一味、ドラゴンです。

ドラゴンを倒すには「黄金の弓」と「銀の矢」が必要です。まずはその2つのアイテムを使って、ドラゴンの無敵状態を解除しましょう。倒すと「ドラゴンのキバ」と「大地の像」が手に入ります。


indoranohikari-fc_011.png
ファレイの王室
ドラゴンのキバで魔法の薬を作ってもらったらファレイの城へ。王女の病が治り、王様がコルステの国へ渡れるようにしてくれます。

というわけで、新たな大陸へ…
主人公の旅はまだまだ続きます。




発売当時の中学生時代は同級生に借りてプレイ。その時はコルステの国に渡り、レベル13くらいまで上げたところでやめてしまいました。そして、数年前にクリアしていなかった事をふと思い出して再プレイ。クリアしたのは意外と最近だったりします。

見た目は普通のRPGでも、プレイすると細かな問題点が目立ちますね。相手の正面に回らないと話しかけられない。それでいて町が広くて人が多いから情報収集が面倒です。目的のお店まで行くのにも時間がかかります。また、仲間の歩くスピードが主人公よりも遅い。遅れて歩いてくるため、敵に接触して戦闘になったり、地形に引っ掛かって画面の切り替え時にはぐれてしまう。気がつくと仲間がいないなんて事があります。

さらに新たな大陸へ進んだ直後のゲームバランスの悪さや、回復系の術の使い勝手の悪さなど…。当時途中でやめてしまったのはこれらが原因ではないかと思います。

しかし、ドラクエタイプのオーソドックスなRPGで取っつきやすいのは確かです。それに1987年はファミコンでRPGがブームになった時期。各メーカーから色々なRPGが発売され、もっとプレイしづらいゲームもありました。「未来神話ジャーヴァス」や「ウルティマ 恐怖のエクソダス」と比べたら普通に遊べましたし、そう考えれば悪くなかったのかもしれません。

「やくそう」と「ヤクソウ」
カタカナの方は使うとダメージを受けるんですが、初プレイの時は知らずに使ってしまい、突然ゲームオーバーになって唖然としたのをおぼえていますw



インドラの光 | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


0 Comments

Post a comment