パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

ときめきメモリアル

ガールフレンド(仮)はアメーバで検索♪検索♪
しつこいくらいに流れているCMを見ていたら、このゲームの事を思い出しました。

ときめきメモリアル

1994年にコナミからPCエンジンSUPER CD-ROM2向けに発売された恋愛SLG(シミュレーションゲーム)です。

なにやら「ときメモ」が巷で人気らしい

そう感じたのは、1995年発売のプレステ版のヒットにより、ゲーム雑誌やプライズゲームの景品等で見る事が多くなったからです。
PCで18禁ゲームをやっていた私からすると、Hがない恋愛ゲームにあまり興味はわきませんでしたが…。

ある日、東京から帰省した友人に「ときメモってやったことある?」と聞いてみると、紐緒閣下(ヒロインの1人)がどうとかこうとか語り始めた。メインヒロインの藤崎詩織の名前くらいしか知らないこちらからすると何を言ってるのか意味がわからない。ここにもときメモにハマってるやつがいたかと思ったものです。

その後も人気は衰えず、関連グッズは発売され、1996年にはセガサターン版が発売されます。そこまで人気があるならやってみるかと、特製バインダーとパワーメモリーの付いたスペシャル版を発売日に買いました。(当時はサターン派でプレステを持っていませんでした)

プレイし始めて、誰を攻略するか考えてみたが、好みのキャラがいない。(顔だけなら古式ゆかりだが、あのしゃべり方が…)
とりあえず、メインヒロインの藤崎詩織を攻略する事にしました。

勉学に励んだり、デートをしたりと色々やってみる。

ゲームに慣れてきた頃、爆弾マークが付いている事に気が付く。慌てて説明書を見てみると、女の子をないがしろにしていると発生する「悪い噂」というやつだった。どうやら本命以外の女の子ともある程度は仲良くしないとまずいらしい。女の子のご機嫌を取って、やっと爆弾マークが消えたと思ったら、今度は別の子の所に付く。それを繰り返していると、今度は複数の子に爆弾マークが付いて…

俺は爆弾処理係じゃないんだよ! 

そう叫びたくなった。まるで自分の頭に爆弾マークが付いたような気分です。

結局、爆発してしまい、好感度が一気に落ちる。それでも、最後は藤崎詩織に告白して、ハッピーエンドになりました。

それにしても、相手にされないと悪い噂を流すって、どれだけ性格の悪いヒロインたちなんだ…。爆弾処理に追われてうんざりした印象が強くて、またプレイしようとは思えませんでした。人気が出て話題にもなったゲームですが、私は買って後悔したゲームの1つです。


恋愛SLG以外にも…

育成SLG 「プリンセスメーカー2」 (FMTOWNS版)
調教SLG 「SEEK ~地下室の牝奴隷達~」 (PC-98版) ※18禁

どちらも人気の出たゲームで、買ってプレイしてみましたが、面白さがわかりません。どうやらこの手のSLGは私に合わないようです。


ガイナックスの「プリンセスメーカー」とエルフの「同級生」を足したゲームって感じですね。



ときめきメモリアル | PCエンジン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ときめきメモリアル | プレイステーション | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ときめきメモリアル | セガサターン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ときめきメモリアル | スーパーファミコン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


続編や関連品はこちらから
ときめきメモリアル | 通販ショップの駿河屋



6 Comments

はーりーふぉっくす  

エンジン/サターン/スーファミ/Windows版と、プレステ版を除くすべて揃えました。
2はまったく興味なかったですが、1と3は好きでした。
ポスターや音楽CDやドラマCDとかも買いあさり、ラジオを聞いてと、このゲームのおかげで人生半分狂いましたw
この後に出てくる同級生とかのポスターは、メルバの自販機で大人買いしたっけな・・・。

2017/07/19 (Wed) 00:33 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

>はーりーふぉっくすさん
人生狂うほどときメモにハマった方でしたかw
当時、熱く語っていた友人が本当に楽しそうで、羨ましく思えましたし、風祭さつきさんが仰られているようにハマるっていいことですよね。
私もハマってみたくて、ときメモ以降、恋愛シミュレーションをいくつか買ったけど、残念ながらハマったと言えるほど熱中することはなかったです。
私も同級生のポスタードリームやってましたよ。ポスターが欲しいというより、よく当たるからついやってしまっただけですけど…。


>風祭さつきさん
PCエンジン版の頃は、数あるギャルゲーの1つというくらいで、全く眼中になかったしですし、いつの間にこんな大人気になったんだ?という感じでした。
しかし、ときメモのキャラは口調とか、個性が強すぎて…。あの中では虹野さんが普通な感じで良かったかも。結局、私もブームにハマらず、外野から眺めていただけでしたけど…。

2017/07/19 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   

はーりーふぉっくす  

懐かしき青春の思い出です。
当時、ときメモとオレンジロードが二本柱でしたね。
ときメモも同級生もポスター類は随分処分しましたけど、まだ一部持ってます。
UFOキャッチャーの景品は、山ほどありますw

2017/07/20 (Thu) 03:27 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

きまぐれオレンジロードは、ジャンプ連載中の時はそれほどでもなかったんですが、高校時代にアニメの再放送を見てからハマりました。あと、まつもと泉さんの漫画「せさみすとりーと」も好きだったなぁ…。

2017/07/20 (Thu) 19:59 | EDIT | REPLY |   

風祭さつき  

そして時は流れ・・・
去年、アーケードゲームにまたボンバーマンができました。ボンバーガールという名前で。(名前のとこご参照)
ハドソンはコナミに吸収されているのでこれもやむなしと思ってすまそうと考えていました・・・が!嫌な予感がしました。爆弾+ガール+コナミ。まさか彼女がいるんじゃないかと。
その予感は・・・的中してしまいました。
いるんです。彼女が!
ネタだと思いたかった!でもいるんです。
赤髪ロングの爆弾魔が!!(いいすぎ

2018/01/14 (Sun) 02:45 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

こんなボンバーマン(ガールだけど…)が稼働していたとは!

しかし、この「好感度ボム」って…w
確かに「ときメモ」には「爆弾マーク」が登場しますけど、まさかそれがボンバーマンに繋がるとは思いもしませんでした。(これはこれで良いですねw)

全員トキメモのキャラにして爆弾合戦というのも良いかもしれませんね。あと、画面内をうろつく主人公(男子学生)を誰が早くボムで仕留めるかを競うモードがあったら面白そう…。

2018/01/14 (Sun) 13:19 | EDIT | REPLY |   

Post a comment