パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

伊賀忍法帖

iganinpou-msx_000.png
伊賀忍法帖
メーカー:カシオ
発売日 :1985年
ジャンル:アクション
機種  :MSX



伊賀忍法の秘伝、伊賀忍法帖全4巻が、甲賀忍者の手の者に奪われてしまった!巻物は敵の城に隠され、その周辺は屈強なる甲賀忍者に守られている。キミは主人公の「伊賀丸」になり、難攻不落の敵城に忍び込み、すべての巻物を取り戻さなければならない。


iganinpou-msx_001.png
ステージ1(城門)
プレイヤーは主人公の伊賀丸を操作。敵の攻撃をかわしつつ手裏剣を投げて倒していきます。

移動と手裏剣は8方向へ可能。制限時間内に敵の忍者を10人倒して門の前に行くとクリアです。門が開いて城の中へと進めます。(次のステージへ)


iganinpou-msx_002.png
ステージ2(城内)
城内はゲーム内容が変わって画面が左右にスクロール。敵忍者の攻撃や飛んでくる矢などかわしながら、ジャンプで掛軸の紐を引いていきます。

掛軸をめくると、伊賀忍法帖(巻物)、小判、落書きのいずれかが出現。小判は得点アップ、落書きはハズレです。落書きだった場合は、床が針穴に変わり、落ちるとミスになるので注意しましょう。ちなみに目的の伊賀忍法帖は、必ず最後の掛軸から出現する為、結局はすべての紐を引かなければ手に入りません。


iganinpou-msx_003.png
敵の巻物
ステージ内にある敵の巻物を取ると、一定時間だけ忍法を使う事ができます。忍法は、姿を消せる隠れ身の術、敵の動きを鈍くするシビレの術、マキビシを投げるマキビシの術の3種類。どの術が使えるかはランダムです。


iganinpou-msx_004.png
伊賀忍法帖
最後の掛軸をめくって伊賀忍法帖を入手し、制限時間内に出口のふすまにたどり着くとクリアです。

城内ステージは時間との勝負です。掛軸をめくっていく順路をよく考えないと、せっかく伊賀忍法帖を手に入れても、出口のふすまにたどり着く前に時間切れなんて事に…。


iganinpou-msx_005.png
ステージ3以降も同様に、掛軸の紐を引いていきますが、掛軸の数が増えて難易度アップ。ガマガエルに変身する敵忍者も出現します。




パソコンが欲しいと思いながらもどれも高額で買えなかった小・中学生時代。唯一手が届きそうだったのが、低価格で発売されたカシオのMSX「MX-10」や「PV-16」といった「PV-7」の後継機でした。とはいえ、その頃はまだ出来ればPC-88が欲しいと思っていましたし、ファミコンのゲームを買ってしまって購入資金は貯まらない…。そうこうしている間にパナソニックの低価格MSX2「FSA1」が発売。MSX2なのに同じ29,800円という性能や価格面からそちらを買おうと心に決め、カシオのMSXは購入候補から消えたのでした。


PV-16BK (MSX1)

そんなカシオのMSXが気になっていた頃に発売されたのがこの伊賀忍法帖です。MSX本体の広告と一緒に掲載されていたのでなんとなく記憶に残っています。しかし、発売当時にプレイする機会はなく、MSXマガジン永久保存版3に収録されていたもので数年前に初めてプレイ。

城門から城内へ進み、そしてラストは天守閣というバラエティに富んだステージ構成。掛軸をめくるギミックも面白いですし、画面構成やゲーム展開は良いと思います。MSX1のゲームだけあって、さすがにスクロールはカクカク気味ですけど、操作性は悪くないので、それほど気になりません。

ただ、ジャンプ中といった、どうしてもかわせない状況で、画面の外から突然矢が飛んできてやられてしまう等、理不尽に難易度が高い。制限時間も余裕がない。スプライトの制限によるチラツキでキャラが見づらい時もあります。ゲームデザインは良いと思うだけに、そのあたりを考慮してほしかったですね。

続編の「伊賀忍法帖 満月城の戦い」もあるので、いつか記事にしてみようと思います。



伊賀忍法帖 | パソコン・スマホ | 中古・新品通販の駿河屋



MSX Magazine 永久保存版 | 中古・新品通販の駿河屋


2 Comments

NOBU  

初めまして

最近のゲームはおもろなくて、MSXやP6のゲームをいまだに楽しんでます。

カシオのゲームでお気に入りは賢者の石です。
たまたまサーティーで買ってハマりました。

PACの話題とか出てましたね、多分私とプラスマイナス1歳ですね😊
当時は「タンスに前田コン」のペンネームを名乗ってました。



2021/12/11 (Sat) | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

サーティーやPACをご存知の方からコメントをいただけるとは嬉しいです!高校時代は清水店、卒業後は主に静岡店、90年代は二週間に一度くらいサーティーへゲームを物色しに行っていました。

そういえば、カシオのMSXと同じく、当時安くなっていた中古のP6も購入候補でした。(85年~86年頃)ベーマガに掲載されていたマイコン流通センターの広告を眺めながらパソコンを買えないものかとあれこれ考えていた時を思い出します。PACを聴きはじめたのもちょうどその頃で、まだナイコン族の一人でしたw

2021/12/13 (Mon) | EDIT | REPLY |   

Post a comment