パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

さんまの名探偵

名探偵さんまの
華麗な推理がさえる!!
sanmanomeitantei-fc_000.png
さんまの名探偵
メーカー:ナムコ
発売日 :1987年
ジャンル:アドベンチャー
機種  :FC



ぶんちん殺人事件、そして宝石をめぐる陰謀…。
謎が謎をよぶ本格ミステリー!!

sanmanomeitantei-fc_009.png
臨時ニュースです!
今夜8時ごろ、大阪市の会社社長、吉本高行氏宅で、関西落語界の人気スター、桂ぶんちんさんが、何者かの手によって殺害されました。事件当時、ぶんちんさんは、吉本氏が催したパーティに出席しており、他にも多数のお笑いスターが同席していたということです。犯人はいまだつかまっておらず、あの名探偵、明石家さんま氏が捜査に乗り出すもようです。


sanmanomeitantei-fc_001.png
探偵事務所
明石家さんまさんが名探偵になって活躍。コマンド選択式のアドベンチャーゲームです。

メインコマンドはアイコン表示。関係者について聞く時もその人物の名前と同時に顔が表示される等、グラフィカルなデザインが特徴です。


sanmanomeitantei-fc_002.png
マップモード
「さんま」を動かして行きたい場所へ移動します。

コマンドから行きたい場所を選ぶというアドベンチャーゲームが多かっただけに、マップ上のキャラを動かして目的地へ行くというのは新鮮でした。また、捜査が進んで新たな場所の情報を得ると、その建物(移動場所)が追加され、少しずつマップが賑やかになっていくところもこのゲームの楽しさだと思います。


sanmanomeitantei-fc_003.png
「金庫室にあったダイヤが盗まれてしまったんです」
事件の依頼者で殺された「ぶんちん」の婚約者「あやこ」に事件当日の話を聞く。

殺人だけでなく、盗難事件も起きていた!当日の状況から犯人は、パーティの出席者の中にいるようだが…。


sanmanomeitantei-fc_004.png
事件現場の写真
床に書かれた「スハダクラブ」というメッセージを発見。ぶんちんが死の間際に書き残したものだろうか?

昔から思っている事だけど、ぶんちんさんの口を髭だと思って顔を見ると田代まさしさんに見えなくもない…。それはともかく、カーソルを動かして調べる時の「かにかにどこかに?」という言葉がお気に入りでしたw


ぶんちんを殺害した犯人と盗まれたダイヤの行方は?
というわけで、プレイヤーはさんまさんとコンビを組んで、この事件を解決に導きます。


sanmanomeitantei-fc_005.png
競艇場でやすし師匠とボート勝負!
このゲームの特徴と言えば、随所にあるミニゲーム。内容もバラエティに富んでいて、これが良い気分転換になりました。


sanmanomeitantei-fc_006.png
「よしもとみたいなやつこそ殺されれば…」
吉本たかゆきを恨んでいるという話がある「いくよ」と「くるよ」の2人。ダイヤのことも羨んでいたようだが…。


sanmanomeitantei-fc_007.png
「巨人君がどっからかええネタ持ってくるんですわ」
ぶんちんが大事にしていた幻の「ネタ本」。絶対にうけるお笑いのネタを集めたこの世に一冊しかない本だが、事件以降それが行方不明に…。ところが最近そのネタを「はんしん」「きょじん」の2人が使っているらしい。


さらにパーティの時、2人でコソコソ話していたという「のりお」と「シロー」、近いうちに大金が手に入ると言っていた「しんすけ」。そしてパーティの参加者を調べていくうちに「闇の帝王」を名乗る人物からの怪電話が…。


sanmanomeitantei-fc_008.png
ギャラクシガニ
ゲームに行き詰まった時は、ゲームセンターキャロットで「ギャラクシガニ」をプレイ。クリアすれば捜査のヒントを教えてくれます。




実在する有名お笑い芸人がキャラクターとして登場し、ミニゲームやパロディ、そしてマルチエンディングまで…。軽いノリで楽しめるバラエティに富んだ推理アドベンチャーゲームです。

ミニゲームの中でやはり印象に残っているのは「ギャラクシガニ」。今では過去の作品をゲーム内ゲームとしてそのまま収録してしまう事までありますけど、当時はアドベンチャーゲームの中でシューティングゲームが遊べてしまうのがすごくお得に思えました。 スコアアタックのモードがあったら捜査そっちのけで遊んでしまったかもしれません。

ゲームの難易度は低め。でも、中学生時代に初めてプレイした時は、なぜか行き詰まってしまい、近くの本屋まで攻略本を立ち読みしに行ったのをおぼえています。結局、攻略本を読んでもわからなかったのですが、ある日先へ進めてクリア。さんまさんをはじめとする個性豊かなキャラとのやり取りやミニゲームのおかげで、最後まで飽きずに楽しめるゲームでした。



さんまの名探偵 | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


4 Comments

00  

No title

友人宅で数人(自分含めボンクラーズ)集まってプレイしたのを思い出しました。
今でも覚えているボンクラーズの証明、途中ミニゲームでトランプ8枚の神経衰弱でスートを特定の順番で開けなければいけないところでの推理
「ここでハヤブサ(すでに手に入れてた何かのヒント)だな」
「どういう事?」
「ハートのハ、ダイヤのヤ、クラブのブ・・・」
「サは?」
「さ・・・最後に残ったスペード」
「「「それだ」」」
結果としては見事に間違い、総当たりで抜けましたよ。さんまは名探偵ですがボンクラーズは迷探偵でした。

トランプ開ける順番はすでにここに出てますよね。当時、正解が分かってからヒントの意味に気付きました。

2021/12/04 (Sat) | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

さすがにそれはこじつけすぎるw
数人集まってその迷探偵ぶりはひどいですねw

私はそこで悩んだ記憶はないのですが、もしかしたら攻略本を立ち読みした時に掲載されていたヒントから解き方を知ったのかも…。ちなみに最初は「スハダクラブ=素肌クラブ」で、いかがわしいお店の名前か?とか考えていましたw

2021/12/05 (Sun) | EDIT | REPLY |   

何の悪戯か  

あ、これマーシーだわw

2021/12/30 (Thu) | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

やっぱりそう見えますよね!w

2021/12/30 (Thu) | EDIT | REPLY |   

Post a comment