パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

ソロモンの鍵

solomonkagi-fc_000.png
ソロモンの鍵
メーカー:テクモ
発売日 :1986年
ジャンル:アクションパズル
機種  :AC,FC,MKIII



※画像はファミコン版です


世界がまだカオスの状態にあった頃、悪霊たちは悪行の限りをつくし、暴れ回っていた。偉大なる王ソロモンは、魔術を研究し、その生涯の聖かを記した魔法書「ソロモンの鍵」の魔力で、悪霊たちを地下星座宮深くに封じ込めたと伝えられている。

この伝説を信じ、長年探し求めた道士がいた。彼はついに星座宮を発見し、「ソロモンの鍵」にたどり着いた。魔法書を取る。と、次の瞬間、悪霊たちが溢れ出し、世界と時間を引き裂いた!世界はふたたび天地創造以前のカオスと化し、悪霊たちの支配する闇の王国となった。

妖精の園ライラックの王、ユトラは、魔法使いダーナに世界の修復を命じるのだった。ダーナは今、禁断の閉じられた秘境、魔の星座宮に踏み込んでいく…。


solomonkagi-fc_001.png
ROOM 1
プレイヤーは主人公の魔法使いダーナを操作。地下星座宮の各部屋を順番にクリアしていくアクションパズルです。

カギを取ってゴールの扉にたどり着けばステージクリアとなりますが、制限時間があります。画面上部にあるLIFE(ダーナの生命力)が時間の経過と共に減っていくため、0になる前にクリアしなければなりません。


solomonkagi-fc_002.png
換石の術
ダーナは魔法で石を出したり消したりできます。石を出して足場にする、敵の妨害を防ぐ等、換石の術の使い道はいろいろ。立ち状態、しゃがみ、ジャンプ中で、石を出す(消す)位置を変えることもできます。(石は頭突きでも破壊可能)

石の中にはアイテムが隠されていることがあって、石を消すと出現。その中の1つ、マンダの壺を手に入れると、地面に沿ってファイアボールが飛んでいく、火球の術が使えます。(取った数だけ)他にも得点アップの宝石、ライフを戻せる砂時計、ファイアボールの飛距離が伸びるクリスタル等、いろいろなアイテムが存在します。


solomonkagi-fc_004.png
ライラックの鐘を取ると妖精が出現。(10人助けると1UP)そして、カギを入手すると出口の扉が開きます。あとは妖精を取って出口に入るだけですが、左下の何もないところにライラックの鐘が隠されていたりします。(その場所に石を出して消すと出現する)


solomonkagi-fc_005.png
ROOM 2
左上にあるカミーラの鏡から次々に出現し、右の扉の方へ流れていくデーモンズヘッド。その流れをどう止めるかがポイントのステージ。


solomonkagi-fc_006.png
デーモンズヘッドは破壊不可の白い石にぶつかって方向転換。これで右へ流れなくなりましたね。あとは換石の術で足場を作りつつ、鐘とカギを取ってクリアするだけです。


solomonkagi-fc_007.png
ROOM 3
敵の数とその種類が増えて少し複雑に。石にそって動き回るスパークボール、目の前にある石を破壊するゴブリンやドラゴンなど、敵の行動パターンをよく見て対処する必要があります。


solomonkagi-fc_008.png
ROOM 4
スパークボールをうまく誘導して中央のカギを取ることができるか?ちなみに画面上側にある星座のパネルを取ると、この部屋をクリアした後、隠し部屋(HIDDEN)に行けます。


solomonkagi-fc_009.png
隠し部屋(HIDDEN)
妖精や石の中に隠されたアイテムが手に入るボーナスステージです。


部屋数は全部で50+α。最終ステージにある魔法書「ソロモンの鍵」の入手が目的ですが、エンディングは複数存在。真のエンディングを見るには、魔法書の失われた2ページの入手と、妖精の王女リヒタの救出が必須となります。(その為に必要というアイテムが他にもある)




テンポ良く石を出したり消したりできる楽しさに加えて、パズルとアクションの絶妙なバランス。アクションパズルの名作ですね。

石の設置をミスして敵が迫ってきても、テクニックで切り抜けられるといったように、パズルのミスをアクションで帳消し可能。常に完璧な手順を求められるのではなく、多少強引な方法でもステージをクリアできる為、思考型パズルが苦手な人でも楽しますし、その逆もまた然り。とはいえ、さすがに後半ステージは難易度が高くて、どちらも確実にこなさなければなりませんが…。

発売当時はクラスメイトから借りてプレイ。あと、隣の学区にファミコン内蔵のテーブル筐体を置いているプラモ屋があって、そこでもプレイしていました。50円で15分(10分?)プレイ出来るという時間制限付き。お金の投入口近くに付けられたデジタルカウンターで残り時間がわかるという仕組みだったと思います。(カウンターについては記憶違いかも)

テーブル筐体といっても、中身はファミコン版ですから、当然裏技のコンティニューも可能です。お金を投入してプレイ時間を延ばし、コンティニューを使いながらそこそこ先のステージまで進めて、一緒に来ていたクラスメイトに対して得意気になっていたのを思い出しますw (といってもROOM15くらいが限界でしたけど…)



ソロモンの鍵 | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋



ソロモンの鍵 王女リヒタの涙 | セガマーク3&マスターシステム(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


PS2の「テクモヒットパレード」とXboxの「テクモクラシックアーケード」にアーケード版を収録。また、ゲームボーイで「ソロモンズ倶楽部」や「ソロモン」、PCエンジンで「ZIPANG」といったソロモンの鍵のリメイク版(アレンジ版)が発売されています。


0 Comments

Post a comment