パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

謎の村雨城

nazonomurasame-fds_000.png
謎の村雨城
メーカー:任天堂
発売日 :1986年
ジャンル:アクション
機種  :FDS


時は江戸時代。これは、四代将軍徳川家綱が天下を治めていた頃の、ある地方城下町の物語である。多くの謎につつまれた城“村雨城”の中には、巨大な石像“ムラサメ”が祭られていた――。

ある嵐の夜、雷鳴とともに、金色に輝く流れ星のような物体が村雨城に落ちた。それからである、城内から異様な叫び声が聞こえてきたのは。正体不明の生命体が“ムラサメ”に棲みついたのだ。

謎の生命体は、村雨城以外の4つの城の城主達を謎の力で支配し、4色の“謎の玉”を手渡した。その玉を手にした城主達は、玉の力で忍軍を操って暴れ始めた。

城主反乱と“ムラサメ”の噂に、事の重大さを感じた幕府は、噂の真偽を確かめるため、その城下に剣法指南役の青年剣士“鷹丸”を秘かに送り込む。しかし、その密命もすぐに”ムラサメ”の知るところとなり、鷹丸が江戸を出たときからすぐに、魔の手が忍びよってきた。城主の放つ忍軍・妖術使いが攻撃してくるのであった……。


nazonomurasame-fds_001.png
青雨城(道中)
草原、森、岩山、河原の4つが迷路のように組み合わさっている道中を進み、城を目指します。

道中に現れる敵は、刀と小柄などの飛び道具で攻撃。近くの敵は刀、遠くの敵は飛び道具と自動で使い分けてくれて、敵が投げた手裏剣を剣で相殺する事も可能です。

また、タヌキを斬ると火炎の術や風車手裏剣の術などの武器が出現し、それを取る事で飛び道具がパワーアップ。持っている巻物の数だけ使う事ができます。(巻物は敵を倒すと出現)


nazonomurasame-fds_002.png
玉手箱
道中に隠されている玉手箱からもパワーアップアイテムが出現。こちらはスピードアップや体力の回復、そして飛び道具が3方向や4方向に飛ばせるようになる連射の術など、武器以外のアイテム(術)が手に入ります。

ちなみに隠れタヌキも存在し、透明の術やイナズマの術が手に入ります。


nazonomurasame-fds_003.png
ゴール!
タヌキが並ぶ城の見える画面にたどり着くと道中はクリア。

タヌキを斬るとアイテムが手に入ります。クリアボーナスみたいなものですが、ハズレを引いてしまうとその時点で終了です。


nazonomurasame-fds_004.png
青雨城(城内)
道中をクリアすると城内へ。こちらも迷路になっており、城主がいる部屋を探します。


nazonomurasame-fds_005.png

城内にいる姫を見つけると高得点獲得!但し、姫が般若に変わってしまった場合は、襲ってくるので注意しましょう。


nazonomurasame-fds_006.png
青雨城主
ボス戦です。城主倒すと謎の玉が手に入ります。


nazonomurasame-fds_007.png
そして、次の城へ…。

道中+城内で1ルートというゲーム構成で、4つの城をクリアして、4つの玉を手に入れると村雨城へ。謎の生命体“ムラサメ”との対決が待っています。




任天堂のディスクシステム・オリジナルゲームの第二弾。江戸時代が舞台の和風のアクションゲームです。

本体と同時発売だった「ゼルダの伝説」は、購入した同級生が多く、プレイする機会も多かったのですが、2ヶ月遅れで発売された「謎の村雨城」をプレイしたのは数えるほど。まともにプレイしたのは、それから約10ヶ月後の、自分でディスクシステム本体を購入してからでした。

近距離と遠距離を自動で使い分けてくれるから操作は簡単。とはいえ、敵の攻撃が激しくて難しいです。マップの正解ルートと隠れされているアイテムの位置を把握しておく必要もあります。

ファミコン雑誌(ファミコン通信?)に掲載されていたマップを見ながらプレイした記憶があります。純粋なアクションゲームという事で、腕と知識さえあれば、サクサク進められますね。ゼルダほどの面白さはなかったものの、軽快な音楽に合わせて、敵をバッタバッタとテンポ良く倒しながら進んでいくのが楽しいゲームでした。



謎の村雨城 | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


Wiiの「戦国無双3」に鷹丸を操作する「村雨城モード」があるみたいですね。(安かったら今度買ってみようと思ったり…)


4 Comments

はーりーふぉっくす雪の魔王編  

村雨城はわりと面白かったですね
当時、ディスクシステムを持ってた友人に感謝です

2021/06/03 (Thu) | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

和風のゲームデザインがまた良かったですね。
ただ、いち早くディスクシステムを買った同級生たちは、まだゼルダの伝説をプレイ中で、謎の村雨城までは手が回らないという感じでした。私の周りだと発売してすぐに買った人は少なかったです。

2021/06/03 (Thu) | EDIT | REPLY |   

VGX-AA  

くちのなか

モールス信号の暗号を解読できたのなら、リチャード・ベンソンか山下先生を名乗れるレベル。
尤も、説明書の暗号は間違っており、後日雑誌に訂正が掲載されたのはご愛敬。
んー、謎の生命体ムラサメは通常状態では無敵、口からふわふわ爆弾を発射しているときにしかダメージが通らないので、暗号など解読しなくても全然おけだった。

プレイ時間が浅く不慣れなときには射程が長く敵の飛び道具を相殺できる風車剣が絶対正義でしたが、風車剣の攻撃力は小柄より少々ましな程度。そして、耐久力があり飛び道具を連射するボスには長期戦の挙句弾切れの憂き目となることが少なからず。
思い切って火炎に切り替えてみたところ、無理してでも使ってみるべき一段上の攻撃力だった。何より相殺しない仕様はボスの速攻向け。

ともあれ、鷹丸は鈍足で被弾判定が大きいので積極的な先手速攻を心掛けたいです。

2021/06/05 (Sat) | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

そういえば、説明書に謎の生命体の弱点がわかるという暗号クイズがありましたね。ちょうどマップが掲載されていたファミコン雑誌でその間違いを指摘していた記憶があります。しかし、プレイヤーの大多数は子供だったと思いますし、モールス信号のクイズなんて出されても解けるわけがないですよねw

2021/06/06 (Sun) | EDIT | REPLY |   

Post a comment