パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

熱血硬派くにおくん

nekketsukouhakunio-fc_000.png
熱血硬派くにおくん
メーカー:テクノスジャパン
発売日 :1986年(AC)/1987年(FC)
ジャンル:アクション
機種  :AC,FC,PS2



※画像はファミコン版です


熱血高校に通うヒロシは、いつもみんなにいじめられていた。そんなある日、一人の男が転校してきた。彼の名はくにお!!生まれながらの熱血硬派である。見た目はこわいが、弱い者いじめが大キライな心やさしい男である。いつのまにか二人は、親友となっていくのであった。

ところが、ある日ヒロシが何者かに誘拐されてしまったのだ。くにおは、ヒロシを救いだすために立ち上がった。


nekketsukouhakunio-fc_001.png
ステージ1
駅のホームに現れる花園高校の不良たちを倒していきます。

くにおくんといえば、多彩なアクション。Aボタンで右方向へ攻撃、Bボタンで左方向へ攻撃し、それが進行方向かどうかでパンチやキックに変わるというシンプルなものですが、敵の状態やボタンの組み合わせで、襟掴みキックや腰掛パンチになり、さらにそこから背負い投げに派生する。ジャンプキックやダッシュ攻撃を出すこともできます。


nekketsukouhakunio-fc_002.png
ホームの敵を全員倒すとドアが開き、電車の中へ。

場面が変わるのはファミコン版のオリジナル要素。シーンによっては、先へ進むための入口が2つ以上あって、それがルートの分岐になっています。


nekketsukouhakunio-fc_003.png
ホームと同様に、電車内の敵をすべて倒すとドアが開き、ボス戦へ。


nekketsukouhakunio-fc_004.png
ステージ1のボス「りき」
ファミコン版のボス戦はタイマン勝負。花園高校の番長、通称マッハパンチの“りき”と闘います。

ホーム下に落とせば体力の残量に関係なく一撃で倒せますが、掴もうとしても突き飛ばされてしまう為、背負い投げを決めるのは難しいです。(りきの体力が残り少なくなると決まるようになる?)


nekketsukouhakunio-fc_005.png
アイテム
ゲーム中に出現するアルファベットの「P」(パワーUP)を取ると、一定時間敵を一撃で吹っ飛ばせる。他にもエネルギー全快や1UPなど、ファミコン版には4種類のアイテムが存在します。


nekketsukouhakunio-fc_007.png
バイクチェイス
ステージ2にあるファミコン版のオリジナルシーン。バイクを操作しながら敵に蹴りを入れて倒します。


nekketsukouhakunio-fc_008.png
襟掴みビンタの「みすず」
ステージ3のボスですが、ルートの選択次第では戦わずに済みます。


nekketsukouhakunio-fc_009.png
ステージ4はヤクザの事務所が舞台。16ある部屋の中からボス部屋を探さなければなりません。


nekketsukouhakunio-fc_010.png
ヤクザの若頭「さぶ」
このゲームのラスボスです。ピストルの弾に当たってしまうと、体力の残量に関係なく、一撃でやられてしまうので注意。




別の敵を巻き込むように投げて2人同時にホーム下に落とす等、多人数を相手に技を駆使して戦うのが面白かったですね。中学生時代に駄菓子屋でアーケード版をプレイ。当時の人気作で、店先にあった筐体からいつもくにおくんの声が響いていたのを思い出します。(「待て、この野郎」とか「おりゃっ!」という声)

決められたフィールドの中ではありますが、ベルトスクロールアクションの元祖とも言える内容。しかも当時は、ビー・バップ・ハイスクールの実写映画がシリーズ化されて人気を博す等、ツッパリブームだった時代。ゲームデザインも時代にマッチしており、なるべくしてなった人気作品だと思います。

ちなみにアーケード版は、りきを倒してステージ2へ進むのがやっと。相変わらず下手でしたw

その翌年にファミコン版が発売。キャラクターが小さくなり、同時に登場できる敵の数が減っていたものの、迫力不足を補う感じでオリジナル要素を追加。家でじっくりプレイ出来る分、戦いのコツを掴みやすく、ゲームレベル(難易度)の設定も可能なせいか、こちらはラスボスまで進めました。

しかしこの頃は、くにおくんがシリーズ化して、あれほどたくさんのゲームが生み出されるとは思ってもみなかったなぁ…。



熱血硬派くにおくん | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋



熱血硬派くにおくん | プレイステーション2(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


くにおくん熱血コンプリート ファミコン編」(3DS) ※ファミコンで発売されたくにおくんシリーズ11作品を収録
くにおくん熱血コンプリート ファミコン編 | ゲーム | 中古・新品通販の駿河屋


くにおくん ザ・ワールド~クラシックスコレクション~」(PS4,Switch) ※3DSのコンプリートに海外版を追加
くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション | ゲーム | 中古・新品通販の駿河屋


2 Comments

ポプコムのカセットレーベル  

私はどちらかというとアーケード版のほうが得意でした。
操作感覚にくせはありましたが楽しめましたね。
くにおくんは後々はもうヤンキーじゃなくてドッジボールの人になってましたけどw

2021/03/04 (Thu) | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

アーケード版は人気ありましたね。最初は右と左の攻撃ボタンの使い分けに慣れなくて、投げるつもりが襟掴みキックになってしまい、立ち止まっているところを敵から攻撃されるなんて事がよくありました。

ドッジボールやサッカー、さらには時代劇など、何でもありでしたねw 今にして思えば、テクノスジャパンにとってくにおは、任天堂のマリオみたいな存在だったんだなと…。

2021/03/05 (Fri) | EDIT | REPLY |   

Post a comment