パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

kinnikumanmtm-fc_000.png
キン肉マン マッスルタッグマッチ
メーカー:バンダイ
発売日 :1985年
ジャンル:アクション
機種  :FC



ついに超人世界一を決める超人タッグトーナメントが開かれた!!好きな超人でタッグを組んでパンチ、キック、ラリアート……。いろいろな技を使って勝ち進もう!!命の玉で必殺技を繰り出すチャンス!!栄光の王座を手に入れるのは誰だ!!


kinnikumanmtm-fc_001.png
超人タッグチームの作成
タッグマッチということで、8人の超人の中から2人を選択。タイトル画面で「2 PLAYER」を選べばプレイヤー同士の対戦も可能です。

ロビンマスクとウォーズマンの「超人師弟コンビ」や、バッファローマンとラーメンマンの「2000万パワーズ」も捨て難いですが、今回は主人公であるキン肉マンとテリーマンのコンビ、「ザ・マシンガンズ」を再現してみましょう!


kinnikumanmtm-fc_003.png
対戦相手はロビンマスクとラーメンマン。
まずはパンチやジャンプキックを中心とした小技の応酬から。相手の背後に回り込んでバックドロップ、ロープを利用したラリアートやフライングボディアタックなどの技も出せます。

相手に技をかわされると少しだけ硬直する。間合いやタイミングも重要で、単純そうに見えて奥深いです。


kinnikumanmtm-fc_004.png
命の玉
ミート君が投げる命の玉を取るとキャラが点滅。移動速度が上昇し、必殺技が使えるようになります。

この命の玉を取ることが出来れば大きなチャンス、逆に取られてしまったら大ピンチ。ミート君が登場すると、どのタイミングでどこから玉が飛んで来るのかドキドキしましたねw


kinnikumanmtm-fc_005.png
キン肉ドライバー!
必殺技の出し方はキャラごとに異なりますが、基本的に相手の後ろから近づいてパンチを当てるタイプ、横一直線に飛び込む(飛ぶ)タイプのどちらか。技の威力もそれぞれ違います。


kinnikumanmtm-fc_007.png
ラウンドクリア!
相手の超人パワー(体力)を0にすると勝利。1ラウンド3本勝負になっており、先に2本先取するとラウンドクリアです。


kinnikumanmtm-fc_009.png
氷のリング
通常のリングの他に、歩くと滑る氷のリングや、ロープに電流が流れている電気リングがあります。




CPUとの対戦もそれなりに面白かったと思いますが、やはりこのゲームはプレイヤー同士の対戦が熱かったですね。当時、週刊少年ジャンプで人気連載中だった「キン肉マン」をファミコンゲーム化。プロレスがモチーフの対戦アクションゲームです。

キン肉マンやアシュラマンのような相手の背後に回る必要がある必殺技は当てるのが難しい。必殺技の出しやすさ(当てやすさ)から一人でプレイする時は、ウォーズマンとブロッケンJr.を使用。


kinnikumanmtm-fc_010.png
しかし、ブロッケンJr.の必殺技「ナチスガス殺法」は唯一の飛び道具で、一度当たると相手が硬直し、連続で当てる事が出来る。ハメ技に近かった事から対人戦では使用禁止というルールに…。(全国的にそうだったみたいですねw)

仕方なくテリーマンやラーメンマンを使っていたんですが、基本的にキャラ選択は早い者勝ち。自分が使いたい超人を先に確保するところから勝負は始まっていました。

キン肉マンは、第2回超人オリンピックの決勝から、バッファローマン率いる悪魔超人との戦いが一番盛り上がったと思います。小学生時代にクラスメイト二人が、パロスペシャルを再現しようとして失敗。やられ役が上に乗られた重みに耐えきれず潰れるというお約束の光景を思い出しますw

あと、キン肉マンといえば、キン消し!

プロ野球カードやビックリマンシールも流行りましたが、小学生時代の私が一番たくさん集めたものはキン消しです。100円ガチャの通常サイズから、20円ガチャの二頭身、そして通常の何倍もある大きさのもの、さらには技を再現したものまで、ダブりやパチモノも含めると数百体は持っていました。(チエノワマンとか7体くらいあったw)

私の周りでは、悪魔超人のアトランティスが出なくて当時はレア扱い。同級生がそのアトランティス(緑)をただで譲ってくれて、当時大喜びしたのをおぼえています。それから私が持っていたプラネットマンの各惑星に顔が描かれている人面プラネットマン(青)が、その手の込んだ作りからも激レア扱い。これについては記事作成ついでに調べてみたら無版権モノだったというオチでしたw

本当の激レアはマンモスマンみたいですが、王位争奪戦の頃はもうキン消し集めを卒業していました…。



キン肉マン マッスルタッグマッチ | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋



キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛 | プレイステーション2(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


ワンダースワンカラーの「キン肉マンII世 ドリームタッグマッチ」、プレイステーション2の「キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛」、そして「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン」にファミコン版のマッスルタッグマッチが収録されているようです。(PS2とファミコンミニジャンプ版はディスクシステムのキン肉星王位争奪戦も収録)


4 Comments

VGX-AA  

友情とは成長の遅い植物である

8人のメンバーから選択可能な残りの原作準拠タッグは、キン肉マンとラーメンマン(モンゴルマン)の日蒙コンビ、キン肉マンとロビンのブルー・インパルスとなるでしょうか。
折角のタッグなのに完璧超人が不参加でコンビ技が実装されていないのが時代の制約とはいえ余りに惜しい。

キン肉マンの話題となると、それこそ初期の怪獣退治から現在連載中の超神まで延々尽きることがないので、今回はブロッケンとジェロニモに限定します。

何故ジェロニモが登場するのかと云えば、海外版ではブロッケンがジェロニモに差し替えられ、毒ガスはトマホーク投擲に変更となっているからなのです。
#グラだけ差し替えで、性能は多分同じはず
海外版はニュー・マシンガンズを結成できますが、ブロッケンと入れ替わりなのでテガタナーズは再現できません、惜しい。
#手刀ズではなく飛び道具ズですな、ここだけII世ネタ

ブロッケンも必殺技がベルリンの赤い雨ならハメだの選択自粛とはならなかったかもしれません。
ともあれ、強キャラとされるブロッケンですが、移動速度は遅く玉と毒ガスを前提としたキャラなので、ブロッケン以上の移動力があるキャラでブロッケンの玉取得を妨害できれば勝機は見出せると思います。

ブロッケンはオメガ編のフルメタルジャケッツで頼もしく成長。
ジェロニモは超人に転生して以降いいとこなしでしたが、超神編で一気にキーパーソンへと躍り出ました。
たまにはシンプルなデザインでキャラの個性が切り立ったゲームも面白いですね。

2020/12/10 (Thu) | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

対戦慣れした上手い人が相手だとブロッケンJr.を使っても勝てませんよね。名前も顔も忘れてしまったけど、まったくかなわなかった同級生が1人いて、小技をどんどん決められてしまうからまともに玉が取れませんでした。(取れても毒ガスをかわされてしまう)

キャラクター差し替えといえば、大会景品だったゴールドカートリッジ版!もちろん持っていませんが、こちらはブロッケンJr.がザ・ニンジャになっているみたいですね。

当時はもちろん、37巻以降の新シリーズも本当に面白い。どの対決も胸熱ですが、個人的にベストシーンは、ステカセキングがマッスルインフェルノを決めたシーン。最高にカッコ良かったです!(カセットテープに懐かしさを感じる時代になってしまったけどw)

2020/12/11 (Fri) | EDIT | REPLY |   

DERACINE  

このゲーム目当てに

おまけとしてコレが収録されてるPS2のマッスルグランプリ買いました。
マッスルグランプリ2特盛はキャラゲーとして最高峰の1つだと思います。
好きすぎて先日ミカドの初中級者大会に出てしまいました(YouTubeにアーカイブされてます笑)

原作も当時はもちろん、今も面白すぎて、毎週月曜0時の更新が楽しみです。
昔ジャンプの早売り求めて近所の雑貨屋に深夜出かけたことを思い出します。

おっしゃる通り名試合連発の新シリーズですが、僕がグッと来たのは、
スグルとネメシス(サダハル)の入場シーン。
友に囲まれリングに向かうスグルに対し、たった一人、兄タツノリから
もらったケープを纏い決戦へと向かうネメシス。二人の対比に、
このシリーズのテーマ「それぞれのイデオロギー」が垣間見える
名シーンだと思います。

2020/12/20 (Sun) | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

大会動画を探して視聴しました!
各キャラの必殺技が見事に再現されていますね。コロナが流行しているこの時期だからネプチューマンでマスク狩りだとか、魔雲天の追い打ち攻撃が強すぎだとか、マッスルグランプリのシリーズをプレイした事はないのですが、動画の視聴だけでもかなり楽しめましたw

ジャンプの早売り懐かしいですね。ひと足先に読んでネタばらしをしてくるクラスメイトがいたのを思い出しますw

原作はついに全超人の命運を賭けた戦いがスタート。これからどうなるのかとても楽しみです。

2020/12/20 (Sun) | EDIT | REPLY |   

Post a comment