パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

超買取アップ祭り
駿河屋さんが在庫不足により、一週間限定で「超買取アップ祭り」を開催するそうです。売りたいものがある方はこの機にいかがでしょうか?
詳しくはこちらのバナーからどうぞ!

サラダの国のトマト姫

キュートな野菜の主人公が織りなすさすらいのロマン
saratoma-88_000.png
サラダの国のトマト姫
メーカー:ハドソン
発売日 :1984年
ジャンル:アドベンチャー
機種  :PC-60mkII,PC-80mkII,PC-88,PC-98,MSX,MZ-1500,X1,FM-7など



※画像はPC-88版です


地球からずっと離れた星にあるサラダ王国。そこではオニオン王のもと、野菜たちが集まって平和に暮らしていました。

ところがある日、王の側近であるパンプキングが、カボチャ一族を率いてクーデターを起こし、サラダ国の全権を握ってしまいます。クーデターを成功させたパンプキングはカボチャ大王と名乗り、オニオン王をスープ・ド・オニオンの刑にし、娘のトマト姫を追放。国民には重い税金を課したのでした。

ガボチャ大王に対する反発からあちこちに反政府のグループが生まれ、やがて反乱軍を組織。トマト姫をリーダとして迎えました。

しかし、国王軍によってトマト姫は誘拐されてしまいます。姫の命と引き替えに無条件降伏を迫られる反乱軍。降伏は時間の問題と思われた時、諸国を旅するキュウリ戦士がこの国に立ち寄ったのでした…。

ところで、スープ・ド・オニオンの刑って…釜茹での刑でしょうか?w


saratoma-88_001.png
サラダ王国の入口からスタート。プレイヤーはキュウリ戦士となり、トマト姫の救出する為に、カボチャ大王の城を目指します。

ゲームはコマンド入力式のアドベンチャー。英語とカナ入力、どちらでも受け付けてくれます。


saratoma-88_002.png
街への道中に倒れている柿。近くの池で水を汲んできて与えると元気になります。

リメイク作であるファミコン版では「かきっぱち」という名前で登場し、仲間になって一緒に旅をしましたが、パソコン版では助けてあげて情報を聞いたらお別れです。


saratoma-88_003.png

サラダ王国(というかゲームの舞台)は、3つの地域に分かれており、最初の舞台となるのがこの街です。古道具屋、酒屋、電気屋など、いろいろなお店があって、後に必要となるアイテムを物々交換で入手します。


saratoma-88_005.png
奉行所の牢屋
反乱軍の司令部にいたというニンニクから暗号を教えてもらい、とある場所でそれを使うと秘密の通路へ。


saratoma-88_006.png
反乱軍の司令部
ロンメロン将軍と作戦参謀のリサから話を聞く。国王軍にはウォーメロンという野菜メカ(ロボット)があって、反乱軍にもそれに対抗するメカがあるらしい。


saratoma-88_007.png
野菜メカの情報を得たキュウリ戦士は、次の地域である森林地帯へ…。
というわけで、トマト姫救出の旅はまだまだ続きます。


saratoma-88_008.png
野菜メカ「ダイコーン」発進!
動力は単一電池というウワサも…w


saratoma-88_009.png
捕らわれのトマト姫。


saratoma-88_010.png
キュウリ戦士はカボチャ大王を倒して、無事トマト姫を助け出すことができるか!?




ハドソンソフトの出世作「デゼニランド」。それに続くアドベンチャーゲームとして発売されたのがこのサラトマでした。と言っても、まだパソコンを持っていなかった頃でしたから、発売当時は雑誌の紹介記事でゲーム画面を見ただけですけどね。先にプレイしたのはファミコン版でした。

キャラクターが擬人化された野菜や果物たちというメルヘンチックな世界。そんな世界観と言葉探しを楽しむゲームですが、普通では思い浮かばないようなコマンドを入力させるシーンがいくつかあります。自力クリアはかなり難しかったのではないでしょうか。(応募券で単語集・ヒント集・解答集のいずれか1つがもらえた)

ちなみに私は、かなり年数が経ってからプレイしたという事もあって、最初から最後まで攻略を頼ってしまいましたw



サラダの国のトマト姫 | パソコン・スマホ | 中古・新品通販の駿河屋



サラダの国のトマト姫 | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋



5 Comments

はーりーふぉっくす雪の魔王編  

60mk2でやりましたが、投げ出しましたw
作品自体が難しく、文字も半角片仮名で見づらいので更に難易度がUPですね
カナと英語を半々で打っていくのですが、キーボードのカナ位置など覚えていないので苦痛w
当時は小学生で英語の授業なんてありませんが、通っていた英語教室が役に立ちました。
ベーシックでLINE、CIRCLEで線を書き、paintで色を塗る遅さもいい思い出です。

2020/09/07 (Mon) 00:41 | EDIT | REPLY |   

00  

6001mkⅡで兄とやりましたなあ(遠い目)
今みたいにコマンド選択式ではなく、かな+英語で入力だったので、かなキーロックしてあると かちりの(TALK) りららの(LOOK) って誤って入力しまくってました。
一番悩んだのが代官所に入るところで、正門から入るのではなく通用門から入るのに気づく迄相当時間かかったんですよね。時代劇の水戸黄門見ていたらそんな場面があったお陰で分かったんですけど。

2020/09/07 (Mon) 20:13 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

>はーりーふぉっくす雪の魔王編さん
コマンド入力アドベンチャーはキーを素早く打てないときびしいですよね。日本語もローマ字入力可能なら大丈夫ですが、カナ入力のみだと本当に無理ですw
P6のサラトマはSCREEN 4を使用しているみたいですが、予想以上にグラフィックが綺麗で驚きました。(MSX版はモノクロだっただけに)


>00さん
かなキーのロックについては、私もMSXでプログラムを打ち込んでいた頃に、ハニイリト(FILES)ってよく入力ミスをしていましたw
普通に入るとキャベツ奉行に見つかってしまう場面ですね。攻略を見ながらクリアした私が言うのもなんですが、あそこは確かに一度は引っ掛かりそうです。

2020/09/07 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

はーりーふぉっくす雪の魔王編  

まぁ、60の画面が綺麗とは言っても、それを映すのが結局RF出力ですからね
にじみまくりですw

この類いのゲームを見ていると、こんにちはマイコンを読みたくなります。
当時繰り返し何回も読みましたが、今はさすがに手元にはありません・・・たぶん。
どうしたっけかなぁ・・・。

2020/09/08 (Tue) 00:39 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

読んだことはありませんが、ゲームセンターあらしのキャラが登場して、パソコンやプログラミングについて学べる、すがやみつるさんの学習漫画ですね。一応、電子書籍版があるみたいですけど、いつものように押し入れ等を探せば見つかるのでは?w

それはともかく、その延長線上となる「こんにちはPython」が今年発売されていてびっくりしました。

2020/09/08 (Tue) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Post a comment