パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

聖拳アチョー

seikenahoo-msx_000.png
聖拳アチョー
メーカー:アスキー/アイレム
発売日 :1985年
ジャンル:アクション
機種  :MSX



※画像はMSXマガジン永久保存版3に収録されている聖拳アチョーです


アチョー流拳法の達人「聖拳アチョー」と呼ばれる男がいた。その名はトーマス。ある日、彼の恋人シルビアが謎の組織「X」に連れ去られてしまったのだ。

トーマスは「X」の館にもぐり込み、シルビアを救出に向かった。シルビアが捕らえられているのは、最上階だ。ところが、各階にはそれぞれ武芸の達人がいて、トーマスの行く手を阻む。さてトーマスは、無事シルビアを助け出すことができるだろうか。


seikenahoo-msx_001.png
Xの館は5階建て。次々にあらわれる敵をパンチやキックで倒し、シルビアが捕らわれている最上階を目指します。

1階は左へ向かって進みます。戻ることも可能ですが、制限時間があるので急ぎましょう。


seikenahoo-msx_002.png
1階の敵で厄介なのはこのナイフ投げ男。上下に投げ分けてくるナイフをしゃがみとジャンプでかわさなければなりません。


seikenahoo-msx_003.png
1階のボス「こん棒男」。各階は6つのエリアに分かれており、エリア「五」まで進むとその階のボスが登場します。


seikenahoo-msx_004.png
ボスを倒してエリア「六」に進むと上の階へ。


seikenahoo-msx_005.png
2階は天井から落ちてくる蛇壺や竜の玉をうまく対処しながら右へ向かって進んでいきます。




タイトルこそ違っていますが、中身は見ての通り、ファミコンにも移植されたアイレムのアーケードゲーム「スパルタンX」です。

よくネタにされる「聖拳アチョー」というタイトル。名称が変わってしまったのは、その頃すでにMSX(というかパソコン)では、ポニカ(ポニーキャニオン)から発売された「ジャッキー・チェンのスパルタンX」というゲームが存在し、使用できなかったから。と言っても、“アチョー”と名付けたネーミングセンスは、また別問題ですけどねw ちなみにポニカからは「プロジェクトA」のゲームも発売されていました。

ファミコン版「スパルタンX」は今でも2周くらいできるのに、この「聖拳アチョー」は1階のクリアですら難しい…。慣れもあるかもしれませんが、操作性が少し劣る事、そしてひっつき怪人(つかみ男)に掴まれた時のダメージが大きい等、難易度はこちらの方が高いと思います。(二周目以降の難易度については不明)



聖拳アチョー MSX | パソコン・スマホ | 中古・新品通販の駿河屋



MSX Magazine 永久保存版3 | 中古・新品通販の駿河屋



スパルタンX | ファミリーコンピューター(TVゲーム/ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋


ちなみに聖拳アチョーのパッケージ絵を描いたのは、ファミコン版ウィザードリィのモンスターデザインを担当されたことでも有名な末弥純さんです。


0 Comments

Post a comment