パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

魔神英雄伝ワタル

ハッキシ言って、おもしろカッコいいぜ!
mashinwataru-pce_000.png
魔神英雄伝ワタル
メーカー:ハドソン
発売日 :1988年
ジャンル:アクション
機種  :PCE



龍神池から現れた守護龍に連れられ、神々の世界「神部界」へ行った主人公の戦部ワタル。しかし、その中心に存在する「創界山」は、突如現れた悪の帝王ドアクダーによって支配されていた。ワタルは、創界山に平和を取り戻すため、魔神となった龍神丸と共に旅立つ…。


mashinwataru-pce_001.png
第一界層(シンボルエリア)
横スクロールのアクション。剣攻撃とジャンプを駆使して、登場する敵を倒しながら右へ進んでいきます。(戻ることも可能)

創界山は7つの階層に分かれており、それぞれ界層に特徴があります。この第一界層は、岩などが降ってくる天災ステージ。まずはワタルを操作するシンボルエリアのクリアを目指します。


mashinwataru-pce_002.png
忍部病院
シンボルエリアでの目的は、お金を集めてアイテムや情報を得ること。エリア内には、病院、武器屋、アイテムショップなどが用意されており、扉の前で方向キーの上を押して中に入ると、アニメでおなじみのキャラが登場。情報を教えてくれたり、アイテムを売ってくれたりします。

キャラのパワーアップにつながる剣、そしてバトルエリアで使える特殊武器のヘンダマが売られていたら購入しておきましょう。


mashinwataru-pce_003.png
動く床に乗り移りながら移動。ライフ制とはいえ、下のトゲみたいなものに接触すると即死します。その瞬間ゲームオーバーになるので注意。コンティニュー可能ですが、コインとヘンダマが半分になり、ライフのハート3個の状態で再スタートです。


mashinwataru-pce_004.png
エリアの右端に辿り着くとゴール。方向キーの上を押すと虹が出てワープします。


mashinwataru-pce_005.png
龍神丸に切り替わってバトルエリアへ。


mashinwataru-pce_006.png
第一界層(バトルエリア)
迷路状になっているエリア内を探索し、その界層のボスを倒すことが目的です。

基本的な操作はシンボルエリアと同じですが、龍神丸の方が歩くスピードが速いなど、アクション性がアップ。ヘンダマによる遠距離攻撃も可能になります。


mashinwataru-pce_007.png
ヘンダマは5種類あって、敵を倒した時に出現する番号の玉を取ることによって、飛び方が変化。(これは3番)また、ライフ回復のハートも出現します。


mashinwataru-pce_008.png
第一界層のボス セカンドガン
二体出現し、左右に飛び回りながら攻撃してきます。

バトルエリアのボスを倒すとステージクリア!虹が出現して次の界層のシンボルエリアに進みます。


mashinwataru-pce_009.png
第二界層(シンボルエリア)
逆さまになっているエリアがある逆転ステージ。

というわけで、このようにワタルを操作するシンボルエリアと、龍神丸を操作するバトルエリアを交互にプレイして、各階層をクリアしていくアクションゲームです。


mashinwataru-pce_010.png
ちなみにシバラク先生は、武器屋の主人として登場します。(情報を教えてくれたりもする)




当時大人気だったテレビアニメ「魔神英雄伝ワタル」をゲーム化。ドアクダーに支配された創界山に平和を取り戻すため、主人公のワタルと龍神丸になって戦うアクションゲームです。

私が中学二年生の時にテレビアニメが放映されました。実のところ最初は視聴していなかったのですが、クラスで「ワタルが面白い!」と話題になり、数話目くらいから視聴。そこからワタルにハマりました。(おかげで第一話を見たのは何年も後だった)当時の私は、キザで皮肉屋のクラマが大好きで、一番最初に買ったプラモデルは空神丸だったという…w

その翌年にPCエンジンを購入し、クラスメイトからこのゲームを借りてきました。ところが、Huカードだけの状態で借りたものですから説明書が無く、ショップの存在に気づかず…。シンボルエリアのクリア方法は、適当にコントローラーを動かして偶然わかったものの、普通のアクションゲームのようにひたすら先へ進んでいくだけ。後日、拾ったコインの使い道を持ち主に聞いて、ようやく知ったというオチでした。

そのコインを集めてアイテムを買うRPGっぽい要素、そしてワタルと龍神丸、エリアで操作するキャラが変わるところが特徴ですね。触れると即死するトゲ、場所によっては敵がワラワラ出てくる等、難易度は高め。アクションゲームとしての面白さは今ひとつだったという印象ですが、操作性は悪くなかったのと、当時大人気だったワタルのゲームということでそこそこ楽しめました。(ファミコンで発売されたRPGは面白かった!)


mashinwataru-pce_999.png
Keith Courage in Alpha Zones
こちらは魔神英雄伝ワタルの海外版に付いていたミニコミックの一コマです。ゲーム内容は同じみたいですが、設定は違っており、地球に落下した巨大隕石の中から大量の宇宙人が出現して、地球侵略を始める。主人公キースの父親は、開発したノヴァスーツを着て宇宙人と戦うが、途中でやられてしまい、息子にその意思とスーツを託すといったストーリーです。

ワタルは老けてるし、龍神丸はスーツになっているわで、海外サイトで最初に見た時は驚きましたw



魔神英雄伝ワタル | PCエンジン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


ファミコンやプレステで発売されたRPGやアニメなどはこちらから
魔神英雄伝ワタル | 通販ショップの駿河屋


高校時代に毎週欠かさず録画していた「魔神英雄伝ワタル2」。全話録画するつもりが、放送終了間近の第47話で予約し忘れて失敗したのを思い出すします。機動警察パトレイバーも天空戦記シュラトも失敗したし、全話録画に成功したのはドラゴンクエストのアニメだけだったなぁ…。



0 Comments

Post a comment