パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

火の鳥 鳳凰編 MSX2版

感動の巨編、「火の鳥」飛翔
hinotorihouou-msx_000.png
火の鳥 鳳凰編 MSX2版
メーカー:コナミ
発売日 :1987年
ジャンル:シューティング
機種  :MSX2



生まれて間もなく片目片腕を失った我王は、殺戮と強奪を繰り返し、神をも恐れぬ大悪党と呼ばれた。しかし、小さな誤解から最愛の妻を斬り殺してしまった時、初めて自分の罪深さを知る。そして、過去から未来まで地上の全てを見守っている鳥――「火の鳥」の啓示を受け、正しい心を求めて心の中の悪に立ち向かう旅に出た…。


hinotorihouou-msx_001.png
ステージ1「斬」
強制の縦スクロール・シューティングです。最初から手にしているノミを武器に、襲い来る敵を倒しながら進んでいきます。

敵や敵弾に接触したり、スクロールに挟まれると一人消滅。敵をジャンプでかわすことも可能ですが、ジャンプ中は方向を変えられませんから、タイミングや着地点に注意です。

弾を吐き出してくる不気味な顔の敵、泥人形を倒すとアイテムが出現します。薄茶色の泥人形は、武器をパワーアップさせる「火の鳥の羽根」、赤色の泥人形は、スピードアップの「草履」や武器の飛距離や連射力がアップする「テントウ虫」等です。(他にもアイテムを落とす敵がいます)


hinotorihouou-msx_002.png
所持している火の鳥の羽根を消費して、6種類のパワーアップと1UPが可能。プレイヤーがパワーアップを選択することになります。


hinotorihouou-msx_003.png
火の鳥の像に接触するとステージ攻略のヒントを教えてくれます。


hinotorihouou-msx_004.png
火の鳥が言っていた天の門。このような門がステージの所々にあって、通り抜けるには同じ文字の霊木が必要です。今は扉が開きませんから、左へ進んで画面を切り替えましょう。


hinotorihouou-msx_005.png
刃の霊木を発見!


hinotorihouou-msx_006.png
真っ直ぐ、左、右、どちらへ進むか?
このようにステージ構成は複雑です。縦に8画面分のマップが3つ横に並んでいる感じで、そのまま進んでいると同じところをぐるぐる回ってしまいます。火の鳥から得られる情報を元に霊木を手に入れ、門を開けて進みましょう。そして、ボスがいる場所を目指します。

あえてループさせて火の鳥の羽根を集めるという手もありますね。地図を手に入れるとステージ全体のマップを表示することができます。(一度使うとなくなる)


hinotorihouou-msx_007.png
斬の霊木を手に入れると右にある斬鬼の門が開きます。(ボスがいる)


hinotorihouou-msx_009.png
ステージ1のボス「斬鬼」と対決!
素早い動きで火炎弾を放ってきます。


hinotorihouou-msx_010.png
斬鬼を倒して充の霊木を入手。凶の門に入るとステージ2へ進みます。


hinotorihouou-msx_011.png
ステージ2「凶」
このステージのボス「凶鬼」を倒すと、ステージ1にあった天の門を開けられる天の霊木が手に入ります。つまり、ステージ1に戻る必要があるというわけです。


hinotorihouou-msx_012.png
ステージ3「邪」
敵の攻撃がさらに激しくなります。ちなみに画面左下の「水」は、ゲームクリアに必要なアイテム「心の玉」の1つです。

扉が開かないので今は行けませんが、心の玉がある場所の先では、新たに転と生のワープパネルが登場。ショットで転のパネルを出現させ、その上に乗って生のパネルへワープするという仕掛けになっています。


hinotorihouou-msx_013.png
ステージ4へ進む狂の門とステージ1へ戻る斬の門。
ここまでのステージにあった心の玉を入手するために、一度は斬の門に入らなければなりません。


hinotorihouou-msx_014.png
ステージ1に戻って心の玉「天」を入手。
同じようにステージ2とステージ3の心の玉を入手したら、今度は狂の門を通ってステージ4へ進みます。




手塚治虫さんの漫画「火の鳥」(鳳凰編)を原作としたストーリー・シューティング。全6ステージ構成で、改心した我王が自分の心の中の悪と戦うという設定です。

ゲームの目的は、各ステージにある心の玉を5つ集めて、最後の鬼を倒すこと。基本は縦スクロールシューティングですが、我王の心の中を映すようにステージ内は複雑。ループするマップを進みながら左右に画面を切り替えて、ボスがいる場所を目指します。

中学生時代に同級生からまとめて買ったMSXゲームの1つです。MSX2専用ソフトだけあってスクロールはスムーズ。グラフィックや音楽も良いですね。ゲーム内容もさすがコナミのゲームという面白さでしたが、シューティングの難しさに地形のややこしさまで加わって難易度が高いです。当時は隠しコマンドを使って残機を増やしてもステージ3までしか進めませんでした。

ファミコン版もMSX2版も面白かったとはいえ、原作の世界観は無視した内容でしたねw



火の鳥 鳳凰編 | MSX | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋


ファミコン版や原作の漫画はこちらから
火の鳥 | 通販ショップの駿河屋


ちなみにザインソフトから「牙龍王」というそっくりなゲームが同時期に発売されています。(見た目が似ているだけでゲーム内容は…)



0 Comments

Post a comment