パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

信長の野望 全国版

nobunagazenkoku-msx_000.png
信長の野望 全国版
メーカー:光栄
発売日 :1986年/1987年(MSX)
ジャンル:シミュレーション
機種  :PC-88,PC-98,MSX,MSX2,MZ-2500,X1,X68000,FM-7,Windows,FC,SFC,PCE,MD,PS



※画像はMSX版です


五十有余の群雄が割拠する戦国乱世。東北には伊達、越後に上杉、関東に北条、甲斐に武田、駿河に今川、三河に徳川、中国に毛利、四国に長宗我部、九州に島津、そして尾張には「天下布武」を旗印に天下統一を夢みる織田信長があった。今、貴方は下克上の乱世に身を投じ、天下統一を果たさなければならない。数々のドラマを秘めた武将たちの壮大な歴史叙情詩が今、はじまる。



nobunagazenkoku-msx_013.png
このゲームには、17ヵ国と50ヵ国の2つのモードがあります。上の画像は17ヵ国モードのものですが、まさに群雄割拠という感じですね。でも、せっかくの全国版ですから、今回は50ヵ国モードの方でプレイしてみましょう。


nobunagazenkoku-msx_001.png
戦国大名の選択
東北は全体的に石高が低め、関東から中部は強豪がひしめき合っている。というわけで、初心者向けと言われている四国の雄、長宗我部元親でプレイします。ちなみに本願寺は一揆が発生しない、足利(山城)はコンピュータから攻められない(野心による?)といった特徴があります。

それにしても懐かしい…。MSX版は中学生の時以来だから30年振りになります。当時も長宗我部でプレイしましたが、四国を制覇するところまでしか領土を拡大できませんでした。


nobunagazenkoku-msx_002.png
大名の各能力値をスロット方式で決定。
三國志と違って数値にかなりバラツキがあり、合計値が100くらい変わったりします。

最後にコンピュータの強さ(5段階)を決定したらゲーム開始です!(もちろん1にしましたw)


nobunagazenkoku-msx_003.png
1560年の春からスタート。自国の順番が回って来るのを待ちます。1ターン目から一揆や戦争が頻繁に起こるので、弱小国を選ぶと順番が回ってくる前に滅亡なんてことも…。


nobunagazenkoku-msx_004.png
最初の3年間くらいは内政に専念します。秋の収益を増やすため、施しで民の財力や忠誠度をアップ。(開墾や町づくりよりも効果的)あとは兵士の訓練など行います。

数ターン経過後に気付きましたけど、年貢率を上げ忘れていました…。


nobunagazenkoku-msx_005.png
財政が潤ってきたので、そろそろ領土を拡大していきましょう。四国にいる他の大名はIQが低いので、忍者を雇って暗殺してしまいます。もっとも大名が死んで空白地になった国が自分のものになるとは限りませんけどね。


nobunagazenkoku-msx_006.png
讃岐(40国)へ攻め込みました。兵力差があるので楽勝です。

訓練度や武装度も関係しますが、やはり信長・全国版は兵士の数がものを言いますね。兵力を残して勝たないとすぐに他の国から攻め込まれてしまいますから、最低でも相手の2~3倍以上の兵士数で攻め込みたいです。


nobunagazenkoku-msx_007.png
四国を制覇!
ここで終わるつもりでしたが、中学時代のリベンジということで、もう少し続けてみることにします。


nobunagazenkoku-msx_008.png
豊後(47国)に攻め込みました。九州制覇に向けての第一歩です。戦争の準備をしている間に大友宗麟が滅亡してしまったので、城井鎮房(きのい しげふさ)との戦いになりました。

山に囲まれて攻めにくい城ですが、兵力は相手の4倍ですから大丈夫でしょう。本来なら部隊編成を行って、第三部隊までに兵力を集中した方が良いのですが、面倒だったのでそのまま攻め込みました。

そして、奪い取った豊後を足掛かりにして九州制覇を目指します。敵国に隣接していない国を生産国にして、そこから物資や兵士を最前線に送り込む。そして、島津、龍造寺といった強国を倒して…


nobunagazenkoku-msx_009.png
九州を制覇!
やばい、すごく面白くなってきた…。というわけで、さらにゲームを続行します。

勢いに乗って中国、近畿を制覇し、次の中部地方へ。


nobunagazenkoku-msx_010.png
織田信長と対決!


nobunagazenkoku-msx_011.png
ついにここまで来ました。残るは蝦夷の地だけです。


nobunagazenkoku-msx_012.png
というわけで、全国統一までプレイしてしまいましたw




光栄の信長の野望シリーズ第二弾。戦国大名の一人となり、戦略・戦術の限りを尽くして、全国統一を目指すシミュレーションゲーム。全国の大名を選択できるようになった全国版です。

中学二年の時にMSX版でプレイ。私にとっては三國志に続く二本目の本格シミュレーションでした。パソコン雑誌で目にしたのか友人に聞いたのか忘れましたが、北条でプレイして南の里見を滅ぼし、そこを生産国にすると良いという情報を知り、最初は北条氏政を選んだ記憶があります。しかし、思うように進まず、何度か大名を変更。最終的にMSX・FANに初心者向けと書かれていた長宗我部にしました。しかし、それでもうまく進められず、途中で断念。その後は高校時代にPC-88版で少しプレイした程度です。

結局のところシミュレーションゲームは、コツを掴めるかどうかですね。今回のプレイでは、順調に領土が広がっていき、中学生時代に苦戦したのが信じられないくらいです。おかげで当時よりも面白く感じられました。しかし、まさか30年振りのプレイで、初の全国統一を成し遂げられるとは…。

当時は配下武将が存在しないことに物足りなさを感じましたが、今は逆にシンプルで遊びやすいと思えます。ただ、年に4回しかコマンドを実行できないため、内政に専念しすぎるとあっという間に年月が流れていきます。大名が高齢で死んでしまう前にどんどん攻めなければ、全国統一に間に合わないのがつらいところですね。



信長の野望 全国版 | PC-8801 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
信長の野望 全国版 | PC-9801 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
信長の野望 全国版 | MSX | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
信長の野望 全国版 | X1/turbo | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
信長の野望 全国版 | FM7/77 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋



信長の野望 全国版 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



信長の野望 全国版 | スーパーファミコン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



信長の野望 全国版 | PCエンジン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



信長の野望 全国版 | メガドライブ | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



信長の野望 全国版 | プレイステーション | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


その他の機種やシリーズ他作品はこちらから
信長の野望 | 通販ショップの駿河屋


しかし、パソコンだから遊べるゲームと思っていただけに、ファミコン版が発売された時はショックだったなぁ…って三國志の記事でも同じことを言いましたねw 気が向いたら未クリアの戦国群雄伝にも再挑戦してみようと思います。(武将風雲録だけクリア済み)



3 Comments

はーりーふぉっくす雪の魔王編  

全国版と戦国群雄伝は88版でやりこみました。
私はこの手のゲームはいつも信玄で遊びます。
敵地と隣接する所以外は、全部補給品生産地にするのがコツですね。
弱小を選ぶと運ゲーになりますが、それでも蒼き狼と白き牝鹿を源頼朝でやるより難易度は低いですw
この時代の光栄のシミュレーションは面白かったですね。
ソフトが高いのが痛かったですけどw

2018/08/01 (Wed) 01:31 | EDIT | REPLY |   

ポプコムのカセットレーベル  

これも88でよく遊びましたね。一人でももちろん何度もプレイしましたが、複数人プレイで友達と連日集合してやってましたね。信長の野望はこの後段々と複雑になるにつれ面倒になってきて、武将風雲録まではプレイしましたがその後は未プレイです。

2018/08/01 (Wed) 09:07 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

>はーりーふぉっくす雪の魔王編さん
先に三國志をプレイしていたせいか、その感覚で開墾や町づくりを優先してしまったり、施しで与える金や米の量が少なすぎたのが、当時うまく進められなかった原因かなと思います。
PC-88でプレイした武将風雲録は、大河ドラマの影響から「武田信玄」を選びました。その後は実力モードにして「姉小路良頼」でクリアしたりと、かなりやり込みました。
三國志なんてファミコン本体と同じ14,800円でしたし、光栄のゲームはどれも高かったですよね。同級生に売ってもらったり、中古ソフトを買っていたから多少安かったけど、定価ではとても手が出ませんでした。


>ポプコムのカセットレーベルさん
私の場合は三國志でしたけど、友人たちと集まって多人数プレイも楽しかったですね。FMTOWNSで覇王伝、天翔記と購入しましたが、やはりシステムが複雑になって面倒になったのと、他のゲームに手を出し始めたことから、すぐにやめてしまいました。それ以降のシリーズ作は未プレイですし、私もまともにプレイしたのは武将風雲録が最後かな…。

2018/08/01 (Wed) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Post a comment