パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

オリュンポスの戦い -愛の伝説-

olympusTatakai -fc_000
オリュンポスの戦い -愛の伝説-
メーカー:イマジニア
発売日 :1988年
ジャンル:アクションアドベンチャー
機種  :FC



遥か遠い昔、まだ人と神々が共に暮らしていた頃――。人の住む地「アルカディア」には、静かで平和な村「エリス」がありました。そこに住む美しい娘ヘレネと、優しく逞しい若者オルフェウスは永遠の愛を誓いあっていました。そんなある日、ヘレネは毒蛇の牙にかかり、はかない命を奪われてしまったのです。ヘレネを失ったオルフェウスは三日三晩、嘆き悲しんでいました。すると、どこからともなく愛の女神アフロディーテの声が聞こえてきました。

「オルフェウスよ、わたしはこれまであなたたちの愛を見守っていました。そして、いま深い哀しみにに包まれていることも知っています。けれど、まだ望みを捨ててはいけません。ヘレネは死んでしまったわけではないのです。「黄泉の国」タルタロスの神ハデスが、后にするために、ヘレネの魂を奪い去ったのです。ハデスの力は強大です。この国には、恐ろしい手下どもがたくさんいます。もし、あなたがヘレネを救い出すつもりなら、3人のニンフを捜しなさい。ニンフたちは、タルタロスへの道しるべとなり、あなたが来るのを待っています。ヘレネへの愛が真なら、オルフェウスよ、ヘレネを救い出すのです」

さあ、ここからあなたの冒険が始まります。愛と勇気で、あなたの「愛の伝説」を創り出してください。


最初にヒーロー(主人公)とヒロイン(恋人)の名前を決めてゲームスタート!


olympusTatakai -fc_001
エリアマップ
ゲームスタート時とエリアを移動する時に表示されます。


olympusTatakai -fc_002
エリスの村
アルカディアの地にあるこの村から始まります。


olympusTatakai -fc_003
建物の中に入ると人がいて、次に行くべき場所や手に入れるべきアイテムなど、ゲームのヒントを教えてくれます。最初の目的は、このアルカディアにいる神々の王ゼウスに会うことです。ちなみに別のエリア(土地)に行くための入口の場合もあります。


olympusTatakai -fc_004
武器とジャンプで戦うアクションです。敵を倒すとお金の代わりになるオリーブの実やライフ回復の月桂樹の葉を落とします。しかし、このスライムのような敵、しゃがんでも攻撃が当たらず、下に落ちてくる瞬間か飛び跳ねた時にしか倒せなくて戦いづらい…。

林を通り抜けてゼウスがいる神殿を目指します。レベルや経験値はありませんから、どんどん進んでしまっても大丈夫です。あと、木の幹にも人がいますので、入口を見かけたら入ってみましょう。


olympusTatakai -fc_005
ゼウスの神殿の入口にいるコルキスの牡牛。
主人公に向かって突進してきます。門番のような存在ですね。


olympusTatakai -fc_006
ゼウス
稲妻を呼ぶ「アルゲスの力」を授けてくれて、他の神々に協力するよう伝えてくれます。但し、アルゲスの力はヘパイトスの神剣(最強の武器)を手に入れるまで使えないので、その力が発揮されるのは当分先になります。

さて、ここからがゲーム本番。ゼウスの神殿に向かう途中で得た情報から、次は「オオウイキョウの杖」を手に入れるため、アッティカの地へ向かいます。


olympusTatakai -fc_007
エレウシスの都
アッティカにある都です。各家を訪ねて情報を集めていると、吸血鬼ラミアに息子がさらわれてしまったという女性がいました。救い出してくれれば家に伝わる家宝をくれると言っています。

ラミアがいる場所へ行く前に、アッティカにいる神に会っておきましょう。


olympusTatakai -fc_008
アテナ
知恵と戦を支配する美しい女神。敵の攻撃を防御することができる「アテナの盾」を授けてくれます。


olympusTatakai -fc_009
吸血鬼ラミア
上半身が美女、下半身が蛇の吸血鬼です。放ってくる矢をジャンプやアテナの盾で対処しながら、懐に潜り込んで攻撃します。


olympusTatakai -fc_010
ラミアを倒して子供を救出。そのお礼として「オオウイキョウの杖」をもらいました。棍棒よりも攻撃力が高い武器です。プロメテウスの火を放って敵を攻撃したり、暗い洞窟を明るくすることもできますが、この時点ではまだその力は解放されていません。


olympusTatakai -fc_011
一旦アルカディアに戻って、今度はアルゴリスの地へ…。洞窟を探索することになりますが、落とし穴があったり、ここから難易度がアップ。(落ちると即死だが、落ちなければ行けない場所もある)

このように神々の協力を得ながら8つの土地を旅して、タルタロス(黄泉の国)を目指します。そして、ハデスを倒し、愛するヘレネを救い出すことが目的です。


olympusTatakai -fc_012
愛のかけら
ヘレネが連れ去られるときに3人のニンフたちに託したもの。旅の途中で3人のニンフに会い、「愛のかけら」を受け取る必要があります。


olympusTatakai -fc_013
ジャンプ力がアップする「ヘルメスのサンダル」を手に入れると、天井に飛びつくことも可能になります。(場所による)こうした仕掛けはなかなか面白いですね。




ギリシャ神話をベースにした横スクロールのアクションアドベンチャー。(アクションRPG?)主人公の青年が神々の協力を得ながらハデスに奪われた恋人を取り戻すというストーリーです。

このゲームを購入したのは、忘れもしない中学三年生の時。同級生と併願で受験することになった私立高校の下見に行った日でした。ところがいくら探してもその高校が見つからない…。やっと見つけたと思ったら別の学校だったというオチを何回か繰り返しているうちに、今日はもうあきらめようということになり、戻りながら中古ファミコンカセットを売っているゲーセンへ。そこでナムコの「時空勇伝デビアス」とどちらにするか悩み、この「オリュンポスの戦い」を買って帰りました。選んだ理由はもちろん、任天堂の名作「リンクの冒険」にそっくりで面白そうだったからです。

それにしてもこのゲーム、敵の動きがいやらしいですね。近付くと飛び跳ねて突っ込んで来る、一定の動きから突然変化する、動きに微妙な違いがある等、その動きに翻弄されます。むやみやたらに剣を振るとますますダメージを受けるし、ノックバックで穴や谷に落とされる。ゲームオーバーを繰り返している内に、せっかく集めたオリーブの実が減ってしまい、アイテムと交換する時に足りなくて集め直しになります。(ゲームオーバーになると半分になる)

アクション以外にも、謎解きで行き詰まることもあって、難易度は高いです。もう少し簡単にしてもらいたかったと思いますが、ゲーム展開の良さと豊富なアイテムで面白かったです。当時は攻略本を買ってクリアしました。


余談ですが、その高校の場所は受験の日まで知らなくて、当日に場所を探しながら行くことになり、15分ほど遅刻しましたw(車で送ってくれた塾の先生も場所を知らないというオチだった…)



オリュンポスの戦い | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



2 Comments

通りすがり  

画面ナカナカ綺麗 ボスキャラいっぱい 素敵BGM多数って事でかなりお気に入りのゲームでしたコレ(ソックリすぎますけどねー、アレと)。曲は、くにおくんシリーズ等手がけた人だと後から知りましたが。

リンクの冒険 の操作性というか遊び心地でドラキュラやってるような感じでしたね、特に後半ステージ。

イマジニアはディスクゲームの方でもゼルダそっくりなゲーム出してたですが、そっちもやたらボス多かったりなんだりでミョーに憧れたもんです(書き換えサービスしてないソフトだったので遊べませんでしたが)。

2018/08/04 (Sat) 13:41 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

敵のいやらしい動きやノックバックで穴に落とされるところは、まさに悪魔城ドラキュラという感じでしたね。あれにはイライラさせられましたw

イマジニアのゼルダにそっくりなゲームといえば、聖剣サイコカリバーですね!あのカセットテープ付きシリーズでは、消えたプリンセスが好きだったなぁ…。謎解きが難しすぎてゲームの出来はひどかったけど、なぜかお気に入りでした。

2018/08/05 (Sun) 00:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment