パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

The Goonies (グーニーズ) MSX版

冒険は、危険なほど面白い
goonies-msx_000.png
The Goonies (グーニーズ) MSX版
メーカー:コナミ
発売日 :1985年
ジャンル:アクション
機種  :MSX



ある日、グーニーズのメンバーは、マイキーの家の屋根裏部屋で、伝説の大海賊・片目のウイリーの遺した宝の地図を見つける。そして、地図を元に地下洞窟への入口を発見するが、そこはギャング・フラッテリー一家の隠れ家だった。グーニーズの7人は捕まってしまい、洞窟内のオリに監禁されてしまった。スロースは仲間を助け出し、無事に洞窟から脱出できるか!?

というわけで、MSX版はマイキーではなく、なぜかスロース(フラッテリー家の末弟)が主人公です。


goonies-msx_001.png
グーニーズのメンバーである7人の仲間は、オリの中に閉じ込められています。ステージ内に置かれているカギを入手してカギ穴を通過し、オリを開けながら進んでいきましょう。(画面切り替え式)

敵キャラクターは、パンチで攻撃して倒します。倒すとEXP(経験値)が増加し、MAXになるとVIT(バイタリティ)が少し回復。残機制ではないため、VITが0になると即ゲームオーバーになるので注意です。あと、ジャンプ中にパンチを連打すると飛距離が伸びます。


goonies-msx_002.png
ステージの決められた場所(シーン)で、特定のアクションを行うとアイテムの入った袋が出現。ちなみにこのシーン1-01では、“カギを取る”ことで袋が出現し、黄色いヘルメットが手に入ります。アイテムによって効果はさまざまですが、一部を除いて、数回効果を発揮すると消える消耗品です。(不利になるアイテムもある)


goonies-msx_003.png
滝や水滴をかわしながら先へ。


goonies-msx_004.png
一人目の仲間を救出!
助けた仲間や入手したアイテムは、画面下に表示されます。それから、吊るし岩に潰されると即死するので注意です。


goonies-msx_005.png
骸骨の入口(ワープゾーン)に入ると、別のシーンへ行くことができます。

このように各シーンを移動して仲間を全員救出すると…


goonies-msx_007.png
ステージ内のどこかにある青い扉が開きます。そして、そこから脱出するとステージクリア!


goonies-msx_008.png
しかし、背後から現れたフラッテリーに、また仲間がさらわれてしまって、再び救出することに…。というわけで、次のステージが始まります。



アメリカの映画「グーニーズ」を原作としたアクションゲーム。主人公であるスロースを操作して、牢屋に閉じ込められているグーニーズのメンバーを救出し、洞窟から脱出することが目的です。

オリジナルは海外ゲーム
元はアメリカのデータソフトからアップルII、アタリ800、コモドール64等の機種で発売されたゲームで、コナミが内容を変更してMSXに移植。また、そこからさらに内容を変更したものがファミコン版です。ちなみにPC-88とX1で発売されたものは、ファミコン版の移植になります。

探索型のアクション
1ステージは、5シーン構成の全20画面。その中のあちこちにカギとオリが配置されていますできるだけ効率良くオリを開けていきたいところですが、カギは1つしか持てないため、消費してから取りに戻ったりと、ステージの中を行き来することになります。あと、ステージのどこかに隠されたアイテムを探したりする、探索要素がこのゲームの面白さですね。(「ドルアーガの塔」のように出現条件がいろいろで難しいですが…)


発売当時に遊んだのはファミコン版。MSX版はプレイする機会がなくて、1990年代になってから購入しました。同じ探索型のアクションで、共通点も多々ありますが、内容は大分違っており、MSX版の方がシンプルです。でも、こちらはこちらで面白いですから、ファミコン版を遊んだ方にもオススメです。


goonies2006-win_001.png
The Goonies - 20th anniversary edition
こちらは2006年に「Brain Games」からフリーソフトとしてリリースされたMSX版のリメイクです。WindowsやMacでプレイ可能ですから遊んでみてはいかがでしょうか。

スロースがちゃんと映画と同じ顔になっていますねw



グーニーズ | MSX | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋



グーニーズ | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



グーニーズ | PC-8801 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
グーニーズ | X1/turbo | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋


ファミコンの「グーニーズ2」も面白かったですね。(一作目の方が好きだけど…)



3 Comments

はーりーふぉっくす雪の魔王編  

ファミコン版の音楽が好きでした。
ゲームもなかなか面白かったですね。

個人的には、この頃のハリウッド映画は面白かったです。
グーニーズもそうだし、バックトゥザフューチャーとか。
でもだんだんと演出に凝るようになってしまって、最近ではちっとも面白いと思えません。
そういえば、バックトゥザフューチャーのゲームもよく遊んだ気がします。

2018/07/04 (Wed) 02:18 | EDIT | REPLY |   

ポプコムのカセットレーベル  

これはよく遊びました。MSXソフトの中で一番遊んだかもしれません。映画自体がそもそも今でも好きで思い出深いですね。でも、主人公はずっとマイキーだと思ってましたwww

2018/07/04 (Wed) 09:37 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

>はーりーふぉっくす雪の魔王編さん
中学生時代によくファミコン版で遊んでいたせいか、グーニーズの音楽は今でも脳内再生可能ですw 当時はアイテムやダイヤの位置や出し方を覚えて、何度もクリアしていたのに、今ではすっかり忘れてしまいました…。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の映画は、私も大好きでした。ゲームの方はプレイしたことありませんが、実写取り込みのアドベンチャーが発売されていましたね。(アクションゲームもあった気がする)
そういえば、近くのエーツーにデロリアンの模型(完成品)が売られていて、欲しいなと思いながら行くたびに見ていたら、いつの間にか売れてしまっていました…。


>ポプコムのカセットレーベルさん
ファミコン版と内容が違うと知り、プレイしてみたいと思いつつも、発売当時はプレイする機会がなかったのですが、90年代にようやく見つけて買いました。でも、箱説無しのROMカセットだけの状態だったので、私もこの記事を作成するまでマイキーが主人公だと思っていましたw
映画の方はテレビ放映された時に視聴しましたが、内容を忘れかけているし、もう一度視聴したいですね。そういえば、スロースが親に虐待されて顔が崩れているという設定から、今だと地上波での放映はできないようです。

2018/07/04 (Wed) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment