パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

MOON CRESTA (ムーンクレスタ)

ドッキングせよ!
mooncresta-ps1_000.png
MOON CRESTA (ムーンクレスタ)
メーカー:日本物産
発売日 :1980年
ジャンル:シューティング
機種  :AC,X68000,SFC,PS,PS2,Windows



※画像はプレステ版「ニチブツ アーケードクラシックス」に収録されているムーンクレスタです


地球を侵略しようと向かってくるエイリアンを迎え撃て!


mooncresta-ps1_001.png
最初に三段ロケットの一番上、一号機が出撃。三機の中では一番小さくて敵の体当たりをかわしやすいですが、単発の弾しか撃てなくて火力不足なのが欠点。


mooncresta-ps1_002.png
固定画面のシューティングゲームです。左右に動きながら敵であるエイリアンをショットで倒します。エイリアンの動きは素早く複雑で、弾は撃ってこないものの、体当たりされやすいので注意。画面内の敵を全滅させると、次のエイリアンの一団が現われます。


mooncresta-ps1_003.png
一号機がやられると二号機が出撃。左右の発射口から二発同時に弾を発射できますし、自機も小さくて三機の中で最も扱いやすい機体です。


mooncresta-ps1_004.png
ドッキングせよ!
これぞムーンクレスタの魅力、ドッキング・タイムです。左右に移動させながらボタンで噴射を使って下降速度を調節。下の機体にドッキングさせます。


mooncresta-ps1_005.png
ドッキング成功!
残りタイムに応じてボーナス得点が加算されます。


mooncresta-ps1_006.png
ドッキングするとそれぞれ機体のから弾が発射されるため、二連射になって破壊力がアップ。但し、自機が大きくなるので体当たりされやすくなります。この状態でやられても二機同時に失うことはなく、残りの機体(この場合は三号機)が出撃します。

いつも一号機がすぐにやられてしまうから、三機ドッキングさせたことはありません…。


mooncresta-ps1_007.png
最後に三号機が出撃。二号機と同じように弾を二発同時に発射できますが、左右の発射口が離れているため、少し当てづらいです。自機が大きくて敵に体当たりされやすいのが欠点。

三機すべてが破壊されるとゲームオーバーです。(エクステンドで残機が増えた場合は別)


ドッキングによるパワーアップが魅力の固定画面シューティングゲーム。5種類の敵が2回ずつ登場する全10ステージ構成。一周するとまた最初のステージからになります。(ドッキングのステージを含めると最大12ステージ)

私が小学五年生くらいの頃(1985年くらい)、親に連れられて行ったデパート(西友か松坂屋だと思う…)の屋上遊園地に、このゲームの筐体がありました。あの頃は次から次へとアーケードゲームが開発され、新作に切り替わっていきましたが、その屋上遊園地は時が止まったままという感じ。数は少ないながらもこの「ムーンクレスタ」や「モナコGP」(1979年稼働のセガのレースゲーム)等、古いアーケードゲームが置いてあったのです。

インベーダータイプのゲームに、古さを感じながらも“ドッキング”に魅かれてプレイ。最初はそこまでたどり着けなかったり、ドッキングに失敗していたけど、何度か挑戦して成功した時の嬉しさは今でもおぼえています。しかしその後、屋上遊園地が閉鎖されて、それっきりになってしまいました。

今プレイしてみるとドッキングはもちろん、テンポの良さもこのゲームの魅力だと思ったりします。このタイプの代表作「スペースインベーダー」や「ギャラクシアン」と違って、1ステージに登場する敵の数が少ないからステージクリアに要する時間が短かいのです。このゲーム展開の早さとステージクリアの達成感で、今プレイしても面白いと感じられるのかもしれません。(総プレイ時間は大差ないというか腕次第ですが…)

しかし、当時のニチブツのアーケードゲームのラインナップを見ると、この「ムーン・クレスタ」以外にも、「ムーン・エイリアン」「ムーン・レイカ―」「ムーン・アルファ」「ムーン・トラッカー」「ムーン・クエーサー」「ムーン・トレック」と、ムーンだらけですねw



ニチブツアーケードクラシック | プレイステーション | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ムーンクレスタ | プレイステーション | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ムーンクレスタ | プレイステーション2 | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ニチブツアーケードクラシック | スーパーファミコン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ムーンクレスタ | X68000 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋



ムーンクレスタ | Windows | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋


アーケードクラシックスに同時収録されている「クレイジー・クライマー」や続編にあたる「テラクレスタ」も駄菓子屋でよく遊びましたので、いずれ記事にしたいですね。



2 Comments

ポプコムのカセットレーベル  

確かに駄菓子の筐体の思い出ですねコレw
ギャラクシアンよりこっちのほうが楽しめたような気がします。
同じくテラクレスタやクレイジークライマーも良く遊びましたね。

2018/05/11 (Fri) 08:56 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

たった一日だけプレイしたゲームですけど、記憶に残っていたのは、ドッキングの印象が強かったのと、「日本物産株式会社」と漢字で表示しているのがめずらしかったからだと思います。
テラクレスタとクレイジークライマーは、近所の駄菓子屋に置いてありました。そこではカウンタックが描かれたルーレットのメダルゲームや、投入した10円玉をパチンコのレバーで弾いて穴に落とさないように運ぶゲームでも遊んでいたなぁ……って、まさに昭和の思い出ですねw

2018/05/11 (Fri) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment