パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

めぞん一刻 ~想いでのフォトグラフ~

maisonikkoku-88_000.png
めぞん一刻 ~想いでのフォトグラフ~
メーカー:マイクロキャビン
発売日 :1986年
ジャンル:アドベンチャー
機種  :PC-88,PC-98,MSX2,X1,FM77,FC,PCE,Windows


※画像はPC-88版です


maisonikkoku-88_011.png
「管理人さん!」
「管理人さんだなんて、……響子って呼んで」
「きょ、響子。……好きだ!!」
「いけませんわ、そんな、五代さん」
「いいじゃないか、響子。響子……」

あなたが演じるのは、時計坂のオンボロアパート一刻館で、一人妄想に浸っている大学生「五代裕作」。この優柔不断で、貧乏で、妄想癖のある青年は、管理人の若き未亡人「音無響子」に思いを寄せています。ところが、管理人さんはヤキモチ焼きで、機嫌を損ねると部屋に入れてくれないどころか、話もしてくれなくなる。おまけに一刻館の住人に弱みを握られ、たかられるは、邪魔されるは……。

ゲームは五代の部屋、5号室から始まります。響子さんの機嫌を取り、住人の妨害をはね退け、どこかにある管理人さんの秘密の写真を手に入れることが目的です。


maisonikkoku-88_001.png
五代くんの部屋、一刻館の二階にある5号室からスタート。
当面の目的は、響子さんの部屋である、管理人室に入ること。そのためには登場人物たちの“ご機嫌”を取る必要があります。


maisonikkoku-88_002.png
押し入れに入ると、四谷さんが壁の穴から隣の部屋(6号室)を覗いていました。一緒に覗いて、朱美さんのあられもない姿を堪能した後、押し入れに置かれていた「エロ本」を入手。

このゲームには、各場面で入手できるもの、スーパーなどで買うもの等、数多くのアイテムが登場します。(所持金の設定もある)誰かにあげてご機嫌を取ったり、必要な場面で使ったりと、使い道はいろいろ。アイテムをうまく使うことで、ゲームクリアに近付きます。

このエロ本は、四谷さんにあげてご機嫌を取り、「懐中電灯」を入手します。さらに四谷さんの部屋から「はしご」と「カナヅチ」を入手。


maisonikkoku-88_004.png
一刻館の外です。賢太郎くんと犬の惣一郎さんがいました。

郵便受けに「ハガキ」が届いていますね。ハガキを取ってみると、宛名は音無響子様になっていました。管理人さんに話し掛ける口実にもなりますし、あとで管理人室へ持って行ってあげましょう。


maisonikkoku-88_005.png
スーパーにやって来ました。
某キャラにそっくりな店員さんいますね。頭に角は無いようですが、電撃に注意した方が良さそうです。

一刻館の住人たちのご機嫌取り用に「即席ラーメン」を買って帰ります。


maisonikkoku-88_006.png
一刻館に戻ると、一の瀬のおばさんがいました。
これから管理人室へハガキを届けに行くつもりですが、おばさんに邪魔されると困るから、即席ラーメンを渡してご機嫌を取っておきましょう。ちなみに一の瀬のおじさんは隠れキャラという扱いになっています。


maisonikkoku-88_007.png
管理人さんにハガキを渡すと、ようやく管理人室に入ることができました。

サッシを開けて縁側に出ると、響子さんの下着が干してありますけど、取ってはいけませんよ!ビンタされて管理人室から追い出されてしまいますから…。


maisonikkoku-88_009.png
テーブルの前に座って響子さんと会話。
この画像は当時の雑誌でよく見かけました。

管理人室に飾られているフォトスタンド。誰の写真か気になりますが、五代くんの位置からだと、光が反射して見ることができません。もしかして「音無惣一郎」さんの写真では!?そこで手に取って見ようとしますが…


maisonikkoku-88_010.png
朱美さんがやって来て、管理人室から追い出されてしまいました…。

このようにフォトスタンドを取ろうとするたびに邪魔が入り、管理人室を追い出されます。しかし、めげずに管理人さんや住人のご機嫌を取り、管理人室に入ってまた写真を見ようとする。そんな事を繰り返しながら物語を進め、最後に管理人さんの秘密の写真を手に入れるという内容です。


高橋留美子さんの漫画「めぞん一刻」を原作としたアドベンチャーゲーム。1986年にパソコン用ソフトとしてマイクロキャビンから発売され、PCエンジンやファミコンに移植されました。

システムは当時主流になったコマンド選択式。コマンド総当たりで簡単に解けてしまわないように、フラグ立てというものがあるわけですが、このゲームは、所持金、アイテム、そして裏パラメータである「ご機嫌度」によって、さらに複雑化しています。ゲームオーバーになる場面以外でハマることは無いそうですが、難易度は高いです。

中学生時代にPCエンジン版を借りてプレイしましたが、クリア出来ず…。高校生になってからこのPC-88版で再挑戦してようやくクリアしました。といっても「うる星やつら ~恋のサバイバル・バースディ~」と同じく、攻略が掲載されているチャレアベを友人から借りたおかげですけどね。ちなみにその後、ファミコン版もクリアしましたから、ひと通りプレイしたことになります。

原作の雰囲気そのままのオリジナルストーリーです。難易度の高さに苦労させられましたが、ゲームの中で響子さんに会えるというだけでも、魅力的なゲームでした。


1986年に「うる星やつら」の後番組として始まった「めぞん一刻」のアニメ。新番組予告で、めぞん一刻の予告が流れた時は、うる星やつらが終わってしまったと残念な気持ちになったのをおぼえています。でも、視聴し始めるとうる星やつら以上に面白くて、原作コミックまで買ってしまいました。

「らんま1/2」も好きでしたけど、連載が長引いて途中からグダグダになってしまったし、高橋留美子さんの作品では、この「めぞん一刻」が一番好きです。連載が終わって30年以上経ちますが、今現在も最高のラブコメだと思っています。(らんまも10巻までなら…、あと人魚の森シリーズも面白いですね)

「めぞん一刻 完結篇」についてはまた別の機会に…。



めぞん一刻 | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
めぞん一刻 | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
めぞん一刻 | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
めぞん一刻 | X1/turbo | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
めぞん一刻 | FM7/77 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



めぞん一刻 復刻版 | Windows | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



めぞん一刻 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



めぞん一刻 | PCエンジン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


原作コミックやアニメはまとめてこちらから
めぞん一刻 | 通販ショップの駿河屋


Windowsの復刻版は、木製BOOK型オルゴールの限定パッケージで、「めぞん一刻 ~想いでのフォトグラフ~」と「めぞん一刻 完結篇 ~さよなら、そして…~」の二作品を収録。3000個限定で発売されたものです。



5 Comments

ポプコムのカセットレーベル  

こちらはFM77AVでプレイした覚えがあります。
ただ、完結編のほうだったのかこっちだったのかが曖昧になっていますw
ゲームとしてはいわゆるフラグ立てが面倒ですが、グラフィックも良かったですし、BGMもよく出来ていたと思います。
当時単行本は未読だったのですが、後々全巻そろえてしまうことになりますw

2018/04/03 (Tue) 08:51 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

FM77AVとPC-88を交換するまでの短い期間にプレイされたのですねw

単行本は古本屋で買い集めていたので、全巻揃ったのは高校生になってからでした。高校時代は帰宅部みたいなものでしたから、学校帰りにゲームショップと古本屋に寄るのが日課でしたw

2018/04/03 (Tue) 19:35 | EDIT | REPLY |   

はーりーふぉっくす雪の魔王編  

88でプレイしました。
この頃になると、メッセージが随分と見やすくて良かったですね。
NECユーザーは、斉藤由貴→めぞん一刻とつながりがあります(ないよw
懐かしいですね。主題歌のCDシングルをまだ持ってます。

2018/04/04 (Wed) 00:03 | REPLY |   

ポプコムのカセットレーベル  

> shami様
ぼやけた記憶ですが、FM77AVではめぞん一刻とディーバが印象として残っています。完結編は時期的に交換後の88でプレイしたか、もしくはその後に買い替えた286VFだったか・・・。
全くもって同じことをしていますw
私も古本で揃えましたね。

>はーりーふぉっくす雪の魔王編様
確かに文字が読みやすくなったのもこの頃でしょうかね。賢者の遺言の時に読みやすいなと思った記憶があります。

2018/04/04 (Wed) 09:05 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

>はーりーふぉっくす雪の魔王編さん
85年頃までは、半角カタカナのアドベンチャーもありましたから、とても見やすく感じられますよね。

高校時代にN88DISK-BASICで自作ゲームを作っていた時、テクノポリスに掲載されていた圧縮漢字PUTルーチンを使って、このゲームと同じような漢字&平仮名表示にしたのですが、PC-88のマニュアルの巻末を見ながら漢字コードを入力することになって、文字表示に苦労したのを思い出します。

そういえば、PC-88はCMに斉藤由貴さんを起用していましたね。当時だと「スケバン刑事」のイメージが強かったですw
FMTOWNSは南野陽子さんと宮沢りえさんだったし、豪華な顔ぶれでした。


>ポプコムのカセットレーベルさん
FM77AV版の「ディーヴァ」とは貴重ですね!それぞれオープニング曲が違いますし、すべての曲を各実機で聞いてみたかったなぁ…。

高校時代には「らんま1/2」が始まり、深夜アニメで「るーみっくわーるど」が放映されたりで、当時は本屋や古本屋で高橋留美子さんの漫画を買い漁っていましたw

2018/04/04 (Wed) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Post a comment