パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

バンゲリング ベイ (RAID ON BUNGELING BAY)

bungelingbay-fc_000.png
バンゲリング ベイ (RAID ON BUNGELING BAY)
メーカー:ハドソン
発売日 :1985年
ジャンル:シューティング
機種  :FC,MSX,AC



※画像はファミコン版です


地球征服をもくろむバンゲリング帝国が、恐るべき最終兵器を開発しつつある、という情報が入った。これを阻止するため、キミたちは最新鋭の原子力空母で、敵の本拠地「バンゲリング湾」に潜入した。ここに点在している6つの秘密工場を、ヘリコプターで探し出し、すべて破壊することがキミの使命だ。


bungelingbay-fc_001.png
空母の上からヘリコプターを飛び立たせてゲームスタート。全100画面(縦10×横10)という、広大なバンゲリング湾に浮かぶ島々の中から、6つの秘密工場を探し出し、すべて破壊することが目的です。(マップの上下左右は繋がっている)

自機であるヘリコプターの武器は、バルカン砲と爆弾の2つ。工場や戦艦は爆弾で攻撃、それ以外の敵はバルカン砲で攻撃します。


bungelingbay-fc_002.png
さっそく工場を発見!(L形の建物)
工場攻撃の邪魔をされないように、先に横の高射砲をバルカン砲で破壊。次に工場の真上へ行って、爆弾を連続投下します。最初は爆弾7発で破壊できますが、時間の経過と共に耐久力が増し、最大で20発必要になります。

蓄積したダメージや爆弾の数は、空母に戻って着陸すれば回復(補充)することが可能です。このように残りの工場もすべて破壊します。


bungelingbay-fc_003.png
このブローダーバンド(移植元)のマークのところ(敵の駐機場)に着陸しても、爆弾を補充する事ができます。但し、ヘリコプターのダメージは50%台までしか修復されません。


bungelingbay-fc_004.png
画面にALERTの文字が表示されたら、味方の空母が敵の爆撃機に攻撃されているという事です!空母を破壊されると、ヘリコプターの残機が0になってしまいます。すぐに戻って爆撃機を撃墜し、空母を守りましょう。


bungelingbay-fc_005.png
最後の工場を発見!
これを破壊すればラウンドクリアです。「COMPLETE」と表示されるだけで、すぐにラウンド2が始まるってしまうのは、ちょっと寂しい気もしますね。

バンゲリング湾には、戦闘機、タンク、ボート等の敵も存在します。また、島に配置されているレーダーは、直接攻撃してきませんが、敵の戦闘機を画面内に誘導します。


bungelingbay-fc_006.png
ラウンド2からは、敵の戦艦も登場し、難易度アップ。(GAME Bではラウンド1から)

ちなみに [GAME B] は上級者向け、[2 PLAY] は2P側がバンゲリング帝国の司令官となり、高射砲で1P側を攻撃したりする対戦モードです。


海外の8ビットパソコン「コモドール64」で発売された、ブローダーバンドソフトウェアの「RAID ON BUNGELING BAY」の移植作。リアルタイム要素や戦略要素のある、全方向任意スクロールのシューティングゲームです。日本では1985年にハドソンからファミコン版、ソニーからMSX版がそれぞれ発売されました。(任天堂VS.システムのアーケード版もある)

久しぶりにプレイしてみましたが、相変わらず操作が難しいですね。ラジコンのような操作方法になっており、慣れないと思った通りに動かせません。また、バルカン砲が単発であるため、動きの速い戦闘機や爆撃機を撃墜するのが難しいです。

秘密工場の位置は決まっていますから、マップを覚えて無駄なく破壊していく事が大切です。しかし当時は、小学5~6年生だったこともあり、適当に飛んで工場を探しているだけでした。ようやく工場を見つけて破壊しようとすると、敵の戦闘機が複数あらわれたり、破壊した高射砲が復活したり、ALERTで空母に戻るハメになったり…。そこに操作性の悪さも合わさって、イライラさせられることばかりでした。

通ぶって「実は名作です」なんて言う気はありませんが、大人になった今は、様々な要素を含む、よく考えられたシューティングゲームだったと思えたりもします。しかし、子供が中心だった当時のファミコンユーザーにこの内容はマニア向けすぎましたね。爽快感は皆無ですし、評価が低かったのも仕方ないと思います。それに今プレイしてもやっぱりイライラしてしまいました…。

ちなみにWikiによると「シムシティ」のウィル・ライト氏の作品であり、このゲームのマップエディタでマップを制作しているうちに、シムシティのゲームデザイン構想が生まれたとありました。



バンゲリングベイ | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



バンゲリングベイ | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋


子供の頃はこのパッケージの表紙絵が不気味でちょっと怖かったです…。



2 Comments

はーりーふぉっくす  

IIコンのマイクでハドソーンハドソーンと叫びましょう♪
手っ取り早くするには、マイクをテレビのスピーカーに近づけてハウリングさせると良いでしょう。

このゲーム、友達の家でやり込みました。かなり好きでしたね。
ブローダーバンドのゲームだと、Wingsが大好きでした。

2018/02/16 (Fri) 01:26 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

「ハドソーン!」と叫ぶ…ありましたね!
でも、恥ずかしいからマイクを使う時は息を吹きかけるだけでしたw

しかし、ブローダーバンドのゲームは「ロードランナー」や「スペランカー」など、苦手なものばかりです…。

2018/02/16 (Fri) 20:50 | EDIT | REPLY |   

Post a comment