パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

Lesser Mern (レッサーメルン)

lessermern-fmt_000.png
Lesser Mern (レッサーメルン)
メーカー:パンサーソフトウェア
発売日 :1992年
ジャンル:ロールプレイング
機種  :PC-98,PC-9821,FMTOWNS



※画像はFMTOWNS版です


lessermern-fmt_001.png
青い龍と赤い龍が螺旋状に絡み合った創造神・地龍によって生み出された男女、タルナスとマーティアは、生命を造り、ある時は滅ぼし、思うままの7000年を過ごしていたが、創造と破壊を繰り返す退屈感の中から、二人は争い出した。すでに文明を築いていた人類を二つの集団に分け、モンスターと共に、自軍の先兵として戦わせたのである。

この時、戦禍を逃れていた古代人の一団に、ヴェネジニという伝説的な英雄がいた。ヴェネジニは鋭い洞察力から地龍の存在を知覚し、自分たちは地龍から生まれた同族であることを認め、タルナスとマーティアに戦いをやめるように求めた。しかし二人は、この要求を飲まず、マーティアは燃え尽き、タルナスは砕け散り、ヴェネジニも裂けた大地の底に消え、人類の文明は崩壊した。

それから2000年の時が経ち、8つの種族に分かれた人類は、かつての輝きを取り戻そうとしていた。しかし、平穏を破るようにウォール族がこの地の覇者になろうと戦いを起こした。この次に世界が迎えるのは、果たして終末なのか、それとも…。


lessermern-fmt_002.png
タイル・ラサティ(主人公) ※後ろにいる青年です
リムス族の少年。幼い頃から他人にはない「漠然とした力」(魔法)を持っている。最近は毎夜不思議な夢に悩まされていた。

成人を迎え、国王陛下に謁見した時、ルーツ族の賢者に勇者と認められ、アナミスを倒す旅に出ることになる。


lessermern-fmt_003.png
アナミス・シェラキン
呪術を用いることができる唯一の種族、ウォール族の長。かつてムノン族の弾圧に遭い、迫害されてきた彼らは、「マーティアの復活により、ウォール族の世界が開ける」という伝承を信じ、今まで耐え抜いてきた。マーティアの再誕と目されるアナミスの出現を機に隷属から逃れ、その屈辱を晴らそうと各国に宣戦布告した。


lessermern-fmt_004.png
セヴァ王から宝剣(ソード・オブ・メモリアル)を受け取り、旅立つところから始まります。ちなみに移動やメッセージのスピードは変更可能です。


lessermern-fmt_006.png
町のお店
装備品やアイテムはグラフィックで表示されます。


lessermern-fmt_005.png
フィールドマップ
歩いていると敵のシンボルである「竜巻」が発生し、それに接触すると戦闘画面に切り替わります。


lessermern-fmt_007.png
戦闘画面
コマンド戦闘です。キャラクターを選び、実行するコマンド(攻撃や魔法など)を決めたら行動を押します。少し変わったシステムとして、プレイヤーから攻撃せずに、自分を攻撃した敵を自動的に攻撃する、「反撃」というコマンドがあります。タイルが死ぬとゲームオーバーで、セーブしたところから再開となります。(セーブはどこでも可能)


lessermern-fmt_009.png
古代遺跡で聖獣を目覚めさせれば、召喚魔法で呼び出し、パーティーメンバーとして戦わせることが出来ます。聖獣には「援護」というコマンドがあり、タイルの代わりにダメージを受けてもらうことが可能。また、聖獣もタイルと同じようにレベルアップしていきます。(最大二体まで同時に召喚できる)

但し、聖獣は魔法やアイテムを使ってHPを回復することは出来ないため、マップ上に点在する復活場所(不思議な柱を中心としたモニュメント)へ行く必要があります。


lessermern-fmt_012.png
セーブディスクをイメージ化してあったので、当時のセーブデータ(クリア直前のデータ)をロードしてみました。ちなみにタイルのHPは20万、攻撃力は4万もあります。つまり、レベルアップや装備品で数値がそれだけ大きく上がるわけですが、ちょっと極端すぎる気もしますね。


構想三年という壮大な世界観と重厚なストーリーが特徴のファンタジーロールプレイングゲーム。プレイヤーは主人公のタイルとなり、世界各地にある古代遺跡を巡りながら聖獣たちを復活させ、アナミスと対決します。

綺麗なグラフィックと随所にあるアニメーション、さらにFMTOWNS版はCD-ROMということで、ビジュアルシーンは子安武人さんや鶴ひろみさんといった、豪華声優陣によるボイス付き。(多分PC-9821版も)キャラクターデザインは、D.O.の「虜」や「妖獣戦記」と同じ方だと思いますが、同じグループのメーカーのようですから、その関係でしょうか?

聖獣しか仲間にならず、実質一人旅のせいか、凝ったストーリーのわりに地味な感じがします。登場人物たちを仲間にして、メンバーを入れ替えながら進めた方が、よりドラマ性が増して良かったのではないでしょうか。地域によって敵の強さが極端に変わったり、戦闘時にそのまま行動を選択すると攻撃ではなく、反撃になってしまうところが少しプレイしづらいですけど、他は快適に遊べますし、無難に楽しめるゲームだと思います。



レッサーメルン | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
レッサーメルン | PC-9821 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
レッサーメルン | FM-TOWNS | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



0 Comments

Post a comment