パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

爆笑!!人生劇場2

jinseigekijou2-fc_000.png
爆笑!!人生劇場2
メーカー:タイトー
発売日 :1991年
ジャンル:テーブルゲーム
機種  :FC



自分の人生は自分で切り開く!
とはいうものの、人生山あり谷あり。そんな楽なことばかりじゃない。君はいったいどんな一生を送ることになるのか?普通のボードゲームとはひとあじ違うこのゲーム。さあ、今すぐ確かめて楽しんでください。


jinseigekijou2-fc_001.png
参加人数(プレイヤーとCPUの人数)を決めたら、自分のキャラクターを作成。名前や顔などを決めます。(最大4人までプレイ可能)


jinseigekijou2-fc_002.png
子供時代からスタート。サイコロを振って進んでいきます。


jinseigekijou2-fc_003.png
止まったマスによって様々なイベントが発生し、所持金やステータスが変化します。

小学校、中学校、高校と進んでいくわけですが、この子供時代に知力や体力をつけておかないと、進学する時に苦労したり、目指す職業につけなかったりします。もっとも、すべてはサイコロの目で決まるので、どうしようもありませんけどね…。


jinseigekijou2-fc_004.png
人生の選択
知力が上がりやすいコースと体力が上がりやすいコース、どちらを選ぶかはプレイヤー次第。このようなコースの分岐がいくつかあります。


jinseigekijou2-fc_005.png
恋愛イベント
ラブマークに止まると、異性と出会ったりデートすることが出来ます。恋人達とデートを重ねることでハートマークが増えていき、5つたまると結婚となりますが、ライバルからのちょっとまったコールも…。(デートに失敗してハートが減ることもある)


jinseigekijou2-fc_006.png
高校卒業時に進学コースと就職コースのどちらかを選んだら、大人時代のマップへ。


jinseigekijou2-fc_007.png
プロゲーマーを目指して、タイトーの名作シューティング「インベーダー」のアレンジゲームをプレイ。このようなミニゲームが数種類あり、その結果でステータスが変化したり、職業が決まったりします。

というわけで、職業はプロゲーマーになりましたw
これで給料のマスを通過するとお金がもらえるようになります。ゲーマーならマニアから師範代へランクアップなど、職業レベルが上がると給料もアップ。


jinseigekijou2-fc_008.png
エレンさんとの愛が実って結婚。

こうして全員がゴールに着くまでゲームを進め、最後に総資産が一番多い人が優勝です。そして最後に、それぞれの余生(結果)が表示されます。


jinseigekijou2-fc_009.png
億万長者にはなれなかったけど、良い老後ですね。


タイトーから発売された「爆笑人生シリーズ」の二作目。幼稚園から老人までの人生をスゴロク形式で競うゲームです。わかりやすく言えば、ボードゲームの「人生ゲーム」をアレンジしてテレビゲーム化したものですね。

基本的な内容は前作と同じですが、ボード画面(マップ画面)を立体的にするなど、見やすく改良されています。ゲーム内容の方は、子供時代にステータスを上げて、大人になってから所持金を増やしていくといった感じでしょうか。晩年になると所持金が一千万円単位で変わることが多いですから、終盤での逆転も十分可能です。

中学時代の友人の家で一作目を遊び、面白かったことからこの二作目を購入。一人で遊んでもそこそこ楽しめますが、やっぱりこういうゲームは、多人数で遊んだ方がより面白いですね。高校のクラスメイトと4人でプレイしたら、かなり盛り上がって楽しかったです。

ちなみに翌年発売された三作目は、さらに凝った内容になっていますが、ゴールまでのプレイ時間が長く、途中で飽きてしまいました。もっとも、多人数でプレイする機会が無かったことが、思ったほど楽しめなかった一番の理由かもしれませんけどね。桃鉄シリーズは浮き沈みが激しすぎて好きになれなかったし、プレイ時間、遊びやすさ、イベントのユニークさなど、当時のスゴロクゲームの中では、この「爆笑!!人生劇場2」が一番面白かったです。(PCエンジンの「遊々人生」もよくやりました)



爆笑人生劇場2 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


その他の爆笑人生シリーズはこちらから
爆笑 人生 | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



0 Comments

Post a comment