パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

Woody Poco (うっでいぽこ)

woodypoco-88_000.png
Woody Poco (うっでいぽこ)
メーカー:デービーソフト
発売日 :1986年
ジャンル:アクションアドベンチャー
機種  :PC-88,PC-98,MSX2,X1,FM-77AV,FC



※画像はPC-88版です


昔、ぽこは木の人形でした。やさしい妖精さんに、彼の勇気ある行動が認められて、人間にしてもらったんです。人間になったぽこは、ぽこを作ってくれたおじいさんと二人、仲良く暮らしていました。しかしある日、また木の人形に戻ってしまったのです。「え~っ!どおしてえ~?」理由を教えてもらおうと思ったぽこは、妖精さんを探す旅に出ました。


woodypoco-88_001.png
最初は春のステージです。
妖精さん探しの旅はここからスタート。

POWER:ぽこの体力
FOOD:食べ物
GOLD:お金
TIME:現在の時刻
POW:敵の体力

FOODは0になっても死にませんが、昼間でもPOWERが増えなくなります。

まずは、アイテム選択画面に切り替えて、このステージの主力武器「うっでいぼーる」を右手に装備。投げつけて敵を攻撃できますが、数に限りがあるので、無駄弾には注意。しかし、敵を倒すことでPOWERの最大値が少しずつ増えていきますから、節約し過ぎるのも問題です。(外さないことが大切ですね)

敵や水溜まりをかわしながら、画面右へ進んでいきます。所々にあいている穴は、別の穴につながっていたり、地下へ行けたりといろいろ。隠された穴もあったりします。見かけたら入ってみると良いでしょう。でも、地下は「らんぷ」を持っていないと真っ暗です。


woodypoco-88_002.png
くみちゃんの家
道中で拾った「宝石箱」をあげたら、女の子になれる薬のヒントを教えてくれました。


woodypoco-88_003.png
お店がたくさん並んでいます。

上の画像の敵(源さん)は、ウロウロしながら体当たりしてきたかと思えば、「冗談じゃないよ」のポーズで立ち止まる変な敵。不死身だから倒せないし、動きは読めないし、お金を盗まれるしで、本当に嫌な敵です。ちなみに「冗談じゃないよ」は、フジテレビ系でやっていた「オレたちひょうきん族」でビートたけしさんが演じていたキャラクター「鬼瓦権造」のギャグです。


woodypoco-88_004.png
かばん屋
このゲームはアイテムの種類が豊富で、アイテム枠はいくつあっても足りないくらい。そこで、アイテムを16個持てるようになる「おおきいかばん」を買いました。お金を払わずに外へ出ると泥棒になってしまうので注意です。(ぽこが泥棒姿に変わるから一見の価値ありですけど)


woodypoco-88_005.png
日が暮れてきたら宿屋へ行って休みましょう。
夜は敵の攻撃が激しくなるし、FOODを持っていてもPOWERが回復しない等、危険がいっぱいです。でも、どんどん時間が過ぎてすぐ夜になってしまうし、お金がもったいないから、朝まで外で過ごしてしまうんですよね…。


woodypoco-88_006.png
ランプ屋で「らんぷ」を買って地下を探検。
巣箱がある木の近くに地下へ行ける穴があります。隠されている穴もあるので、あやしそうな場所を見つけたら、2、3回こすって(行き来して)出現させましょう。春のステージでは、3つの地下を探索して、金塊(GOLD)と重要アイテムを入手します。


woodypoco-88_008.png
靴屋で買った「ながぐつさん」を履けば、湖も歩いて渡れます。
そして、先へ進むと音楽が変わって…


woodypoco-88_009.png
デカキャラの「ろどりげす」と対決!
飛ばしてくる弾をかわしながら、射程距離まで近づき、弱点の頭部にうっでいぼーるを投げつけろ!ろどりげすがかがんだ時にうまく当てれば簡単に倒せます。


woodypoco-88_010.png
春のステージ最後の関門
太陽の木が太陽を吐き出して道をふさいでいます。地下で拾った「じかんのきのみ」で動きを止めて、その隙に通り抜けちゃいましょう。


woodypoco-88_011.png
春のステージクリア!

森を抜けて妖精さんの住む家にやってきましたが、妖精さんはいませんでした。するとそこにコオロギさんが現れて「鏡の国の大王は、前から妖精さんをねらってたよ」と言いました。どうやら妖精さんはお城に連れて行かれてしまったみたいです。

というわけで、妖精さん探しの旅はまだまだ続きます。そして、春夏秋冬と季節のステージをすべてクリアすると、遊園地とお城のステージが待っています。(全6ステージ)


最後にちょっとおまけで…

woodypoco-88_012.png
こちらが女の子になったぽこ。
ブサカワイイ感じで好きですw


メルヘンチックなストーリー、可愛いキャラクターたち、そんなほのぼのとした雰囲気とは裏腹に、非常に難易度の高いゲームです。

弾数に注意しながら敵を倒す、お金を節約しつつアイテムを揃える、夜は敵が強くて下手に動き回れない&お店が閉まる等、何かと窮屈に感じられるし、先を考えながら進めないとハマってやり直しになります。それに加えて隠し穴のような意地悪な仕掛け、さらに謎解きもありますから、アイテムを使うタイミングも大事。セーブとロードをうまく活用して、慎重に行動しないとクリアは難しいと思います。あと、キー反応の悪さと、アイテム選択画面の独特な操作方法がちょっと…。(機種にもよります)

先に難点ばかり上げてしまいましたが、良いところもたくさんあります。ポップなデザインのグラフィック、キャラクターのコミカルな動き、そして豊富なアイテムと、プレイヤーを楽しませてくれる要素がいっぱいです。

何度もやり直して、手探りで攻略手順を確立していく、そこがこのゲーム面白さだと思いますが、ここまで難しいと途中で諦めてしまいますね。中学生時代にMSX・FANの紹介記事を見て、明るくメルヘンチックな世界観に惹かれましたが、高校時代にプレイしてその難しさから、早々に投げ出してしまいました。ちなみに今回も夏のステージ開始直後に詰みました。

グラフィックが綺麗でビギナーモードが追加されている、FM-77AV版が一番良いように思えますが、どうなのでしょうか?ファミコン版も発売されていますが、ジャンプが出来る等、少し違っていた気がします。



うっでいぽこ | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
うっでいぽこ | PC-9801 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
うっでいぽこ | X1/turbo | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋



うっでいぽこ | MSX | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋
うっでいぽこ | FM7/77 | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋



うっでいぽこ | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


パソコン版は表紙絵別に分けてみました。しかし、パソコン版はまさかのプレミア価格でした…。知名度も高いし、結構売れたというイメージなんですけどね。



4 Comments

DST  

アスキーのムックに収録されていたと思いますが・・・88版だったかな
デービーソフトはP1.EXE」の印象が強いですね
大学の友人が使ってました
ゲームでヒットした会社という印象は無いのですが、業務用ソフトの会社という印象がありました
実際には業務用でもあまりソフトを出していないようですが

2017/09/06 (Wed) 22:59 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

DSTさん

大ヒット作は無いと思いますが、パソコン版「フラッピー」や「ヴォルガード」は知名度も高いし、そこそこ売れたのではないかと思います。あと、別ブランドのマカダミアソフトから発売さた「177」は、国会で取り上げられた事で有名ですね。


風祭さつきさん

私はファミコンだと「ヴォルガードII」や「頭脳戦艦ガル」でよく遊んでましたね。「フラッピー」もプレイしたけど、パズルゲームは苦手なものであまり…。
パソコンゲームの方だと「うっでいぽこ」の他には、PC-88やMSXで「ヴォルガード」「プロデュース」「パワフルまぁじゃん2」等をプレイしました。(他にもあったような…)

2017/09/07 (Thu) 21:15 | EDIT | REPLY |   

はーりーふぉっくす  

懐かしいなぁ。よくやりましたよ、Woody Poco
総じてdb-SOFTのゲームはよくやりました。
他にもスーパー春望で初めてマウスを使ったり・・・
Flappyは後継会社が配ってますね。

2017/09/07 (Thu) 23:16 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

ゲーム内容は良かっただけに、もう少し難易度が低ければ…と思ってしまいます。私にはちょっと難しすぎました。でも、コミカルなキャラクターで印象に残っているソフトです。

2017/09/08 (Fri) 20:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment