パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

ドラゴンクエスト

今、新しい伝説が生まれようとしている
draque1-fc_000.png
ドラゴンクエスト
メーカー:エニックス
発売日 :1986年
ジャンル:ロールプレイング
機種  :FC,MSX



※画像はファミコン版です


古しえの昔、伝説の勇者ロトが、闇の支配者であった魔王を倒し、神から授かった光の玉で魔物たちを封じこめたので、このアレフガルドの地に平和が訪ずれたといわれています。

しかし、ラルス16世の時代、どこからともなく出現した魔の権化「竜王」が、城から光の玉を奪い去ってしまったのです。そのため、この地に再び闇の時代がやってきました。地には魔物たちがあふれ、いく人もの旅人たちが、その毒牙にかかりました。うわさでは、いくつもの町や村が、魔物たちにより、あとかたもなく滅ぼされたそうです。

偉大なる予言者ムツヘタは、いいました。
「やがて、この地のどこかに、伝説の勇者ロトの血を引く者が現れる。その者が、竜王を滅ぼすであろう」と。

そう、伝説の勇者ロトの血を引く者、それが、あなたです。この地に残る、勇者たちの数々の伝説を拾い集めながら、見事、竜王を倒してください。


draque1-fc_007.png
ラダトームの城
竜王に奪われた光の玉を取り戻すため、伝説の勇者「ロト」の血を引く主人公が旅立つ。

当時はそれほど気にしませんでしたが、正面を向いたまま歩くのは、今だと違和感がありますね。「はなす」で方角を指定したり、階段の上で「かいだん」のコマンドを実行しないとならないのも面倒です。

そういえば、ファミコン通信だったと思いますが、キャラが常に中央に表示されることから、イラストを描いてテレビの中央に貼れば、主人公の姿を自由に変えられるという裏技(?)が紹介されていました。納得しかけたけど、戦闘になると画面が切り替わるから、そのたびに剥がさなければならないというオチに気付きました…。


draque1-fc_008.png
フィールドマップ
海を挟んだ向かいにあるのが竜王の城。辿り着くにはアレフガルド全土を歩いて、アイテムを集めなければなりませんが…。

歩きにくいのを表現するためだと思いますが、山を歩くとスクロールが少し引っ掛かるような感じになりますね。橋をひとつ渡るごとに出現する敵が強くなるというのはわかりやすかったと思いますが、子供の頃は怖いもの知らずで、気にせずどんどん遠くへ行ってモンスターにやられてました。


draque1-fc_009.png
戦闘画面
「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」で人気だった、鳥山明さんデザインのモンスターで話題性は十分でした。戦闘も最初は楽しかったけど、何時間もプレイしていると一対一の戦闘は単調で飽きました。あと、ラリホーで眠らされて一方的にやられるとストレスが…。ファミコン時代のドラクエで唯一背景があるのが特徴ですね。


draque1-fc_004.png
ダンジョン
松明やレミーラの魔法を使わないと、周りが見えなかったのも一作目の特徴。

ドラクエ1の最大のイベントといえば、ローラ姫の救出。でも、助けなくてもクリア出来るという意味ではあまり重要ではないのかも…。

・半年間も地下に閉じ込められてどうやって生き延びたんだろう?
・「いいえ」と答えると「そんなひどい…」で強制的に「はい」と言わされる
・竜王を倒して平和になっても、姫は救出されず、地下に一人取り残されたまま
このあたりはよくネタにされていましたねw


draque1-fc_010.png
「ゆうべは おたのしみでしたね。」
この宿屋のおやじのセリフはあまりにも有名。姫を抱きかかえたまま竜王を倒してクリアするという楽しみ方もありました。(リメイク版は竜王のセリフが変わる)


draque1-fc_006.png
復活の呪文
当時はどうしてこんな文字の羅列を入力するだけで、前回の続きがプレイ出来るのか不思議でした。ドラクエ1のパスワードだと、この野球選手の名前と「ふるいけや…」が有名かな。ファミコン雑誌に掲載されていた記憶があります。


ドラゴンクエストの一作目は、私が中学一年生の時に発売されました。記憶が曖昧ですが、確か最初に買った四角ボタンのファミコンが壊れてしまって、買い直すまでの間だったと思います。ちなみにマリオブラザーズのカセットを斜めに挿して、バグらせて遊んでいたら、スロットの端子部分が折れてしまったというのが原因です。(自業自得ですねw)まあ、それ以前にコントローラーのAボタンが取れてしまっていましたが…。でも、三ヶ月後くらいに丸ボタンのファミコンを買い直しましたし、その間も近所のクラスメイトが本体を貸してくれたおかげで、ほぼ毎日ファミコンで遊んでいました。発売日にすぐとまではいきませんが、二ヶ月遅れくらいで購入したと思います。(西友かヤオハンで買ったような…)

アクションロールプレイングの「ハイドライド・スペシャル」を除けば、この「ドラゴンクエスト」が初めてのロールプレイングゲームでした。パソコンユーザーは「ザ・ブラックオニキス」や「夢幻の心臓」等、ひと足早くロールプレイングゲームを体験していたと思いますが、私のようなファミコンユーザーにとっては、初めてのジャンル。

新たなジャンルのゲームにワクワクしましたし、初心者向けに作られているおかげで、戸惑うようなことはなかったです。でも、上で書いたように戦闘が飽きやすくて、レベル上げが大変だったという印象が強く、面白さ半分、苦痛半分だったかな…。二作目や三作目のように何度も遊ぶ気にはなれませんでした。でも、様々なゲームが生み出されるファミコンに、ますます夢中になっていったのは確かです。(それでも二回くらいはクリアしています)


今週末に「ドラゴンクエスト11」が発売されるそうなので、ドラゴンクエストにしてみました。



ドラゴンクエスト | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ドラゴンクエストI・II | スーパーファミコン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ドラゴンクエストI・II | ゲームボーイ | ポータブルゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ドラゴンクエストI・II・III | Wii | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



ドラゴンクエスト | MSX | PC(パソコン) | 通販ショップの駿河屋


ちなみに黒いパッケージがMSX版、白いパッケージがMSX2版です。



2 Comments

DST  

PSのが「7」だったかな
そこまでは「4以外」クリアしてます
PS2からは買ってもいないんですが

なんか4だけ途中で脱落しちゃったんですよね・・・トルネコのところで
方向性が違い過ぎて進められませんでした
「8」もなんか雰囲気が違ってて遊ぶ気にならなかったですね
視点が大きく変わってましたし

2017/07/28 (Fri) 11:41 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

私は8をラストダンジョン手前でやる気を無くして未クリア、9は三ヶ月くらい前に買ったばかりで、まだ序盤という状態です。あとはクリアしていますから、似たようなものですね。ちなみに10はオンラインなのでプレイしていません。

8以降のドラクエは、錬金釜や素材集めといった、オンラインRPGっぽいシステムが好きになれないです…。

2017/07/28 (Fri) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment