パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

独眼竜正宗

独眼竜正宗

1988年にナムコから発売された歴史シミュレーションゲーム。
機種はファミリーコンピュータ。
奥州の戦国大名「伊達政宗」になって、奥羽11ヵ国の統一を目指します。

発売する前の年、1987年のNHK大河ドラマで、渡辺謙さん主演の「独眼竜正宗」が放送されました。当時の人気ドラマで、なんと平均視聴率は39.7%!私も見ていた一人です。このドラマの影響はもちろん、ちょうどMSXで光栄の「三國志」「信長の野望 全国版」といった歴史シミュレーションゲームにハマっていた時期で、発売してすぐに買った記憶があります。

ファミコンだけあって、コマンドのアイコン表示やミニゲームなど、少し子供向けな感じ。その分、シンプルでわかりやすかったと思います。戦国大名たちも個性豊かでコミカル、光栄のゲームとは対照的でした。

久しぶりに歴史シミュレーションをやるのにちょうど良いと思って、少しやってみたんですが…

全然うまくいかない!

こんなに難しいゲームでしたっけ?基本は開墾などで収穫量を増やし、兵士を雇って他国を攻めるだと思いますが…なぜか台風や地震といった災害が、ピンポイントで自国に起こる。おかげで富国強兵どころか、月日だけが無駄に過ぎていきます。最上のような強国は無理だろうから、他の城主を攻めてみたけどあっさり敗退。中学生の時は普通にクリアしていたような気がするのに…

なぜだ!?

ちょっと調べてみたらなかなか厳しいゲームバランスだったようです。クリアした記憶はあるし、もっと初心者向けだった気がしていたんですけどね…。何かコツみたいなものがあったのでしょうか?うーん、まったく思い出せません。



駿河屋


中古ファミコンソフト独眼竜政宗 (箱説あり)



0 Comments

Post a comment