パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

スタートレック

今もあるのか知りませんが、学校で週に1時限だけクラブ活動があったと思います。
私が中学三年の時(1988年)に入っていたのは「机上プログラム部」というクラブ。
「机上?」と思われるでしょうが…
あの時代の中学校には生徒が自由に使えるパソコンなんて1台もなかったものですから、パソコンを使わずに、本だけでプログラミング(BASIC)の勉強をするしかありませんでした。
そんな意味から机上という言葉が付いたようです。

ゲームを作ってみたいなんて思いながらも、プログラミングを学ぼうとせず、ゲームで遊んでばかり。
ここで少しくらいBASICを勉強しておこうと思ったわけです。


ある日、そのクラブの先生が自宅からパソコンを持ってきてくれました。

MZ-80

シャープのMZシリーズの元祖と言えるパソコンです。
ディスプレイ、キーボード、カセットテープレコーダーが一体化だったのは確かですが、MZ-80シリーズのどれだったのかわかりません。
(たぶんMZ-80Cだと思います)

1978年~1981年頃に発売されたパソコンで、当時でも相当なレトロパソコン。
私も含め、20人近くの生徒でそのパソコンを囲み、興味津々で見ていたのをおぼえています。

誰かが「ゲームはないの?」と聞いて、先生が出してくれたのは…

スタートレック

アメリカで生まれたSFテレビドラマをゲームにしたもの。
Wikiによると元はフリーゲームのようで、「1971年にマイク・メイフィールドにより、SDS社のミニコンピュータ、Sigma7に搭載されていたBASIC言語で書かれたのが始まりとされている」とあります。
私が生まれる前に作られたゲームだったんですね…。


startrek.png

グリーンモニターじゃなかったかもしれませんが、だいたいこんなゲーム画面。
※実画面ではありません (Wikiを参考にMSXのBASIC画面でそれっぽく再現)

上半分にロングレンジセンサーと銀河系マップで、下半分にショートレンジセンサーとステータスだそうです。
(Eがエンタープライズ(プレイヤー)、Kがクリンゴン(敵)、Bが宇宙基地、*が小惑星、らしい…)

他の人がプレイしているのを横から見ていただけなんですが、正直、数字や記号だらけで何をやっているのか全くわかりませんでした。
それでも、やけに印象に残っていて、今も忘れられないゲームのひとつです。
MZ-80版が何年に発売されたのかわかりませんが、私が実機で目にしたもっとも古いパソコンゲームになると思います。


ちなみにクラブでは初心者向けの本でBASICの基礎を学びました。
ただ、これをどうゲーム作りに応用すればいいのかさっぱりで…。

高校生になって、ポケコンで初めて作ったゲームが、PRINT,INPUT,IF~THENを多用した単純なアドベンチャーゲームだから、いちおう役には立ったのかな。


2 Comments

DST  

クラブ活動がPC系とはいいですね
僕の頃はクラブ活動があるのは小学校だけでした

プログラムはさっぱり駄目でしたね
テキストに書いてあることが理解できるのに、プログラムとしてはさっぱりわからないんです
スポーツのスコアを集計するソフトを作りたかったのですが、テーブルを作った物の・・・「キーボードの文字を反映させるのはどうするのか」「保存するときの形式をどうきめるのか」とかさっぱりわかりませんでした

2015/02/21 (Sat) 18:53 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

数学を教えていた先生(クラブの先生)がパソコンを趣味にしていたようで、その年に新しく作られたクラブでした。

私もBASICの基礎程度の知識しかありませんが、今ではそれすらも忘れています。
また自作ゲームを作ってみたいと思うこともあるけど、知識も時間もアイデアもありません…。

2015/02/22 (Sun) 01:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment