パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

電脳少女 REJECTION 攻略6

前回の続きで、電脳少女REJECTION攻略の最終回です。
地下通路を進み、国防省に着いたところからです。

電脳少女 REJECTION 攻略6

国防省
国防省
K:地下通路へ

マップの「」のある部屋にいる敵を倒すと武器が手に入ります。
【 x:28,y:3 】 GECミニガン(7.62mmガトリング砲)

ここでは、GECミニガンを入手しておきましょう。(一番威力のある銃だと思います)
他の部屋にいる敵も倒すとランダム(?)で弾薬やアンプルを入手できることがあります。

南西の部屋で大崎一佐(ラスボス)と戦闘になります。
残りの弾薬は気にせず、銃で攻撃してしまいましょう。

倒すと変身して再び襲ってきます。
弾切れになっても、近づいてきたところをナイフで攻撃していれば、いずれ倒せるはずです。


変身した大崎一佐を倒せばエンディングです。


★電脳少女REJECTIONを終えて

マッピングしてみると、広いだけでそれほど複雑なダンジョンではないですね。どうして当時は迷子になってしまったのやら…。時間をかけてレベル上げをする必要は無く、サクサク進めることができます。評判はいまいちみたいですが、個人的にはそれなりに遊べるゲームだと思います。


広告の下にエンディングです。
未クリアの方はお気を付けください。



電脳少女 REJECTION | FM-TOWNS | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



バトルガール 伊藤明弘 | その他サイズコミック | コミック | 本 | 通販ショップの駿河屋



以下はエンディングです



黒幕である大崎一佐を倒したK子は新宿キャンプに戻り…

エンディング
マリコちゃんと一緒に暮らすことになるのでした。


隕石落下より二年の歳月が流れた・・・
魔都、東京より無事に生還できた者、1624名。
以後、コスモアンフェタミンの再発生を恐れた政府は、
日本の首都を関西方面に移し、国家の立て直しを計った。

そして、東京は――
いまもなお封鎖されたままで、その区域内には、
もはや、誰も近付かないという・・・


(c) 1992 TAKERU

  電脳少女 Rejection end



7 Comments

通りすがり  

再プレイしてみたくなりました

『電脳少女リジェクション』は友人がタウンズ本体を持っていて、自分がソフトを購入、という思い出のゲームです。
クリア出来ずじまいだったのですが、ふと検索をかけたら攻略情報が載っていて感激しました!
またプレイしてみたいですが(本体持っていませんが)、思い出で綺麗になっていると思うので、プレイしない方がいいのかなー? とも思います。
もしプレイすることがあったら、ここのマップを参考にさせていただきます!
ちなみにコレ、ご存知かも知れませんがVシネマやなんかと連動していた企画らしく、コミックの『バトルガール(大人の事情かタイトル違いますけど)』はすごく面白かったです。コミックは最近再版されたのでまだ手にする機会があるかもしれません。
それでは、貴重な情報をありがとうございました!

2012/05/11 (Fri) 09:54 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

電脳少女リジェクションの攻略なんて需要あるのだろうか?
そう思っていただけにコメントをいただいて驚きです。
もう20年も前のゲームなってしまうんですよね…
今でもそれなりに楽しめると思うので、機会があればもう一度プレイしていただけたらと思います。

バトルガールの事は初めて知りました。
今度本屋で探してみます。(読んでみたい!)
こちらこそ情報ありがとうございました^^

2012/05/11 (Fri) 22:33 | EDIT | REPLY |   

すがる  

No title

元々、バトルガールのタイトルで出る予定だったのが、別メーカーから別タイトルで発売されたようです。

2013/01/21 (Mon) 00:13 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

家にあるテクノポリスで調べてみたところ
92年7月号の新作ソフト発売予定表でバトル・ガール(ビクター音楽産業)発売日7月未定とありました。
その後、延期を繰り返し発売日未定に変わり、12月号では予定表から消えてしまいますが、93年1月号で電脳少女REJECTION(シュールド・ウェーブ)発売日12月11日と紹介されていました。
もう一度よく見たら、92年12月号で電脳少女REJECTION(シュールド・ウェーブ)発売日11月下旬となっていました。
誤情報申し訳ありません
どうやらその間に色々あったみたいですね。
そこそこ大きく紹介されている号があったと思ったんだけど、見逃したのか見当たらない・・・

2013/01/21 (Mon) 21:22 | EDIT | REPLY |   

通りすがりですが、  

No title

ttp://www.youtube.com/watch?v=CetL
Vシネマ版の動画がちょっとだけupされてますね,
このゲームM60とかドラゴンとか93Rとか
バイオハザードより遥か前に
実在する重火器を撃てたゲームだけど
操作性があまりにも辛くて投げたゲームです。
確か発射反動の判定もあったような、

2014/01/17 (Fri) 04:00 | REPLY |   

通りすがりですが、  

間違えた。

間違えた。多分上のリンクだと見れないと思います、
キューティー鈴木「バトルガール」(1991年)
でみれるとおもいます、

2014/01/17 (Fri) 04:12 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

コミックはBOOK・OFFでみつけて読めたんですが、Vシネマは初めてです。
さっそく視聴しました!
キューティー鈴木さんが慶子役だったとは…。
他にも見た事がある女子プロレスラーの方がいました。
ゾンビみたいのは苦手なんですが、ガンアクション中心みたいですし、全部見てみたくなりますね。
情報ありがとうございました!

ゲームでは銃を撃つと標準が上に動いて、反動の大きさをあらわしてました。
反動が大きい銃は標準を合わせるのに一苦労で使いづらかったです。

2014/01/17 (Fri) 20:50 | EDIT | REPLY |   

Post a comment