パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

水晶の龍

水晶の龍

1986年にスクウェアより発売されたファミコンディスクシステム用のアドベンチャーゲーム。(DOGブランドで発売)ちなみにキャラクターデザインは佐藤元さんです。


水晶の龍の思い出ってどうせアレでしょ?
まさにその通りで、私も騙された1人です。

またこの話かと思われるでしょうが、気が向いたら読んでやってください。


中学生の時にそれほど親しくはないけれど、たまたま同じに班になって、何度か家へ遊びに行ったクラスメイトがいました。確かツインファミコンを持っていて、「リンクの冒険」でよく遊んでいた記憶があります。「水晶の龍」もそのクラスメイトの家でプレイしました。

ある日、本屋でファミマガ(ファミリーコンピュータMagazine)を立ち読みしていると、水晶の龍で野球拳ができる裏技が掲載されていました。

[大関技] シ、シンシア! やっや野球拳をしよーぜぇへへ (こんな見出しでした^^;)

ヒロインのシンシアがスカートを脱ぎ、シャツのボタンは外れ、はだけた状態でチョキを出している写真も載っています。詳しく読んでみると、シンシアが右手を上げているシーンで手を「見る」とできるらしい。やり方を覚えて家に帰りました。

再びそのクラスメイトの家へ遊びに行った時、野球拳でシンシアが脱ぐ裏技があると話し、水晶の龍をプレイ。そのシーンまでゲームを進め、「見る」のアイコンを選び、カーソルを合わせてボタンを押す。

しかし、何もおこらない…

カーソルの位置がずれている?
見るではなくて他のアイコン?
右手を上げているシーンが他にもある?

色々試してみましたが、野球拳はできません。
結局、私が見間違えてきたという事になりました。

そんなはずはない…

掲載した野球拳のやり方が間違っていて、訂正記事が載るのではないかと思って次号を見ました。
そして、この裏技がウソ技であると知り…

騙されたあああぁぁぁ!!

ファミマガはたまに立ち読みする程度だったから、ウソ技が混ざっているって知らなかったんです…。


すでにご存知かもしれませんが、この記事を作るためにネットの情報を調べていたら、このウソ技を遊べようにしたサイト様がありました。シンシアと野球拳が出来ますので、興味があったら探して遊んでみてください。(勝てばシンシアが脱ぎます!)



水晶の龍 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



2 Comments

DST  

No title

水晶の龍は友人が持ってたので、隣で見ていました(アドヴェンチャーゲームだし)
第一印象は「BGMが無い静かなゲーム」でしたね
効果音はちゃんとありましたが

佐藤元さんは、SDガンダムで知っていたので
「あのSDガンダムの人がデザインしてたのか」と思った物です

SWFファイルはまだHDDのどこかにあります

2014/02/10 (Mon) 20:53 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

言われてみて思い出したけど、確かにBGMはなかったですね。
私は女性キャラが可愛い&綺麗でグラフィックの良いゲームって印象でした。
どんな内容だったかも忘れてしまったし、もう一度プレイしてみようかな。
大人になってから中古で買った記憶があるから、たぶん家のどこかにあるはず…。

佐藤元さんはPC雑誌のテクノポリスで知り、後から水晶の龍のキャラクターデザインの人だと気が付きました。
(マスコットキャラのデザイン、ゲームの紹介や次号の予告漫画など)

2014/02/11 (Tue) 19:23 | EDIT | REPLY |   

Post a comment