パソコン美少女ゲームの記事はこちら「美少女ゲーム マイヒストリー」

YAKSA (ヤシャ)

YAKSA (ヤシャ)

1987年にウルフチームより発売されたパソコン用のアクションゲーム。
日本テレネットの開発チームだったウルフチームが独立して最初に発売したゲームです。


高校生の時にMSXのROM版を中古で買いました。(1990年頃)
「ウルフチームのゲームは見た目はいいけど内容は…」って認識はあったんですが…。ビジュアルシーンは良さそうだったし、アクション部分はタイトーの不動明王伝のような感じに見えて、面白そうだと思ってしまいました。それに、中古で1480円だから、もしハズレだったとしても痛手は少ないかなと…。

そういえば、うる星やつら~恋のサバイバル・バースディ~の記事でMSX(FSA1)はクラスメイトに売ったと書きましたが、その1年後くらいに隣の家のお兄さんの同級生から買って、再びMSXユーザーとなっています。ディスクドライブ付きのMSXで2万円というから、MSX2+だったらラッキーくらいに思っていたら、なんとMSXturboR(FSA1ST)でした!(聖戦士ダンバイン付き)

家に帰って、さっそくゲームを起動。
雑誌で見たビジュアルシーンの画像を思い浮かべ、ワクワクしながらオープニングデモを待ちました。そして、「YAKSA」とタイトルが表示されて音楽が流れる。ところが、いくら待ってもオープニングのビジュアルシーンは始まらない…

ま、まさか… ROM版はオープニングのビジュアルシーンをカット!?

師の墓碑銘に、何を誓うのか最空
妖気漂う暗雲を背に、何処に急ぐのか九条院伊織

そう、このカッコいいオープニングは無かった…。

あきらめてゲームを始めることにしました。
地図が表示され、どのような行動を取るか画面下のコマンドで選択するらしい。適当にやってみようとキーを押したが、何も反応がない…。色々なキーを押してみるも、やはりゲームは止まったまま動きません。起動し直しても、同じ現象になります。

もしかして、壊れてる?

そう思って買った店にゲームが動かないと持って行くと、本店で確認してもらうから待って欲しいとの事でした。1週間ほどして店から家に連絡があり、こちらでも動かなかったからと返金してもらえました。


この記事を作りながら、YAKSAについて検索してみたら、MSX2+以降だと動かないそうです。つまり、壊れていたわけじゃなかったんですね。あれから22年、やっと原因がわかりました。(店の人もMSX2+以降で確認したのか…)


ゲーム内容はひどいみたいだし、プレイせずに済んで良かったのかもしれません。




YAKSA | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
YAKSA | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
YAKSA | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



19 Comments

DST  

No title

このゲームはタイトルしか知らないですね
PCエンジンで疑似3Dスクロールで「神武伝承YAKSA」というソフトが出ていたので、このソフトがPC版の移植だと思っていたくらいです
斬で世界観を使った「斬 夜叉円舞曲」というのがメガドライブに移植されてたのが印象深いですが(ただ、私はシミュレーションが苦手)

2013/11/24 (Sun) 15:17 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

88版のオープニングを動画サイトで見たんですけど、ものすごくカッコいいです!
それだけに、店頭デモを見て買ってしまい、後悔した人が多いだろうなと思います。

そういえば、メガドライブで夜叉円舞曲が出てましたね。
94年頃に88版が500円だったから買ったんですけど、今さら感もあってぜんぜんプレイしませんでした。
(同じウルフチームの天舞メガCDスペシャルは結構プレイしたのに…)

神武伝承YAKSAは存在すら忘れてました…。

2013/11/24 (Sun) 16:32 | EDIT | REPLY |   

たかし  

ひどいなんてもんじゃない。

当時、おそらくリアルタイムで、PC88版買いましたが、
ひどいなんてもんじゃないゲームでした。PC88なので、
アクションの操作性は良くないし、ゲームはつまらないわ
で、結構後に売ったら、500円にしかならなくてがっかり
でした。ウルフチームは、ビジュアルはいいのですが、
動きのほうは、PC88版だと期待出来ないです。PC98の
ウルフチームのタイトルは、東京トワイライトバスタース
は大変な名作で面白かったですが、マウスでクリックして
操作するだけなので、アクションの動きは、PC98とはいえ
ウルフチームのゲームは、PC98でもいいのかどうかは
わからないです。とにかく、ウルフチームはバグがひどい
らしく、ミッドガルドなんかは、バグで改造しないと解けない
らしいです。MSXだかの話なので、PC88版は未確認ですが
。それでは

2013/11/28 (Thu) 06:01 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

ネットで当時プレイした人の記事を見てもそんな感想が多いですし、相当ひどかったみたいですね。
PC88時代のウルフチームはビジュアルシーンと音楽だけってイメージですけど、PC98が主流の時代はどうだったのでしょう?
(東京トワイライトバスターズは評判いいですね!)
その頃になると私はFMTOWNSがメインだったからほとんどプレイした事がなくてわかりません…。
メガCDで発売したゲームどれも微妙だった気がします。

2013/11/28 (Thu) 20:26 | EDIT | REPLY |   

たかし  

あまりわからないです。

PC98の時代のWOLF TEAMって、たしか、東京
トワイライトバスターズは解いたけど、後は、
最近、ARCUS3を解いた程度で他はプレイして
ないと思うのでわからないですね。まだWOLF
TEAMがいた頃の初期のTELENETの作品だと
思うのですが、ヴァリス1なんかは、敵にやられる
と押されていらつくゲームだったけど、また幾分前
に解いたし、2は難しいので、挫折しましたが、
FINAL ZONEなんかも解いたと思うけど面白かった
です。この2本は動きはいいほうではないけど、
妙な面白さがありましたね。でも、PC98時代の
WOLF TEAMって、どんなゲームがあったんだろう?
ばくばくアニマルだかってゲームは出してたらしい
ですが、タイトルからして欲しそうなゲームでは
なかったので。それでは

2013/11/29 (Fri) 05:34 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

PC98時代のウルフチームは斬、轟、天舞、緋王伝といったSLGが多かった気がします。
RPGはアークス3以外だと、確かSUZAKUという3DダンジョンRPGがありました。
どれも未プレイなので、面白いかどうかはわかりませんが…。

ヴァリス2なら当時PC88版をクリアしましたよ!
操作性はいまいちでしたけど、そこそこ面白かったです。
まあ、ヴァリスは憧れのゲームだったから、優子が自分のPC88で動いてるってだけで感動してたので、思い出補正が強いかもしれません。

2013/11/29 (Fri) 21:48 | EDIT | REPLY |   

DST  

No title

ウルフチームってPCだと評価低いのですかね
僕はメガドライイブが中心なので、グラナダやアークス・オデッセイ等で楽しませてもらってました
メガCDでもLDゲームの移植等で評価が高かったです

ただ、やることなすこと手間がかかるアイルロードとか、FZアクシスとか単調で確かに評価できないゲームもありますが

PC物はMSXでアークスの1と2をやりましたが、1は迷子で諦め、2は詰まって諦めてます

あと、>たかし さん
ばくばくアニマルはSEGAのゲームなので違うものだと

2013/12/01 (Sun) 21:12 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

ウルフチームはPC98の頃になればそれほど悪くはないと思います。
ただ、斬、轟、天舞あたりは、比較するのが光栄のSLGになってしまいますから、相手が悪いというか…。
私はメガCDだと、アークス1・2・3、アーネストエバンス、アネット再び、精霊神世紀フェイエリアあたりを持っているんですが、どれも物足りない感じがしました。

名作と言える、テイルズ・オブ・ファンタジアはウルフチームが開発したみたいですし、PC88の時代に痛い目にあっているかどうかで、ウルフチームのイメージや評価が分かれるのではないでしょうか。

2013/12/02 (Mon) 21:40 | EDIT | REPLY |   

おっさん  

懐かしい

ウルフチームねぇ
はい!店頭デモ見て即買いして絶望しましたww
アクション部分をゲームアーツ
ビジュアル部分をウルフチーム
なら
PC88史上最高のワクワク感を楽しめたんじゃないかな
テグザーは88mk2だった自分には衝撃でした

2014/06/12 (Thu) 00:02 | EDIT | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

まさにオープニング詐欺の被害者ですね!
確かにYAKSAのアクション部分がゲームアーツ製作だったら名作になっていそうです。

私はテグザーをファミコン版、数年後に88SR版という順番でプレイしたので、発売当時の凄さを実感できなかったんですよ…。
もっと早くプレイしたかったゲームの1つです。
ゲームアーツといえば、高校生の時に88版のぎゅわんぶらぁ自己中心派にハマってました。

2014/06/12 (Thu) 22:29 | EDIT | REPLY |   

はーりーふぉっくす  

これとミッドガルツもそうですが、PC-88だとハードの制約からちょっときついゲームでした。
特に4MHz機はキビシイのですが、がんばってクリアしました。
もっともヴァリスなども同様なので、ここらへんが88の限界かもしれません。
PC-98でしたら、斬、D、轟と夢中で遊んだ名作が多いのですけどね。
特に友人宅で聞いたMT-32のBGMは秀逸でした。
数年前にCM-64を手に入れましたが、とてもgoodです。
あとは、当時としてはこのゲーム、パッケージが珍しいTAKERUの青い箱と同サイズのコンパクトなものでした。

ところで、アクションの一覧に冒険浪漫がありません。
迷作なので是非w

2017/03/16 (Thu) 01:54 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

PC-88でアクションやシューティングのようなジャンルがきびしいのは確かですね。ただ、アクションの質の悪さが難易度の高さに繋がっていたのも悪かったかと…。ウルフチームのゲームは、ビジュアルシーンの良さで期待してしまう分、内容のいまいちさが目立ってしまった感じですね。

でも、工夫次第では十分に面白いものが作れると思います。それこそ冒険浪漫のように、動きが多少トロくても豊富なアイテムで楽しませてくれるみたいな…。そのあたりコナミのMSXゲームはすごかったと思います。

すぐに返品してしまったので記憶が曖昧ですが、MSXのROMカートリッジ版も同じコンパクトサイズのケースだったと思います。

MSXのROM版が普通の縦長の箱、ディスク版がコンパクトサイズだったみたいです。申し訳ありません…。

2017/03/16 (Thu) 23:03 | EDIT | REPLY |   

はーりーふぉっくす  

MSXはスプライトがあったのも大きいですね。
88でもys3やソーサリアンはデキがいいですが、DAIVAも辛い部類ですね。

2017/03/17 (Fri) 03:46 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

確かに「ディーヴァ」の惑星戦も同じような感じで難易度が高いし、ウルフチームのアクションに通じるものがありますね。発想は面白くて好きなんだけどなぁ…。

2017/03/17 (Fri) 20:22 | EDIT | REPLY |   

Xanadu(X1)普通にプレイ  

MSX2版のYAKSA、shamiさんと同じROM版で(最初に)クリアしました。

ちなみにROM版で省略されているのはビジュアルシーンだけでは無く、ゲームのスケールもかなり省略されています。
ディスク版では最後は蝦夷地奥の湖から「夜叉の法」を使って魔空界へ転移、その最奥でラスボス死魔神と戦ってエンディングですが、ROM版では魔空界どころか蝦夷地すら無く、信長に取り付いた麗鬼を倒したら一枚絵+メッセージ&スタッフロールで終了です。当然のことながら魔空界に行く必要も無いので「夜叉の法」も出てきません。

あと、ROM版だけかもしれませんが、機種チェックをせずに命令投げっぱなし実行を行っているようで、MSX1でも2+と同様の動作をします。
ただし、要求するスクリーンモードが無い為、画面は黒一色でBGMが鳴り続けるだけですが。
(コレ、TurboRでも本編が動かないとなると悪い意味での”MSX2専用ソフト”になりますかねぇ・・・嬉しくないですがw)

それと、楽に進める方法としては、最初に配置されてる国(どこだったっけ?)のアクションシーンに入り、ステージからの脱出アイテム(”わらじ”だったか?)を拾ったら、近くの行き止まりまで進んだ後、反対側を向かせた状態でスペースキーを固定(「上に文鎮」でも「隙間に厚紙」でも手段は問わない)して一晩寝かせれば、POWERだかMAGICだかが勝手に溜まるので力押しで楽にクリアが出来るはず・・・(古い記憶なのでどこまで正しいかはアレですが)。

2018/04/01 (Sun) 16:18 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

プレイ不可能で返品してしまいましたし、オープニングだけでなく、ゲーム内容までカットされているとは知りませんでした…。turboRの高速モードを切って起動してもプレイ不可能だったはずですから、まさに「MSX2専用」だと思いますw

しかし、ウルフチームの初作品といっても、テレネットの開発チームが独立したメーカーなわけですし、機種チェックくらいしてもよさそうなのに…。中途半端に起動するから余計にガッカリしてしまいました。(FSA1を手放してなければプレイ出来たのになぁ…)

ビジュアルシーンやストーリーは魅力的なゲームですよね。アクションシーンはきびしいみたいですが、だからこそやり応えがあるという理由から、このゲームが好きという方もおられるみたいですし、私も機会があればプレイしてみたいです。

2018/04/01 (Sun) 21:28 | EDIT | REPLY |   

Xanadu(X1)普通にプレイ  

お返事ありがとうございます。

これは私見ですが、8BitPCにおけるウルフ・チームは良くも悪くも
 ・NEC8801(SR以降)に特化した技術を持つ開発集団
と言う部分が強く、他の機種(X1、MSX・・・)に関しては
 ・音源に良い物が使われているから使ってみたい(X1+FM音源)
 ・所有者がそれなりに居るからソコソコ収益が見込める(MSX)
と言う所から移植が行われると言った(当時で言えばウルフに限らず大抵そうですが)ソフトハウスだったと思います。
故に、現在でも良く各種開発現場(ゲームに限らず)で二言目にはこう言う輩が多い
 ・「とりあえず動けば良い」
と言った製品が結構あったりしたものです。

まぁ、MSXに関しては各種機器の占有するスロットやI/Oの設定(FDDやFM音源等)が確立したのが、実は”2+”の時だと言う事もあって、その兼ね合いでそれ以前に発売されたソフトなんかだと、マッピングされたスロットやI/Oポートを”開発中に使用した機体で使えたから”と決め打ちでプログラムを描いた結果、”2+以降でバッティングが起こって動かない”と言う事があったようです。
おそらくYAKSAが動かないのもその類では無いでしょうか・・・いまさら逆汗して解析する気も無いんで推測に過ぎませんが。
(コレに対応する為か、パナソニックかソニーのFDD搭載のMSX2以降で、起動時に何かのキーを押しながら起動するとFDD BIOSを切り離す事が出来たような気がします。)

90年代以降のウルフはゲーム機とNEC98x1、X68kにソフトを出してたようですが、X68kのFZ戦記AXIS以降はトンとPCゲームでは話を聞かなくなったような気がします。

あと、ROM版のYAKSAですが、ビジュアルシーンはほぼカットされた訳ですが、ビジュアルシーンの”残滓”らしきものは残っており、それは
 ・伊織と最空の合流
だったかと思います(うろ覚え)。
で、これがなんで”残滓”かと言うと、
 ・ビジュアルシーンでビジュアルが表示される箇所が黒抜きで、メッセージだけ表示
と言う状態だからだったりします。
まるで、当時一部で流行したネタの
 ・タコ無しタコ焼き
並みの破壊力ですw

2018/04/01 (Sun) 23:30 | REPLY |   

Xanadu(X1)普通にプレイ  

ROM版のビジュアルシーンについて、さらに追加情報などを。

”残滓”の事だけしかネタ出ししてませんが、”残滓”ではないビジュアルシーンも”一応”あります。

それは「沙羅との邂逅と護神剣の入集」です。

本来ならばそれぞれ別のイベントですが、ROM版では沙羅に会うと、その場で護神剣を渡されます。そして、1枚絵だけだったかとは思いますがビジュアルもあります。
ただし、ROM版では容量削減の為か”まばたき&口パクアニメーション”はおろか、”パレットアニメーション”すら無かったと思います。

読み込み時間の問題さえ無ければX1テープ版のファイナルゾーンにも劣るとは・・・やるな、ウルフ・チームMSX班w

あんまりといえばあんまりと言う事で、”後生にこの(悲劇?の)記録を残さねば”と、当時VHSでプレイビデオを記録したはずですが・・・どこに行ったんだろう・・・?
(それ以前にこのご時世だとデッキの入手性が・・・orz)

2018/04/02 (Mon) 14:58 | REPLY |   

shami  

コメントありがとうございます!

そういえば、MSX版の「夢幻戦士ヴァリス」もビジュアルシーンがカットされていましたねw

PC-88時代のウルフチームは、ビジュアルシーンは良いものの、ゲーム内容はいまいちという印象ですが、PC-98時代からはシミュレーションゲームを中心に、良いゲームが多かったと思います。

パソコンゲームだと1995年にPC-98で発売され、Nintendo DSにも移植された「東京トワイライトバスターズ」が最後かもしれませんね。ゲーム機の方がユーザー数が多くて収益が見込めるでしょうし、ウルフチーム開発・ナムコ販売の「テイルズ・オブ・シリーズ」が大ヒットしましたから、パソコンソフトハウスとしてのウルフチームは、必然的に終わりを迎えたのだろうと思います。

>黒抜きでメッセージだけ表示
これはいかにも容量削減のために、ビジュアルシーンを消しましたという感じで、見たらさらにガッカリしてしまいそうですw
ROM版で優れている点があるとしたら、ディスクアクセスが無いということくらいかもしれませんね。

その録画したというプレイビデオをぜひ見てみたいものですw

2018/04/02 (Mon) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Post a comment