パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

ヘラクレスの栄光II タイタンの滅亡

heracles2-fc_000.png
ヘラクレスの栄光II タイタンの滅亡
メーカー:データイースト
発売日 :1989年
ジャンル:ロールプレイング
機種  :FC



ヘラクレスが神となり、天界へ昇った古代ギリシア。人々はその平和を大いに楽しんで暮らしていた。そして、時が流れたある日のこと。突然、どこからともなく現れた魔物たちが、人間界を襲い始めた。平和に慣れ親しんだ人々は、恐怖に震え逃げまどった。

この状況を天界から見ていた全能の神ゼウスは、それでも人間達を助けようとしなかった。自らの手で平和を取り戻すことを望んでいたのだ。そんな時、ナナの国の女王が一通の手紙を国の若者達に出した。「うむ、いよいよじゃな」ゼウスはそうつぶやいた。


heracles2-fc_001.png
ナナの女王から一通の手紙がある家に届けられた。それは魔王退治に志願する若者を集めるためのものだった。おばあさんは孫のためを思い、手紙を隠してしまうが…。


heracles2-fc_002.png
ナナの町で恋人と二人、幸せな時間を過ごす主人公。

自宅に戻るとおばあさんの様子が少しおかしい。何か隠しているような…。
ベッドの下に隠してあった手紙を見つける。自分に宛てられた、ナナの女王からの手紙だった。魔王退治に志願することを決意した主人公は、おばあさんから錆びた剣と盾を受け取り、ナナの城へ向かう。


heracles2-fc_003.png
ナナの城で女王様の話を聞く。
人々を苦しめている魔物達は、タイタン族の生き残りと言われる、闇の魔王の手下らしい。地上から魔物を消し去るには、その魔王を倒さなければならないそうだ。まず、アテネにいるはずの旅の詩人、ホメロスに会うように言われる。


恋人に別れを告げ、港から船でアテネへ向かう。彼女から私だと思って大切にしてほしいと「パロスの笛」をもらった。こうして魔王討伐の旅が始まる。


heracles2-fc_004.png
ギリシア最大の町、アテネを訪れるが、すでにホメロスの姿は無かった。ヒポクラテスという医者から、セレネに行くならイカロスという病気の少年の具合が悪いことを父親のダイタロスに伝えてほしいと頼まれる。


heracles2-fc_006.png
フィールドマップ
東にあるセレネに向かう前に、アテネ周辺でレベル上げ。時間の概念があって、歩いていると夜になります。(町の中の様子や出現する敵が変化)


heracles2-fc_005.png
戦闘画面
一般的なターン性のコマンドバトルです。

夜になると毒攻撃をしてくる敵が出現します。低レベル時に毒状態になってしまうと、治療してくれる信託所に辿り着く前に死んでしまう可能性大なので、序盤は常に毒消しを1つ以上持っておきたいです。

アテネよりナナの方が良い装備を売っています。お金が貯まったら一旦戻って、短剣などの装備を購入。おばあさんからもらった錆びた剣と錆びた盾は、ゲーム終盤に最強装備に生まれ変わるので、売らずに預り所へ。


heracles2-fc_007.png
セレネを訪れると、ホメロスがアテネの北にあるミノアの村に向かったという話が聞けた。ダイタロスは、旅に出てしまってセレネにはいないようだ。突然、空を飛ぶ研究を始めて、すっかり人が変わってしまったらしい。

回復魔法のパウを覚えてからミノアの村へ。アテネから北西に向かい、山を回り込んで東へ行ったところにあります。信託所や宿屋がないので、旅の翼を買っておくと良いでしょう。


heracles2-fc_008.png
ミノアの村でようやくホメロスに会うことができた。彼の話では、闇の魔王は遥か昔、神様によって封印されており、倒すにはその封印を一度解かなくてはならないそうだ。しかし、封印を解くには、破壊のオノが必要で、天界にいるヘラクレスだけにしか使えないとの事。


heracles2-fc_012.png
それから村の北側で、半馬人のケンタウロスが土に埋められ、子供たちにいじめられていた。夜を待ち、ケンタウロスを助けてあげると、お礼にいいことを教えてくれるという。
「東の洞窟に神様でも見たことのない、素敵な物があるんだ。でも、ケルベロスがいて誰も手に入れられない…」

というわけでミノアの東にあるダンジョンへ行くことになりますが、そこで出現するトロピという敵を一撃で倒せないと探索は難しいです。(レベル9くらい)洞窟の外や入ってすぐのところでレベルを上げ。


heracles2-fc_010.png
そして、B4でケルベロスと対戦!


heracles2-fc_011.png
二回攻撃をしてくるため、パウの回復量を上回るダメージを受けることも…。そこそこ攻撃をかわせるので、レベル10あれば倒せると思いますが、運が悪いと回復が追い付かずにやられてしまいます。死んでしまった場合は、レベルを上げて出直しましょう。

ケルベロスを倒したが、宝物らしきものは見つからなかった。ミノアへ戻って、ケンタウロスに問いただす。


heracles2-fc_012.png
「あなたの勇気を試してみたんです…」
どこへ行ってもいじめられていたケンタウロスは、いつも勇気が欲しいと願っていた。神様から勇気を授かるため、天界へ連れていってほしいと頼まれ、ケンタウロスが仲間になる。


これでゲーム序盤は終了です。
このあと、ダイタロスの足取りを掴んだ主人公たちは、船着き場からロランへ。そして、巨人の館で心を望む青銅の像(女性)を仲間に加え、各地で破壊のオノ作成に必要な三つのズイを集めます。

ゲーム終盤、闇の魔王クロノスとの決戦が近づくと、天界にいるヘラクレスが仲間に。最後は四人パーティで、闇の魔王クロノスに挑みます!


ギリシャ神話をモチーフにした、ヘラクレスの栄光シリーズの第二弾。闇の魔王クロノスを倒し、人間界に平和を取り戻すため、一人の少年が旅立つ。勇気を望む半馬人と心を望む青銅の像という、異色の仲間が特徴のロールプレイングゲームです。

ゲームシステムは、一言で言ってしまえばドラクエタイプ。ゲームバランスも悪くありませんし、町の人の話を聞いて進めていけば、自然と目的地へ導いてくれます。ただ、気を付けなければならないのは、武器や防具を破壊されたり、胸をえぐられて一撃死する事。このような攻撃をしてくるのは、一部の敵だけですが、正統派のゲームなだけに、運悪くやられてしまうと意表を突かれた気分になります。(一部のボスの石化攻撃もきつい)

前作よりもわかりやすく、誰でも楽しめる反面、特徴が薄れてしまった気もします。すごく面白いというわけではないけど、無難に楽しめるゲームといったところでしょうか。


高校時代に中古で買ってきたら、途中で三回もセーブデータが消えてしまって参りました。たまたまだと思いますが、なぜかレベル15前後になると消えるんですよ…。それでやる気を無くしてしまったんですが、数年後に古本屋で双葉社の攻略本を見つけたのをきっかけに再プレイ。今度は消えずに最後まで進められました。

ところが攻略本の装備品リストに名前があるのに手に入らなかった装備がいくつか…。どうでもいい装備ならともかく、最終装備になる武器や防具ばかりなのです。攻略本の通りに進めたのに、どこで見逃したんだろうと思っていたんですが、それを知ったのはそれから随分後でした。タルガという村のお店で「いいえ」を選ぶと、店が宿屋→道具屋→武器・防具屋と切り替わり、そこで買えたみたいです。しかし、ラスボス戦手前まで進めてしまうと、店が閉まって買えなくなってしまうというオチで、もはや手遅れ…。

攻略本なんだからこういう情報は書いておいてくださいよ、双葉社さん!

それらの装備が無くてもクリア出来ますが、気分的にスッキリしないというか…。次にプレイする機会があったら今度こそ装備を揃えてクリアしたいですね。



ヘラクレスの栄光II | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


攻略本など、関連品はこちらから
ヘラクレスの栄光II | 通販ショップの駿河屋

このエントリーのタグ: ファミコン データイースト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
489: by DST on 2017/07/08 at 10:50:12

遊んだことは無いですが、オーソドックスで安心して遊べるシリーズですね
画面のイメージ的にドラクエそっくりという感があったのが残念ですが

一作目を友人が持っていて、遊んでいるところを見たことがありますが、店員のグラフィック等の一枚絵など、差別化もしていた記憶があります

490:コメントありがとうございます! by shami on 2017/07/08 at 13:15:25 (コメント編集)

粗いながらも特徴ある一作目が好きだっただけに、無難にまとまってしまったのが残念でした。もう少しシステムに工夫があると良かったですね。そういう意味ではスーパーファミコンで発売された四作目が好きです。

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR