パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

忍者くん 阿修羅の章

忍法 MSX2 変化!
NinjakunAsura-msx_000.png
忍者くん 阿修羅の章
メーカー:UPL/HAL研究所
発売日 :1987年
ジャンル:アクション
機種  :AC,FC,MSX2



※画像はMSX2版です

今回はHAL研究所から発売された、MSX2版を記事にしてみました。


三代将軍、徳川家光の時代、日本全国に妖怪たちが出現し、人々を脅かし始めた。将軍からじきじきの命を受けた忍者くんは、太平の世を救うため、一人立ち上がる!


NinjakunAsura-msx_001.png
アーケード版やファミコン版は、最初に花札をめくってSCENE(ステージ)を選びますが、MSX2版は選べません。SCENE1-Aと同等のものになります。

この忍者くんが駆けていくシルエットが好きだったなぁ…。


NinjakunAsura-msx_002.png
ステージ1
横スクロールのステージです。手裏剣を武器に、黒子や雷小僧を倒しながら右へ進んでいきます。出口を見つけて中に入るとクリアです。いきなり黒子が二体同時に登場して、手裏剣を投げてくるから、押し負けてやられてしまったり、意外ときびしいステージですね。


NinjakunAsura-msx_003.png
ステージ2
ここも横スクロールですが、段差のある場所があります。敵を全滅させるとクリアです。


NinjakunAsura-msx_004.png
ステージ3(試練の場)
出口に辿り着ければ新しい武器が手に入りますが、三角飛びや壁をよじ登るテクニックが必要です。(MSX2版はよじ登るのが遅い…)どうしても無理だと思ったら、鳥居の中に入って「はい」を選べば、次のステージへ進めます。


NinjakunAsura-msx_005.png
試練の場クリア!
アーケード版はもっとカラフルでした。


NinjakunAsura-msx_006.png
新しい武器「鎌」をもらいました。
投げるとブーメランのように戻って来る武器です。
(武器はいつでも自由に切り替え可)


NinjakunAsura-msx_007.png
ステージ4
縦+横スクロールのステージ。山の中腹にある出口へ行くとクリアです。右側から山を登って、左へ飛び移り、最後に出口に向かって落下するという、ちょっとややこしいステージです。


NinjakunAsura-msx_008.png
ステージ5
水中ステージです。8方向に泳げますが、使える武器は刀のみ。リーチが短いので、よく狙わないと敵に接触してやられてしまいます。出口を見つけて中に入るとクリアです。ちなみにMSX2版はジャンプボタンを押しても加速しません…。


このように各ステージをクリアしていくわけですが…

NinjakunAsura-msx_010.png
巨大ダルマ

NinjakunAsura-msx_011.png
巨大ガイコツ

こんなデカキャラも登場します!(デカキャラという言葉も懐かしいですね…)

最後に「手裏剣」と「鎌」以外の武器を紹介しておきます。


NinjakunAsura-msx_009.png
忍者くんの武器「爆弾」です。
放物線を描くように飛び、敵や地形に当たると爆発。真横にいる敵には当てづらいけど、広範囲に爆発するから、敵をまとめて倒せますし、威力もあってデカキャラに効果的です。


NinjakunAsura-msx_012.png
こちらは「火炎の術」
忍者くんを中心に炎が回転しながら広がります。敵の一掃できる強力な武器ですが、使える回数が決まっています。アーケード版やファミコン版と違って、MSX2版はステージ中に落ちていないので、使えるのは試練の場をクリアしてもらってからです。


忍者くんシリーズ第二弾、忍者くんが妖怪たちと戦うアクションゲームです。前作は同じようなステージを繰り返すだけでしたが、こちらは地上、地下道(?)、水中のステージ等があって、縦や横にスクロールと多彩。それにより、壁を使った三角飛び、よじ登り、水中を泳ぐなどのアクションが追加されました。武器の種類も増えて、使い分けれるようになっています。

さて、ファミコン版とMSX2版、どちらもアーケード版そのままとはいかないわけで、やってみるとそれぞれ違います。MSX2版は削られている部分が多いので、どちらかといえばファミコン版の方がアーケードに近いですが、グラフィックはMSX2版の方が綺麗です。難易度はMSX2版の方が低めのような気がしますけど…どうでしょう?どちらもコンティニュー可能なので、何度も挑戦すればそれなりに進めると思います。

中学生の時に駄菓子屋でアーケード版をプレイしました。当時は三角飛びがうまく出来なくて、上手い人のプレイを見ていることが多かったけど、多彩なステージと忍者くんのコミカルな動きは、見ているだけでも楽しいですね。壁をひょいひょい登ったり、爆弾で的確に敵を仕留めていくプレイに憧れたものです。ゲーム中に流れるちょっと哀愁感のある曲も好きでした。



忍者くん 阿修羅の章 | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



忍者くん 阿修羅の章 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



忍者くん 阿修羅の章 | アーケードゲーム基板 | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



忍者くん 阿修羅の章 | アニメ・ゲーム | 音楽ソフト | 通販ショップの駿河屋


忍者くんが二頭身だからなのか、「さすがの猿飛」の肉丸くんを思い出しますw

このエントリーのタグ: MSX HAL研究所

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
542: by 風祭さつき on 2017/07/29 at 18:49:18 (コメント編集)

このゲームはゲームセンターでかなりやりこみました。水中面が苦手でしたが。ファミコンはカプコンの当時の移植物を作っていたところが移植したようで当初不安でした(ポーズ音が一緒)が、あまり大きな問題もなく移植されていて胸をなでおろしたものです。

音楽は洞窟の音楽が好きです。ボスの音楽の明るいテンポもいいです。

MSX2にも移植されているとは知りませんでした。HAL研ならMSX2での全方向スクロールも問題なさそうです。アーケードとファミコンでは最初から敵が多い1-Cを選んで火炎の術で忍者くんの残り人数増やしまくりでしたがそれがないとはちょっと辛いかも?

543:コメントありがとうございます! by shami on 2017/07/29 at 22:30:25 (コメント編集)

ファミコン版「忍者くん 魔城の冒険」は、ジャレコが移植していましたけど、こちらはアーケード版の開発元であるUPLから発売されていますね。
最初に1-Cを選んで火炎の術で敵を一掃するのが楽しかっただけに、それができないMSX2版は少し残念でした。個人的にはアーケード版に近いファミコン版の方が好きです。

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR