パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 最新100エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

特攻空母ベルーガmkII

beluga-60win_000.png
特攻空母ベルーガmkII
公開日 :2007年
ジャンル:シューティング
機種  :Windows,PC-6001



宇宙人による世界同時侵略から一ヶ月後の世界。チベット山中に墜落した宇宙船から、あえて原始的な方法で記録された通信デバイスが発見された。アメリカとイタリアのオタク青年がほぼ同時に、これが地球のNTSC信号である事に気づく。映し出されたビデオ映像は驚くべきものだった……。


beluga-60win_001.png
空母ベルーガから自機が発進。

地球を侵略してきた宇宙人の要塞に対して、別の異星人から送られてきた技術をもって、反撃を試みるという内容です。その反撃プランは、ロボット(自機)による防衛システムの破壊と、その後の爆弾機本体(ベルーガ)による特攻の二段攻撃。

というわけで、各エリアの最後に設置されている防御システムの破壊が目的です。

基本的に右スクロールですが、左端で左ボタンを押し続ければ、左にもスクロールします。敵弾に接触する一機消滅。敵機本体はすり抜けられるので、当たっても大丈夫です。


beluga-60win_002.png

beluga-60win_003.png
空中と地上の敵をショットで破壊しながら進みます。

自機の位置とボタンの組み合わせで、ショットが以下のように変化。
ツインショット(通常)、3WAYビーム(後ろを押しながら)、対地ボム(接地中に下を押しながら)、対空砲火(接地中)、アーム(長押し後に離す)
以上の五種類です。地上物は対地ボムかアームでしか破壊できません。


beluga-60win_004.png
もう一つのボタンで自機が方向転換。
後方から出現する敵にはこれで対処します。(スクロールは右のまま)


beluga-60win_005.png
敵拠点の入口には防御用のバリアがあります。
破壊は不可能ですが、アーム(ロケットパンチw)を当てると少しの間バリアが消えるので、その間に通り抜けます。


beluga-60win_006.png
防御システムとの対決!
心臓部が上下に動くので、カバーを破壊して、露出したところをアームでとどめを刺します。


beluga-60win_007.png
防御が解かれた敵の拠点に…

beluga-60win_008.png
飛行爆弾となったベルーガが特攻!

beluga-60win_009.png
大爆発と共にステージクリアです。(何気にここのサウンドが良い)


beluga-60win_010.png
ステージ2以降には、敵のUFOに捕獲された友軍ヘリを救出するシーンがあります。うまく敵のUFOだけ破壊すれば、パワーアップアイテムを入手可能。ショットが二連射から三連射になったりします。

ちなみに全8ステージあるみたいです。(ステージ4までしか進めませんでした…)


beluga-60win_011.png
タイトル画面の「画面モード変更」で、このように配色を変えられます。


今からちょうど10年前の2007年に、PC-6001の25周年記念のクリスマスプレゼントとして、「タイニーゼビウス」で有名な「T.Matsushima」こと「松島徹」氏から、PC-6001のサイトに送られてきたシューティングゲームです。Windows上にPC-6001相当(同一のPSG、画像チップ、64KBメモリ)の仮想マシンを作って、実行しています。

でも、そんな限られた中で作られているとか関係なく、ひとつのシューティングゲームとして面白いです。1つのショットボタンで5種類の多彩な攻撃ができたり、方向転換して逆向きになれる等、当時には無かったアイデアが盛り込まれており、懐かしさを感じせさながらも中身は新しい、そんなゲームだと思います。


6年くらい前だったかな…。小中学生時代に憧れたということもあって、1986年以前のパソコンゲームが好きで、PC-6001、PC-8001、MZ-700等のサイトをよく見ていたんですが、そこで「特攻空母ベルーガmkII」の存在を知りました。

14歳で「タイニーゼビウス」のプロトタイプを作り、電波新聞社に投稿したという、松島氏の話は有名ですよね。PC-6001mkII版、X68000版、サターン版の「スペースハリアー」など、セガのアーケードゲームの移植やアーケードの「機動戦士ガンダム 戦場の絆」の開発にも携わっています。

そんな有名な方の作品が遊べるわけですから、大喜びでダウンロードしました。それにしても、欲しい人に行き届くように、転載自由どころか転載「しない」のを禁止するくらいの意気込みで、PC-6001ファンに拡大配布して欲しいとか、解析や改造も含め、すべて入手した人の自由とは、どれだけ太っ腹なのかと…。

今でも関連サイトでダウンロードできますので、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。Windows用ですから、PC-6001の知識を必要としませんし、USBコントローラーで快適にプレイできます。



特攻空母ベルーガ | PC-6001 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋

こちらは有志によってPC-6001実機に移植されたテープ版。イベントなどで販売されていたようです。電波新聞社のパッケージとそっくりに作ってあるところが良いですね。(表紙絵がデービーソフトの「ヴォルガード」っぽい)

他にもカートリッジ版が存在するんですが、個人でカートリッジを制作するなんてすごいな…。(その開発記が面白い)

近年では、グラフィックやサウンドがパワーアップしている「SF特攻空母ベルーガ 16BIT版」が「龍が如く0 基本無料アプリ for PlayStation Vita」内で遊べるミニゲームとして配信されました。また、その16BIT版はWindowsに移植され、同人ソフトとしてDLsite.comで販売中です。


私がPC-6001について語れることは少ないですが…
中学二年の時に、クラスメイトから「先輩がPC-6001を買ってくれる人を捜しているけど、どうかな?」と聞かれたことがありました。(金額は忘れました)1987年の初夏くらいの話ですから、PC-6001の時代は終わっていた(市場として)と言えますが、当時の私は「とにかくパソコンが欲しい」そればかり考えていましたからね…。ベーマガの投稿プログラムを打ち込んで遊ぶことを考えたり、ちょっと心が揺れた記憶があります。(ちょうどPC-6001で気になる投稿作品があったんだけど思い出せない…)

でも、その二ヵ月ほど前に別のクラスメイトの家で、MSX版の三國志を遊ばせてもらい、その面白さからMSX2を買おうと決意したばかりだったので、PC-6001はあきらめることにしました。まあ、単純にお金が無かったという理由もありますけどねw

結局、クラスメイトの一人が買って、当人の家で本体を見せてもらったのをおぼえています。キーの特徴からPC-6001(初代)だったのは確かなのですが、その時に遊んだゲームのタイトルや画面がまったく思い出せません…。

それから数ヵ月後にMSX2(FSA1)を買ったわけですが、この時にPC-6001を買っていたらどうなっていたのでしょうね。ふとそんなことを思ったりしました。




タイニーゼビウス | PC-6001 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋


PC-6001には、PC-88で発売されなかった「ミステリーハウスII」や「スターアーサー伝説III テラ4001」があるんですよね。

前回がギャルゲーだったので、雰囲気をガラリと変えてベルーガにしてみましたw

このエントリーのタグ: PC-6001 Windows

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
451: by はーりーふぉっくす on 2017/05/14 at 20:29:03

画面がタイニーゼビウスに酷似してますねw
そういえば今日、藤枝のエーツーにXE1-STが置いてありました。

452:コメントありがとうございます! by shami on 2017/05/14 at 21:56:59 (コメント編集)

128×192の4色だったと思いますが、PC-6001特有の色合いですよね。

藤枝のエーツーは、行ったことがないのでよく知りませんけど、店舗にレトロゲーム関連のハードがあるなんてめずらしいですね。家の近くのエーツーには、ファミコンのカセットが少しあるだけですよ…。

453: by はーりーふぉっくす on 2017/05/16 at 02:59:29

それでも昔に比べて随分減りました。
ハードは駿河屋の実店舗にも少しあった気がします。

上記ゲーム、ダウンロードしてやってみましたが、
良く出来てておもしろいです。

454:コメントありがとうございます! by shami on 2017/05/16 at 22:22:58 (コメント編集)

藤枝鑑定団の方なら何度か行ったことあります。一年半くらい前に行ったのが最後ですけど、開店した頃と比べるとレトロゲーム関連は減ってしまいましたね。

ベルーガは、PC-6001なのにすごいとかではなく、普通に面白いですね。

455: by はーりーふぉっくす on 2017/05/16 at 23:50:06

それにしても、昔のゲームのパッケージを見るとすごく哀愁を感じます。
この頃のパッケージが好きでした。
今みたいな箱やCDサイズのものではない、この頃のパッケージが。

456:コメントありがとうございます! by shami on 2017/05/17 at 21:11:34 (コメント編集)

自分がゲームに一番夢中になった時代ですし、パソコンゲームは憧れでしたから、80年代ゲームのパッケージを見ると当時の気持ちがよみがえります。

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR