パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

ハイドライドII SHINE OF DARKNESSをプレイ その8

PC-88版「ハイドライドII SHINE OF DARKNESS」のプレイ日記の第8回目です。


前回、すべてのクリスタルが揃いましたが、地下帝国B5へ行く方法が見つからず、先へ進めないという状況で終わりました。あれからB4を調べ直してもわからず、ヒント集を見てみることに…。すると、B4(表)にB5への階段が隠されていて、「妖精」がいないと見つけることが出来ないと書かれていました。(私がB4(A)、B4(B)と名付けたところは、それぞれB4(表)、B4(裏)と呼ぶようです)

なるほど、すっかり忘れていましたが、ハイドライドシリーズといえば、妖精の存在は欠かせませんね。しかし、その妖精とはいったいどこにいるのでしょう?そこで、今度は攻略本を見てみると、地下帝国B1にいることがわかりました。

というわけで、JUMPの魔法を使ってB1へ戻ります。


hydlide2-88_054.png
「私になにか手伝わせてください」
B1の北東の端、こんな場所に妖精がいました。攻略本だと、B2のPINK-CRYSTALを取ったあと、この場所に来る手順になっているので、もっと早い段階で会えたみたいです。(間違いが多い攻略本なのであまり信用できませんが…)

B1は広くて何もなさそうな場所が多かったから、つい手抜きをしてしまって、SEARCHの魔法をすべて画面で使わなかったんですよね…。おかげで完全に見逃していました。もっとしっかり調べておけば、行き詰まらずに済んだと思います。


hydlide2-88_055.png
これですべてのアイテムが揃い、B5へ行く準備ができたと思います!ちなみにBLACK-CRYSTALは、ヒント集に「持っていたら捨てよう」と書かれていたので、捨ててしまいました。

戻ったついでにOILを満タンに補充して、再びB4へ。そして、SEARCHの魔法に反応があるけど何もなかった場所へ行くと、妖精が「こんなところに階段があるわよ」と言って、B5へ行く階段を見つけてくれました。


hydlide2-88_056.png
ついに地下帝国B5へ!
VARALYSがFLASHの魔法を使ってきて、その場にいるだけでLIFEがどんどん減っていきます…。「ハイドライド」のラスボスが、なんでこんなにたくさん出現するんだ!?

とりあえず、たくさんあるゴーレムのような像を調べていたら、クリスタルをはめ込むことができました。そういえばゲーム序盤で、フェアリーランドの住人から「CRYSTALは、元の位置へ戻さなくては」こんなメッセージを聞いたのを思い出します。どうやら決められた像にクリスタルを戻していくみたいですね。

幸いなことにB5は、たった4画面しかなかったので、クリスタルを戻す像を捜すのは簡単でした。まあ、VARALYSの魔法攻撃がきびしいから、ロードで何度もやり直しましたけど…。


さて、すべてのクリスタルを戻したけど、ここからどうすればいいのか?

B5中央の画面にあるチェスの駒のような像を調べていると動かせるのを発見。左右にある像をそれぞれ外側に押すと…


hydlide2-88_057.png
EVIL-CRYSTALが出現!
「よくここまできたな。ほめてやろう。私こそは"神"。人は、EVIL-CRYSTALと呼んでいるがね。だが、お前の命もここまでだ。すでに、逃げ道はふさいだ。はぁっはぁっはぁっ、ここで死ぬのだ!」

ラスボス戦ということは、ついにあのアイテムを使う時が来たのでしょう。アイテム欄を開いて「MYSTIC-DRUG」を使います!すると主人公の身体が透明になりました。

EVIL-CRYSTALに突っ込みます!


あれ?

攻撃出来ないし、何も起こりませんよ…?


最後の最後でまたわからなくて攻略本を見ました。どうやらEVIL-CRYSTALに重なった状態で待っていればいいみたいです。まさか動かないで待つだけのラスボス戦とは…。


周りにいるVARALYSの魔法攻撃に耐えながらじっと待っていると…


hydlide2-88_058.png
バグったような画面になっていきました。あまり実感がないけど、これでEVIL-CRYSTALを倒した(消滅させた?)ようです。


★ハイドライドII SHINE OF DARKNESSを終えて

難易度が高くて有名なハイドライド2ですが、しっかりマッピングしてSEARCHの魔法を駆使すれば大抵の謎は解けますね。それでもいくつかの謎はわからなくて、ヒント集や攻略本を見てしまったし、やっぱり難しかったという印象です。もう少しゲーム中にヒントがあっても良かったのではないかと思います。あと、地下帝国のモンスターが強く、ひたすら逃げ回るのが大変で、アクション部分もきびしかったです。(何度も死にましたし…)

でも、あれこれ考えながら進めていくのは楽しくて、ようやくハイドライド2の面白さがわかったような気がしました。これもウルティマシリーズやコマンド入力アドベンチャーで、当時の謎解きゲームに慣れたおかげだと思います。中学生時代にプレイした時は、苦痛に感じることが多く、正直なところ期待ハズレといった印象でしたから…。

マッピングを楽しみながら謎解きに挑戦って感覚でプレイすると、当時の謎解きゲームは本当に面白いですね。ただ、万人向けではありませんし、面白くないという意見や感想があるのも十分に理解できます。


それでは、最後にエンディング画面です!
広告の下に載せておきますので、自力で見るという人はお気を付けください。


駿河屋


ハイドライド2 | 通販ショップの駿河屋



ハイドライド 1・2・3 | Windows | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



※以下はエンディング画面です


hydlide2-88_059.png
おめでとう!人類の勇者としてあなたの名前は、世代を越え、妖精の王国で永遠に伝えられていくことでしょう。(こんな感じの意味かな?)

このあとスタッフスクロールがあって…

hydlide2-88_060.png
クリアを証明するパスワードが表示されて終わりです。


アイテム購入のお金を貯めるのと、マッピングに手間取り、一ヵ月も掛かってしまいましたが、ハイドライド2のプレイ日記にお付き合いいただきありがとうございました!年末年始でクリアというのはちょっと無謀でしたね…。

初代ハイドライドは、中学一年生の時に、ファミコン版の「ハイドライド・スペシャル」を無敵の裏技ででクリアしただけなので、こちらもいつかPC版に挑戦してみようと思います。

このエントリーのタグ: PC-88 T&Eソフト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR