パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

Genji

怪奇、SF、推理、そして……官能!!
genji-88_000.png
Genji
メーカー:ホット・ビィ(GA夢)
発売日 :1988年
ジャンル:アドベンチャーゲーム
機種  :PC-88,PC-98,X1,FM77


※画像はPC-88版


genji-88_001.png
平安の昔の、ある夜…
都に近い北山の奥が奇怪に光った。人々はこれを"ひかりもの"と呼び、不吉な出来事の前兆ではないかとおそれた。それから後、都では大火事などの災難が相次ぎ、人々の不安は深まるばかりであった。そして、一ヶ月後、帝の血縁であり、美貌と才知の女・朝顔が自邸に近い桂川の河原で、犯された上、心臓をえぐられ殺される。この事件を重くみた帝は、表向きの調査とは別に、二人の信頼できる者に調査を依頼した。一人は帝の腹心の部下・左大臣。もう一人は、帝の実の弟である、源氏中将。光源氏の君とアダ名される都第一の貴公子である。


genji-88_002.png
源氏の屋敷である、二条院の前
部下の惟光(これみつ)と、恋人の紫に見送られ、ここから事件の調査を始めます。

事件が起こったのは5日ほど前。現場は死体が発見された河原だが、無理に連れ出された様子は無く、役人たちの中には、男と会っていたのでは?という意見もあるようだ。世間の噂では、朝顔を口説けなかった源氏の君が殺したのだとか、奥さんである葵が誰かにやらせたのだとも言われている。紫が言うには、最近屋敷の周りを、変なお坊さんがうろついているという噂もあるそうだ。

門柱を調べると、なにか鋭い爪ででも引っ掻いたような傷があった。

被害者である、朝顔の屋敷へ…


朝顔の屋敷で、下女から話を聞きます。
事件当日の夜、少し考える事があるから一人きりになりたい、部屋には誰も近づかないようにと言って、部屋に閉じこもってしまい、それが朝顔を見た最後になった。そして、役人から遺品と共に届けられたという「唐風の耳飾り」を受け取る。事件現場に落ちていたようだが、朝顔のものではないとの事。あと、朝顔のお気に入りで、いつも身に付けていた鈴が見当たらないらしいが…。

念仏をあげさせて欲しいと、次元という旅の僧が来ていたが、紫が言っていたお坊さんだろうか?


genji-88_004.png
左大臣の屋敷で、葵から話を聞きます。(源氏の正妻)
自分を疑う噂があるせいで、かなり機嫌が悪く、これといった情報は聞き出せなかった。

部屋を調べて文机の上にあった「銀の鈴」を入手。
葵は別に何でもないと言うが、朝顔の鈴ではないのだろうか?


genji-88_005.png
来たついでに葵とエッチ!
"Do"というコマンドを実行すると状況次第でエッチ可能です。
こんな事して機嫌を取ろうとしてもだめよ!と言われてしまいました。それはともかく、葵の胸に月の形をしたアザのようなものがあったのが気になる…。


朝顔の屋敷に戻り、下女に銀の鈴を見せてみたが、朝顔のものではなかった…。
銀ではなく、赤銅色の鈴だったらしい。


genji-88_006.png
六条の屋敷で、六条御息所から話を聞きます。(源氏の愛人の一人)
出雲から帰ってきたばかりで、事件について詳しく知らないようだ。

部屋にあった小箱の中に入っていた「お守り」をもらいました。
エッチしようと思ったら、疲れているからと奥へ行ってしまった…。


genji-88_007.png
夕顔の家で、夕顔から話を聞きます。(源氏の愛人の一人)
久しぶりに自分の男が訪ねて来たというのに、なぜか困ったような顔をしている。そして、もうここには来ないで下さいと、別れ話を切り出されてしまう。

エッチして寄りを戻そうとしたら、もう別の殿方のものになったからと拒否されてしまいました。あきらめてここから立ち去ります。


genji-88_009.png
頭中将の屋敷で、頭中将から話を聞きます。(葵の兄)
この事件の表の捜査責任者である彼から話を聞こうと思ったが、これから出掛けなければならないと言って、何も話してくれなかった。部屋にある、三本の角の先に宝石がはめ込まれている、妙な置物が気になるが…。

代わりに門番の家来から話を聞こうとするが、タダでは教えられないと言われてしまう。

これで移動可能な場所はすべて行ったので、一旦、源氏の屋敷へ戻ります。

惟光と話して今までの調査をまとめます。
葵と六条御息所がもめて、それが下女たちの間で話題になった事と、頭中将が"ひかりもの"が起きた頃、2、3日行方不明になっていたという噂がある事を知る。頭中将の家来から話を聞けるようにと、惟光が差し出してくれた「金」を受け取り、「唐風の耳飾り」を詳しく調べてもらうために渡す。(なんて優秀な部下なんだ)
あと、紫の話では大火事の時に鬼を見たっていう人がいるそうだ。

さっそく門番の家来に金を渡すと、頭中将は夕顔の所へ行ったと教えてくれました。一ヵ月くらい前から、ほとんど一日おきに通っているそうです。夕顔が別れ話を切り出したのは、これが理由か?さらに、"ひかりもの"が起きた頃、頭中将が行方不明なっていたのは、北山の密教道場、金剛寺の阿舎梨を訪ねていたからだと教えてくれました。


北山の金剛寺へ行って、阿舎梨に確認する。
確かに来ていたそうだが、何をしに来たのかは教えてくれなかった。
ついでに銀の鈴を見せたら、魔性の鈴だと言われたが…。


源氏の屋敷へ戻ります。
少し前に左大臣の使者が来て、今晩、源氏の君は葵の所に泊まると、惟光や紫に伝言していったそうだが…。そんな事は言っていないし、どういう事だろうか?左大臣の屋敷へ行ってみます。


genji-88_010.png
左大臣に話を聞きます。(葵の父親)
今日は源氏の君が泊まっていくから、誰も部屋に近づかないようにと、葵が言っていたそうです。それで二条院に連絡したとの事でしたが、まるで朝顔が死んだ日の夜みたいな感じだ…。

何かおかしい…
異様なものを感じた源氏と左大臣。
二人が葵の部屋へ踏み込むと、そこには信じられない光景が!


genji-88_011.png
葵が妖怪に犯されながら、淫らな喜びにのたうち回っていた!

源氏の名を呼び続ける葵。相手が源氏に見えているのだろうか?
絶頂を迎えた瞬間、妖怪の鋭い爪が葵の胸を突き破り、その心臓をえぐった!

片手に心臓を掴んだままの妖怪と対峙することになった源氏。
銀の鈴を投げつけると、妖怪はそれをつかんで、外の夜の闇の中へ逃げ去った。


genji-88_013.png
無残な姿となった葵と、その側で肩を落とす左大臣。

新たな被害者が出てしまった今回の事件。
妖怪の仕業だとわかったわけですが、ますます謎は深まるばかり。

夜が明け、二条院に戻ると、今度は六条が行方不明になったと聞かされます。
昨夜から姿が見えないそうだが、いったい何所へ消えてしまったのか?
まさか六条まで妖怪の手に掛かって…?

事件解決はまだ遠いですが、このあたりで終わろうと思います。


ストーリーが進むと…


genji-88_014.png
まるで宇宙船の中のような部屋
とある場所の地下でこのような場所を発見します。


紫式部の源氏物語に、SFやオカルトをミックスした、平安時代が舞台のアドベンチャーゲーム。主人公である源氏の君に関係する女性たちが、次々と殺されるというミステリー要素に、エログロまで加わって、まさに大胆なシナリオと言えるでしょう。それでいて最後は綺麗にまとめてあります。キャラクターデザインも、平安時代の雰囲気に合っていて良いのではないでしょうか。(一般受けはしづらいでしょうけど…)

システムはよくあるコマンド選択タイプですが、スムーズに進むため、一日あれば終わってしまいます。所々でしか音楽が流れないのも残念なところです。せっかく個性豊かなシナリオなのだから、「ジーザス」や「スナッチャー」のように、なにか演出面での工夫が欲しかったですね。個人的には面白いと思いますが、いろいろと物足りないのも確かです。

テクノポリスの情報によると、前々回に紹介した「闇の壱与伝説」と同じで、シナリオ担当は冬黒雅さんのはずなんですが、Genjiのスタッフスクロールを見たら、シナリオの人の名前が違っていました。単に名前を変えただけだとは思いますけど…。


駿河屋


Genji | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
Genji | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
Genji | X1/turbo | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
Genji | FM7/77 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋

このエントリーのタグ: PC-88 ホット・ビィ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR