パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 最新100エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

奇々怪界

この夏、けっこう妖気です。
kikikaikai-msx_000.png
奇々怪界
1986年にタイトーからリリースされたアーケードのアクションシューティング。
ファミコンディスクシステム、PCエンジン、Windowsに移植されました。


人々に「富」と「福」をもたらすといわれる七福神。ある日、その七福神があやしげな妖怪たちに連れ去られてしまいました。このままでは、やがて世界は深い闇の中につつまれてしまいます。巫女の小夜ちゃんは、七福神を救うため、妖怪たちとの戦いに挑みます。


主人公の小夜ちゃんを操作し、近接用のお祓い串と遠距離用のお札を使って、妖怪たちを退治しながら進む、任意スクロール型のアクションシューティングです。道中に落ちている鍵を入手してボス部屋に入るなど、探索要素も少しあります。私が中学生の時になりますが、近くの駄菓子屋などでアーケード版をよくやっていました。巫女装束の小夜ちゃんと妖怪たちのキャラクターデザインや、特徴のある動きが良かったと思います。

1987年にファミコンディスクシステム版「奇々怪界 怒涛編」が発売されました。ちょうどファミコンでRPGブームだったから、その影響でしょうか?探索メインに変更され、ライフ制やアイテム購入など、RPGの要素が加わっています。もちろん買ったんですが、クリアしたようなしていないような…。それよりも、当時のファミコン通信でこのゲームの宣伝に起用されたアイドル「伊藤美紀」さんのサイン色紙が抽選で当たるというのに応募して外れたことの方が記憶に残っています。


同じく1987年にソニーからMSX版が発売されました。

kikikaikai-msx_001.png
MSX2用だけあってグラフィックはそこそこ綺麗。純粋なアクションシューティングとしての移植なら、このMSX版が最初です。時代的に当たり前ですが、完全移植とは程遠い出来です。


kikikaikai-msx_002.png
SCENE1のボス「豆頭」(ずず)
投げてくる豆のスピードが速くて、お札の飛距離が短いときびしいです。10回以上挑んでようやく倒せたけど、SCENE2ですぐにゲームオーバー。飛来物のスピードが速かったり、アーケード版より難しいと思います。


1990年にはPCエンジン版が発売されました。

kikikaikai-pce_001.png
画面は横長になってしまいますが、全体に大きく表示されて見やすいです。その分、ボス戦であまり距離を取れないのが欠点…。小夜ちゃんがやられた時のポーズが変更されて可愛いくなってます。


kikikaikai-pce_000.png
SCENE3のボス「仙山」(せんざん)
コンティニューなしでSCENE4まで進めました。アーケード版より簡単だと思いますが、さすがにクリアしたことはありません。ちなみに豆頭の投げてくる豆のスピードはMSX版の半分くらいです。


私が今も持っているのはMSX版とPCエンジン版の2つ。個人的に難易度低めのPCエンジン版がオススメだったんですが…
なんでこんなに中古価格が高いんだ!?
(MSX版はさらに高いという…)

PlayStation2、PlayStation Portableの「タイトーメモリーズ」にアーケード版が収録されています。他のゲームも含めて20作以上収録されているみたいなので、今ならこちらの方が良さそうですね。PlayStation4のアーケードアーカイブスでも配信されているようです。

他にも続編がスーパーファミコンで「奇々怪界 謎の黒マント」「奇々怪界 月夜草子」の2本、ゲームボーイアドバンスで「奇々怪界あどばんす」が発売されています。


駿河屋


中古PCエンジンHuカードソフト奇々怪界



奇々怪界 | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



中古PS2ソフトタイトーメモリーズ 上巻


その他の機種はこちら
奇々怪界 | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋
奇々怪界 | ポータブルゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋
奇々怪界 | Windows | PCソフト | 通販ショップの駿河屋


もちろん「式神の城」では、小夜ちゃんが元になっている「結城 小夜」を使ってましたよ!
(アーケードのシューティングゲームです)

このエントリーのタグ: MSX PCエンジン ソニー タイトー

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
288: by DST on 2016/08/14 at 00:50:23

「伊藤美紀」さんの思い出と言えば・・・
Zガンダムでミネバの声を当ててる人の名前を見て、「日高のり子さんのように声優に転身か・・・」と思っていたら、名前が同じ別人ということをかなり後で知りました

ゲームとしては、当時結構注ぎ込みましたね
SFC版など他機種版では遊んでいませんが、遊んでいて楽しいシューティングだったのを覚えています
今は昔のゲームがダウンロードなどで手軽に遊べるようになってありがたいです

290:コメントありがとうございます! by shami on 2016/08/14 at 13:27:49 (コメント編集)

同姓同名の声優さんがいたんですねw

タイトーのゲームはこの奇々怪界とバブルボブルが好きでした。
90年代半ばの対戦格闘ブームの時代も良かったけど、自分が駄菓子屋や西友のゲームコーナーでやっていた、80年代後半のアーケードゲームの方が思い入れがあります。

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR