パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

ALSHARK (アルシャーク)

虚空に奔る創星のきらめきに、遥かなる銀河の声を聞く
alshark-fmt_000.png
ALSHARK (アルシャーク)
1991年にライトスタッフより発売されたロールプレイングゲーム。
機種はPC-98,X68000,FMTOWNS。
PCエンジンSUPER CD-ROM2,メガCDにも移植されました。
ライトスタッフのデビュー作です。


※FMTOWNS版で紹介

3つの恒星系に属する12の主なる惑星で構成された小宇宙、ヴィスペラード。そこには、マーズ、ウュリア、ゾリアスの3つの国家があった。3国は国力と人口を支えるために他の惑星への植民を奨励。人々は先を争って新天地を求めて宇宙へと進出していった。しかし、植民惑星争奪戦が、辺境の未開惑星から勃発。ついには、三つ巴の大規模な宇宙戦争へ発展しようとしていた。


alshark-fmt_001.png
新天地の一つ、植民惑星ホムのコスマの町に住む「シオン・アスマーン」が、ガールフレンドの「ショーコ・ペンローズ」に誘われ、落下した隕石を見に行くところから始まります。

隕石が落ちた場所は、北にあるザクセンキャニオン。向かう前に町周辺で少しレベル上げてすね。体力が減ったらシオンの母親に話しかけて回復です。


alshark-fmt_003.png
戦闘では主にアタックか特殊能力を選び、敵にカーソルを合わせます。アタックなら剣や銃など装備している武器で攻撃、特殊能力は秘力やESPなどを使用します。仲間は自動で戦ってくれるので、命令する必要はありません。

このゲームはグローディアから独立したスタッフが中心になって作られています。エメラルドドラゴンと画面構成が似ているのはそのためです。連射できる銃などは、射線上にいる複数の敵にダメージを与えることも可能。

レベル4になりました。そろそろザクセンキャニオンへ行ってみましょう。

alshark-fmt_004.png
ザクセンキャニオン
迷路のようなになっている山を奥へ進んでいきます。町へ引き返したり、迷ったりしていたらレベル7になってしまった…。


alshark-fmt_005.png
ようやく隕石の落下地点に到着。そこには先に出掛けたシオンの父親たち調査隊のホバーとゾリアス帝国の戦闘艇が…。何か様子がおかしいと、シオンとショーコは岩陰に身をひそめて様子をうかがう。


alshark-fmt_006.png
ゾリアス兵に捕らえられていた、「ジド」と「ペンローズ博士」(シオンとショーコの父親)たちは、一瞬の隙をついて抵抗した。敵の指揮官から銃を奪い取ろうとしたペンローズ博士の身に異変が起こる。何者かに取りつかれた様子の博士。ジドたちは銃で撃たれその場に崩れた。そして、博士はゾリアスの戦闘艇に乗り込むと、どこかへ飛び去っていった。

急いで駆け寄るシオンとショーコ。しかし、ジドは「スクラップジョーのところに行け」とシオンに伝え、「アルシャーク」という言葉を最後に息を引き取った。

コスマの町に戻るとシオンの母親「ルシア」の姿はなかった…。家庭用ロボットの「カル」に聞いても行き先はわからないようだ。カルをパーティに加え、シオンとショーコは旅立つことになる。


alshark-fmt_009.png
西にあるハマックの町で装備を整え、南にあるダストでジョーをパーティに加える。

ハマックの地下酒場でルシアの情報を得て、今度はホム宇宙港へ。チケットが買えず、スクラップジョーが作った船で宇宙へ出ることに…。廃坑に置いてあるジョーの宇宙船「スクラップ2世号」改め、「アトライア号」に乗り込みます。


alshark-fmt_012.png
宇宙に出たシオンたちの前に、航行不能状態の船があらわれる。それは父親たちを殺したゾリアス兵達の船だった…。そして、ゾリアスの船に乗り込むわけですが、ここで終わりにしようと思います。


このようなSFロールプレイングゲームです。いろいろな惑星に行ったり、多くの乗り物や宇宙船が登場する、スケールの大きさが特徴です。要所にビジュアルシーンを使った、ストーリーを追っていくタイプのロールプレイングゲームが好きな方は楽しめると思います。キャラクターデザインはMSX・FANのスーパー付録ディスクのタイトルデザインもされていた木村明広さん。エメラルドドラゴンのキャラクターデザインもそうでしたね。グローディアのゲームが好きだった方には、特にオススメのソフトです。(そういう方はとっくにプレイ済みかな?)

FMTOWNS版はPC-98版の2年後に発売されました。ビジュアルシーンの一部にボイスが付いたりと、追加要素があったのはTOWNSユーザーとして嬉しかったです。もちろんゲームは面白かったし、そういう意味でも買って良かったと思えたソフトでした。(PC-98版は未プレイなんですけど、ボイス無いですよね?)

PCエンジンCD-ROM2版とメガCD版は未プレイのため、あまりよく知りませんが、移植に問題がなければ、楽しめるゲームだと思います。


駿河屋


アルシャーク | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
アルシャーク | X68000 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
アルシャーク | FM-TOWNS | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



アルシャーク | PCエンジン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



アルシャーク | メガドライブ | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋

このエントリーのタグ: FMTOWNS ライトスタッフ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
287: by DST on 2016/08/14 at 00:39:29

メガCD版の印象は「画面狭!」だったんですが、PC版の印象はどうだったんでしょう
PCのゲームでは、ステータス画面が常時表示されるものが多いんですが
画面構成的にはたいして変わらないと思うんですけどね

289:コメントありがとうございます! by shami on 2016/08/14 at 13:06:45 (コメント編集)

確かに画面の半分はステータス画面ですものね。
解像度の関係でPC版の方が多少広く感じるからかもしれませんけど、言われてみるまであまり気にしてませんでした。
このゲームをプレイした頃は、10インチディスプレイ一体型のTOWNSを使っていたので、画面全体が小さかったですけどねw

305: by on 2016/09/27 at 00:50:17

今見るとかなりしょぼいアニメーションですが、当時の私にとってはPCゲーであんなに綺麗にアニメーション出来るんだと衝撃を受けました

特にラストシーンは今でも印象強く残る程感動的でしたね

ストーリーもベタだけどそのベタについつい嵌まって結局最後までプレイしてしまいましたし個人的には好きな作品でした

続編あるかなって思ってたけど(苦笑)

308:コメントありがとうございます! by shami on 2016/09/27 at 20:04:33 (コメント編集)

要所にビジュアルシーンを入れる当時の流行りのタイプで、システム面もエメラルドドラゴンとそれほど大きく変わらない、だからこそ安心して楽しめるゲームだったと思います。設定がSFになって雰囲気が変わったのも良かったですね。

ファルコムはFMTOWNSでゲームを出してくれないし、この頃はグローディア関連のゲームを中心に買ってましたw

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR