パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

幻影都市 ILLUSION CITY

illusioncity-fmt_000.png
幻影都市 ILLUSION CITY
1991年にマイクロキャビンから発売されたロールプレイングゲーム。
機種はPC-98,MSX,X68000,FMTOWNS。メガCDにも移植されています。



※画像はFMTOWNS版

謎の地殻変動による崩壊から20年。香港シティは崩壊時の傷跡を隠すように超近代都市が築かれていた。街は企業集団SIVAによって管理・統治され、魔物が生息する下層区域、そこから隔離された上層区域の2つに分かれている。欲望と荒廃が渦巻き、魔物が徘徊するこの街を、人々は「幻影都市」と呼んだ…。


illusioncity-fmt_001.png
下層区域でダイバーと呼ばれる対魔掃討業を営む青年、「天人(ティェンレン)」のアパートに、人民警察の「美紅(メイファン)」が、一人の女の子「ホウメイ」を連れてきたところから始まる。

幻影都市といえば、ドットキャラによるリアルな動きが話題になりました。この場面でも、ソファに寝ている天人が起きて煙草を吸うといった、細かな動きを見せてくれます。

「南天リー」を名乗る男にさらわれた、ホウメイの姉「シャオメイ」を捜すため、3人は情報を求めて「シュウ老子」の元へ。


illusioncity-fmt_002.png
ところで、シュウ老子の庵ってどこにあるんだ?
このように場所や目的がわからなくなった時に「相談」コマンドを使います。なるほど、北西のビルの狭間へ行けばいいわけですね。

お店などにある端末で、地区内の施設情報などを調べることもできます。(ゲームのセーブも)


illusioncity-fmt_004.png
アパートを出た瞬間、男たちに囲まれて初戦闘!
彼らの狙いはホウメイのようです。天人はハンドガン、美紅は斬糸と、近未来設定らしい武器で攻撃。余裕で敵を排除しました。

武器の種類ごとにスキル値があって、各キャラで得意武器は違います。苦手な武器も使えばスキルが上がっていくので、装備しても損はないです。でも、最初から高いスキルの武器を使った方が良いでしょうね。


illusioncity-fmt_005.png
老子の庵に到着。
会って早々、美紅のお尻をさわるシュウ老子…。スケベなじいさんですけど、人の心が読めたりその実力は本物。

どうやら、魔天教の儀式に不可欠な巫女の役目をするため、姉のシャオメイは連れていかれたようです。その魔天教とつながっているSIVAの中核をなす八人の術者、魔天八部衆の一人が南天リー。つまり、相手はこの街を統治しているSIVAというわけですね。

老子が言うには、魔天八部衆が持つ、8つの「ダーサの像」をみつけることで、天人の過去が明らかになり、力を手に入れることができるらしいが…。これがどういう意味なのかは、ゲームを進めるしかなさそうです。


illusioncity-fmt_006.png
老子がこいつを連れていけと「アイザック」が登場。
口癖は「ギッチョン、ギッチョン」一瞬、スナッチャーのメタルギアかと思ってしまった…。

ホウメイを老子に預け、天人たちは「アイレン」に会うため、桃源酒家へ向かいます。そして帰り際にまたも美紅のお尻をさわる老子。


ここで場面は切り替わり…
illusioncity-fmt_007.png
南天リーがいる幻影城
眠っているシャオメイを見て、南天リーは何を思っているのか…。敵である魔天八部衆たちにもそれぞれドラマがあって、その様子を垣間見れます。


illusioncity-fmt_009.png
桃源酒家の奥にあるVIPルームへ。店のマダム・アイレンからSIVAや南天リーについて聞きます。

最近、南天リーの専用車を西政区で見かけるらしい。アイレンから未登録の「IDパス」を受け取り、天人たちは西政区を目指す。


illusioncity-fmt_010.png
EV(エレクトリック・ビークル)に乗って、西政区の下層区域、クーロン地区へ移動。


再び場面は切り替わり…
illusioncity-fmt_011.png
樹羅地区・魔天教演武堂
ちょうどその頃、魔天教の最後の儀式が始まろうとしていた。


クーロン地区に到着。
西政区へ行くエレベーターに乗るには西政区のIDパスが必要。まだ未登録のIDパスしか持っていないため、エレベーターは使えません。そこで、無法地帯にある廃棄エレベーターで西政区へ上がり、そこにある端末を使って登録してしまおうというわけです。(他人の名前を勝手に借りて登録)


illusioncity-fmt_012.png
市街地の南に無法地帯(デンジャーゾーン)がありました。
ようやくここからロールプレイングゲームらしくレベル上げ。白い霧みたいなのが敵で、触れると戦闘になります。

ここからは、お金を貯めて武器防具を買ったり、宿屋に泊まって回復など、他のゲームと同じ。銃などの武器は弾が減ってきたら補充を忘れずに。なんて言っているそばからアイザックの機銃が弾切れだ…。よく見たらアイザックは1回攻撃するだけで、ライフル弾を10発も消費してる!こんな序盤から高価な弾を豪勢に使っていたとは…。あまり攻撃させない方が良さそうです。

無法地帯を通り、廃棄エレベーターに乗り込みます。


そこで場面は切り替わり…
illusioncity-fmt_014.png
西政区、SIVA本社ビル
魔天八部衆の一人「西天フェイ」と科学者でフェイの側近「リュウケイ」の会話。



illusioncity-fmt_015.png
エレベータを降りて今度は階段で上へ。


illusioncity-fmt_016.png
ようやく西政区の端末の所に来れました。ここで「ボーダー登録」をします。クーロン地区と西政区を行き来するエレベーターが使えるようになります。(これで無法地帯を通らずに市街地へ戻れる)登録を終えたら北にあるSIVA本社ビルへ。

ビルに入ると、ちょうど南天リー、西天フェイ、リュウケイの姿が…。
「シャオメイを返していただけるかしら?」
美紅がリーに近づいて声を掛ける。もちろん素直に返してくれるはずもなく…

illusioncity-fmt_018.png
リーの力の前に成す術なしの天人と美紅
アイザックが天人たちを守ろうと前に出るが、フェイに破壊されてしまった…。そのまま二人は捕らえられてしまいます。

牢屋に入れられた天人は、謎の男「カイ」に助けられます。美紅を捜すため、SIVAビルの探索を始めると、そこへシュウ老子があらわれて合流。

警備ロボットを倒しながらビル内を進む。社長室で西天フェイと対決になるわけですが、ここで終わりにしておこうと思います。(フェイと対決までやるつもりが、そこまでがあまりにも長かった…)


古さと新しさが入り乱れている、近未来の香港の雰囲気がとても良いですね。グラフィックは丁寧に描き込まれていて、逆に見づらい場所もあるくらい…。このゲームの見所は、上の方でも書いた、ドットキャラによる凝った演出です。細かな動きで見事に表現していて、よく作ってあるなと感心してしまうほどです。主人公の天人たちはもちろん、敵である魔天八部衆の奥深い人間関係が楽しめる、ドラマ性の高いゲームです。演出が多くテンポの悪さはありますが、マイクロキャビン渾身の作品ですので、ぜひプレイしていただきたいと思います。


実はこのゲーム、最初はMSXturboR版の中古を買ったんですよ…。ゲームを買いすぎていた頃で、積みゲーになってしまい、半年後くらいにようやくプレイ。普通に面白くて順調に進めていました。終盤に差し掛かり、画面の指示に従ってディスクを交換すると…

読み込んでくれない!

どうやらフロッピーディスクが壊れていたみたいです。今さら返品は出来ないし、なによりここまで進めておいてそれはないよと…。それから1年以上後に、FMTOWNS版の中古を見つけて買い直しました。こちらもディスク8枚組だったから、また壊れていないか心配しながらプレイした記憶があります。出来ればCD-ROMで発売して、何か追加要素を入れて欲しかったですね。

メガCD版も持っていますが、いつかやろうと思いながら、ずっとそのままになっています。今回どちらでプレイするか悩みましたが、このブログにはTOWNS版の方が合っているかなと…。ちなみにイメージ化したディスクに、当時のセーブデータが残っていて、レベル39でクリアしてました。次にやる気になった時は、メガCD版をやってみようと思います。



駿河屋



幻影都市 | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
幻影都市 | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
幻影都市 | X68000 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
幻影都市 | FM-TOWNS | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



幻影都市 | メガドライブ | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋

このエントリーのタグ: FMTOWNS マイクロキャビン

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
281: by DST on 2016/08/03 at 17:35:31

ドット絵のキャラクターが、小さいながらも細かい動きをするのが特徴でした
メガCD版は、解像度が低いのですが、それでも何をしてるのかがわかるように動いていました
個人的にサイバーパンクの世界観が好きなのですが・・・・内容忘れちゃってるな・・・
また遊んでみようと思います

282:コメントありがとうございます! by shami on 2016/08/03 at 21:01:02 (コメント編集)

MSX版も解像度は低いけどよく動いていたという印象です。
turboRでもゲームが少し重かったけど…。
面白かったという記憶はあるのに、なぜか内容をあまり覚えていないんですよね。
私の場合、ちょうどいろいろなゲームをやっていた時期だからかもしれません…。

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR