パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

イースⅢ ワンダラーズ フロム イース

イースⅡの発売から1年近くが過ぎたある日

かすかな風が吹いていた
小さな木の葉をふるわす音だけが、
彼の耳をくすぐり、通り過ぎていった
彼の名は、アドル…

こんな広告を目にしました。そう、このゲームの発売が決まったのです!(私がプレイしたのは半年後でしたが…)

イースⅢ ワンダラーズ フロム イース

1989年に日本ファルコムから発売されたアクションロールプレイングゲーム。イースシリーズの3作目。赤毛の剣士アドル・クリスティンの冒険ファンタジー。オリジナルはパソコンゲームでPC-88,PC-98,MSX2、少し後にX68000でも発売。ゲーム機ではファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ、プレステ2など、多くの機種に移植されました。

続編といってもイースが舞台の物語はイースⅡで完結しています。そのため、ワンダラーズ フロム イース(イースからの放浪者)という、外伝的なストーリーでした。


ys3-88_000.png

イースでの冒険から3年アドルは親友のドギと国から国へ放浪の旅を続けていたそんなある日、ドギの生まれ故郷の不吉な噂を耳にする…

このオープニング画面もそうだったように、多重スクロールが話題になりましたね。


ys3-88_001.png

こうしてドギの生まれ故郷であるレイモンドの街へ。近くにある採石場で成り立っている街です。


ys3-88_002.png

ドギと街の中へ。ここでタイトルが表示されます。


ys3-88_003.png

今回のヒロインはこちらのエレナ。彼女の兄が物語に大きく関わってきます。

ドギは先に宿屋へ行ってしまい、アドルが一人で街を見物していると、なにやら人だかりが…。採石場で坑夫たちが魔物に襲われ、街の責任者であるエドガーさんが逃げ遅れたようです。エドガーさんを助けるため、ティグレーの採石場へ向かいます。おっと、その前に武器と防具を買っておきましょう。ショートソード、レザーアーマー、ウッドシールドを買って装備しました。


ys3-88_004.png
ここがティグレーの採石場。
最初は魔物を倒して経験値稼ぎですね。

あら、いきなりゲームオーバーになっちゃいましたw
久しぶりのテンキー操作だったせいか、敵に突っ込んでしまった…。セーブしていなかったから最初からやり直しに。

まだコントローラーを持っていなかった時期で、テンキーで操作していました。大変ながらもなんとかやっていましたが、やっぱり操作しづらくて…。そんな時に、マスターシステムのコントローラーがPC-88で使えると聞いて、友人から借りてきました。ところが、十字キーは反応するけど、ボタンがまったく効きません。配線の問題だと思いますが、コントローラーでアドルを動かし、キーボードで攻撃とジャンプをやっていました。当然やりにくかったので、すぐにテンキーだけの操作に戻しましたけどね…。自分でもよくクリアまでやったなと思います。

そういえば、今はUSB接続のプレステコントローラーがあるのを忘れていました。今回はこちらでやりましょう。もう、アクションやシューティングをテンキーでやるのは無理そうですから。


ys3-88_010.png

ダメージを受けて危なくなったら外へ出て体力回復。放置で少しずつ体力が回復するのを見て「イースだな」と実感した記憶があります。

ちなみにここの曲「翼を持った少年」が大好きです!リメイク版の「フェルガナの誓い」では、フィールド曲として使われています。これを聴くとテンションが上がって、フェルガナではノリノリで戦ってました。

レベル3まで上げました。そろそろ奥へ進んでみましょう。


ys3-88_005.png

タテ穴にいる敵の攻撃が痛くてHPが残り2に…。急いで採石場の外へ出て回復。ついでに街でチェインメイルを買ってきました。すると被ダメが激減。レベルアップや装備ひとつで劇的に変化します。


ys3-88_006.png

宝箱から「パワーリング」を入手!
アイテムを入手した時の効果音がいいですよね。携帯メールの着信音にしていたのを思い出します。

イースⅢのリングは装備中、少しずつRING(魔力みたいなもの)が減っていくので、ずっと装備しているわけにはいきません。

横の扉は鍵が掛かっていたので、反対方向へ進んでさらに奥へ。途中で「ボブのペンダント」を入手しました。この採石場で亡くなった坑夫のものです。街へ戻った時、母親であるアイーダおばあさんに渡してあげましょう。


ys3-88_007.png

高圧的な態度の青年が登場。ご存じだと思いますが、こちらがエレナの兄、チェスターです。

この場面にちょうどやってきた、坑夫のデューイから「倉庫の鍵」を受け取りました。倉庫にこの採石場で掘り出された剣があるそうです。エドガーさんが隠れている場所は、さらに強い魔物がいて、その剣でないと倒せないらしい。

戻るついでに街へ行って、アイーダおばあさんにボブのペンダントを渡します。もう、二度とあんな悲劇は起こしたくないと「シールドリング」をくれました。

再び採石場へ行って、今度はタテ穴の右上から倉庫へ。ボス戦の予感…。パワーリングを装備してから入ります。


ys3-88_008.png

最初のボス戦!
アドルの真上に剣を降らせながら、左右にワープするような動きをします。

3回目の挑戦でようやく倒せました。ほふく前進しながら攻撃すると剣をかわしやすかったです。


ys3-88_009.png

「ロングソード」を入手!
この剣を装備してエドガーさん救出に向かうわけですが、ここで終わりにしておきます。

エドガーさん救出後、舞台はイルバーンズの遺跡、再びティグレーの採掘場、エルダーム山脈と移り、バレスタイン城でクライマックスを迎えます。


中学生時代、パソコンゲームで特に欲しかったのがザナドゥとイース。ファミコン版のイースを除けば、どちらもプレイする機会はないまま高校生になってしまいました。そして、PC-88を買ってすぐ、テクノポリスでイース最新作が発売されると知って、とても興奮した記憶があります。

見降ろす視点から横視点に変更されてしまい、当時は賛否両論だったと思います。まあ、最初はイースの続編として作っていなかったそうなので、前作と違っていて当たり前だったわけですが、そんな事情はユーザーが知るところではありません。前作のイースが好きな人からすれば、続編で同じシステムを求めて当然だと思います。私はファミコン版のイースしかプレイしていなかったせいか、そのような感覚はあまりなくて、「リンクの冒険」みたいだなと思った程度です。そんなシステムの違いなんかより、PC-88でイースをプレイしているって喜びが大きかったですからね。

普通に横スクロールアクションのゲームと考えれば、水準以上の出来だったのではないでしょうか。多重スクロールはもちろん、グラフィックや音楽も良かったですし、これはこれで面白かったと思います。イースⅡほどの感動はなかったにしろ、さすがファルコムといった内容でした。

2年後にPCエンジンの「イースⅠ・Ⅱ」でようやく前作をプレイしました。このPCエンジン版の出来がとても良くて、「イースⅢ」の方も買ってみました。概ね満足でしたが、せっかくボイス付きになったのだから、前作みたく会話中に主要キャラのアップ絵を表示して欲しかったですね。グラフィックは解像度の関係もあるし、こんなものかなといった感じです。私にとってはコントローラーでプレイできたのが一番の違いでしたけど…。

あと、ファミコン版が出ているのを知らずにいて、たまたま中古ショップで見つけた時に買ってしまいました。こちらもファミコンへの移植だと思えば普通に良かったと思います。


イースⅢの現状を調べてみました。(フェルガナの誓いを除く)

やっぱりプレイするならオリジナルのPC-88版,PC-98版ですが、すでに所有している方以外、実機環境を整えるのは難しいと思います。たとえ環境が整ったとしても、今度はフロッピーディスクの経年劣化が心配です。これはMSX版、X68000版を含めた、すべてのパソコン版に言えることですね。

そうなると実機ではありませんが、ProjectEGGのPC-88版,PC-98版が価格も安くて無難でしょうか。MSX版は動作が遅くて解像度が低い、X68000版はアクション性が増して難易度が高めと、それぞれ問題点はありますが、これらの機種に思い入れがある方なら良いと思います。また、Windows版「イースVI~ ナピシュテムの匣 ~」に同梱されていた「イース大全集 ~Ys complete works ~」も特別に配信されているようです。こちらはイース1~5までが収録されており、1~3がPC-88版、4と5がスーパーファミコン版です。ただ、ProjectEGGの欠点は、昔と違って月額500円+コンテンツ購入代金になったことです。そのため、どうしてもレンタルしているように感じてしまいます。

ゲーム機の場合、中古価格の安さならスーパーファミコン版だと思いますが、バックアップ電池の消耗が心配です。PCエンジン版、メガドライブ版は高騰気味(?)のようですし、プレステ2版が無難に思えます。プレステ2版はタイトーから発売されていますが、ゲームの出来はどうなのでしょう?未プレイのため、詳しいことはわかりませんが、X68000版をベースに多くのアレンジが加えられているとありました。他にはアーカイブスでダウンロード販売があるゲーム機をお持ちなら、そちらで購入するという方法もありますね。

※追記(2016-09-22)
訂正について
記事作成時、駿河屋にはなくて、Amazonを見たら中古が数千円だったのでこのように書いてしまいました。その後、駿河屋を見たら入荷しており、価格は他機種よりも安かったです。中古価格は常に変わりますし、店によって違いますから、値段については書かない方が良かったですね、申し訳ありません。


現状はこんなところでしょうか。
プレステ2版が気になってついでにいろいろ調べてみました。

※追記(2016-09-22)
タイトーのプレイステーション2版やりました!(感想はこちらのページ


駿河屋


ワンダラーズ フロム イース | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
ワンダラーズ フロム イース | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
ワンダラーズ フロム イース | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
ワンダラーズ フロム イース | X68000 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



中古PCエンジンCDソフトイースIII



中古メガドライブソフフトワンダラーズ フロム イース



中古スーパーファミコンソフトイースIII ワンダラース フロム イース



中古ファミコンソフトイースIII (箱説あり)



中古PS2ソフトイースIII ~ワンダラーズ フロム イース~


リメイク版の「フェルガナの誓い」はこちらから
フェルガナの誓い | 通販ショップの駿河屋


サントラなどの音楽CDはこちらから
通販ショップの駿河屋



ネタがなくなった時のために、あえてイースⅢを残しておいたんですが、イースⅧが発売されたので記事にみました。今じゃすっかりハンディゲーム機のイースですね。

このエントリーのタグ: PC-88 ファルコム

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
279:No title by DST on 2016/07/26 at 20:16:03

イースⅢは、MSX版でクリアしました
友人がクリアした後で借りてでしたので、詰まったところでアドバイスが貰えたのが大きかったです
後にメガドライブ版を購入・・・・MSX版よりも手応えがありました
しっかりLV上げしていないと苦戦する難易度でした
ファミコン版もありましたが、移植に驚いたのは「Ⅱ」の方ですね
OPのアニメーションは、カットしたら不評だろうし、再現が難しいとと思っていましたから

280:コメントありがとうございます! by shami on 2016/07/26 at 23:07:59 (コメント編集)

メガドライブ版はやったことがありませんが、難易度が少し高いようですね。
私もファミコン版の「Ⅱ」はうまく移植されていたと思います。
「Ⅰ」のような変なアレンジがなかったところも良かったです。

304: by on 2016/09/27 at 00:40:00

イースⅢ懐かしいですね
小学生の頃に兄に黙って兄のPCを勝手に拝借しよくプレイしてました

剣を突き刺す度『サクサク』『カカカカ』という効果音や何よりあの格好いいBGMが今でも鮮明に甦ります

余談ですが、同名のゲームブックに嵌まる程当時はイースⅢにどっぷり魅了されてましたね(苦笑)

唐突に顕るエレナちゃん最高w

307:コメントありがとうございます! by shami on 2016/09/27 at 19:14:49 (コメント編集)

パソコンではこれが初めてのイースだったので感動ものでした。ファルコムのゲームは音楽や効果音も良かったですよね。ゲーム中、魔物だらけのダンジョンの奥にエレナがあらわれた時は「どうやってここまで来たんだ!?」と思ってしまいましたw

ゲームブックとはまた懐かしいですね。ポートピア連続殺人事件やディーヴァなど、中学生時代はファミコンやパソコンゲームが原作のゲームブックをよく買っていました。

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR