パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

すわいん

みんながぶたになっちまう!!
みんながぶたになっちまう!!
みんながぶたになっちまう!!
大事なことなので3回言いました

すわいん


子供の頃に「ドラクエのようなゲームを作ってみたい」と思ったことはありませんか?

私が中学2年生だった、1987年。

1月のドラゴンクエストⅡを皮切りに、ファイナルファンタジー、女神転生といった今も続く人気シリーズが発売された年です。
他にもヘラクレスの栄光や、パソコンからの移植作である、ウィザードリィ、ウルティマ、覇邪の封印。
ファミコン初のバックアップ機能を搭載した未来神話ジャーヴァス、同じタイトーのミネルバトンサーガもこの年でした。

そんなファミコンでRPGブームが起こった時代です。
(これらのソフトは全部買ってるな…)

ある日、本屋でMSX・FAN(1987年6月号)を立ち読みして、1つのゲームに衝撃を受けます。
1987年7月号でした。記憶違いだったようです、申し訳ありません。
それは市販ソフトではなく、ファンダム(投稿プログラムコーナー)に掲載されていた「すわいん」というRPG。

suwain_00.png
掲載号は捨ててしまったので、1995年2月号より

ドラクエか、はたまたロマンシアのパクリか! と書かれてます^^;
(ドラクエのような画面&ロマンシアのようなブタって意味だと思う)

「まるでドラゴンクエストじゃないか…!」
「MSXでこんなゲームが作れるのか!?」
いつかドラクエのようなゲームを作ってみたいと思っていた私には衝撃的でした。
MSXを持っていないのに、MSX・FANを買ってしまったくらいです。


この「すわいん」と光栄の「三國志」の存在で、MSXを買おうと強く思うようになります。
そして、半年後にMSX2(FSA1)を購入。
試しに投稿プログラムを打ち込んでみると、キーボードに慣れていないせいで、とにかく時間が掛かる。
そして、入力ミスから [Syntax error] を連発。
1画面プログラムと呼ばれる短いリストのゲームでさえ大苦戦。
すわいんのような大作プログラムを打ち込むなんて、当時の私にはとても無理でした。

月日は流れ、メインPCは MSX2 → PC-88 → FMTOWNS と移行。
この間にMSXturboRを購入しますが、MSXをさわる回数は減り、たまに市販ソフトで遊ぶ程度。
MSXで投稿プログラムを打ち込む事はなくなりました。

1993年、「ディーヴァ~ソーマの杯~」が付録になっていたのをきっかけに、再びMSX・FANを買うようになります。
そして、1995年の2月号の付録ディスクにMファン・グラフィティとして「すわいん」が収録されていました。


suwain_01.png
このゲームを目にしてから8年、ようやくプレイできたというわけです。
(それも20年前の事になってしまいましたが…)


suwain_02.png
ドラクエのようなマップ画面!


suwain_03.png
敵はブタ


作者はTEIJIROさん。
80年代にMSXの投稿プログラムで多くの作品を生み出した有名な方ですね。
当時、同級生にプログラムポシェット(テクノポリス別冊)のMSX作品だけを集めた本を貰ったんですが、掲載されているTEIJIROさんの作品の多さに驚きました。



こちらは同じ号に収録されている…

mamono2_01.png
TPM.CO SOFT WORKSさんの「まものクエストⅡ



mamono2_02.png

1989年9月号に掲載された大作RPGで、シリーズ2作目。
(どちらかと言えば、1作目の方が思い出深いけど)
リストが長くて打ち込めなかったゲームの1つです。
テクノポリスを買うようになってから、MSX・FANは立ち読みだけだったんですが、掲載号は買ってしまいました。
こちらもやっとプレイできて嬉しかった!


あとプログラムポシェットといえば、YUKIさんの「ロットロットロット」が有名です。
アーケードやファミコンゲームになった「ロットロット」の元となったゲームでした。
もっとも、私がそれを知ったのは本を貰った後ですが…。


数ある投稿プログラムで、私が遊んだものはほんのわずかです。
それでも、掲載されているゲーム画面やイラストを見て、どんなゲームか想像するだけでも楽しめました。
苦労して打ち込んだあの作品、プログラム技術に驚かされたあの作品…。
当時のPCユーザーには、市販ゲーム以上に思い出深い投稿ゲームがあるのではないでしょうか。


この記事を作っていたら、夏期講習へ行く時間ぎりぎりに、ようやく「A WATER PIPE」(TEIJIROさんの作品の1つ)のプログラムを打ち終えて、急いでカセットテープにセーブしてから塾へ向かった、そんな中学三年の夏の日の事を思い出しました。

私にはあのくらいの長さのリストを打つだけで精一杯だったよ…。



MSX・FAN | 通販ショップの駿河屋


このエントリーのタグ: MSX

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
188: by DST on 2015/02/07 at 20:59:52

自分で入力するとエラーだらけなんだよね
PC8001の頃はBASICで簡単なシューティングゲーム(インベーダーの簡易版みたいなの)を入力してたけど、やっぱり動くようになるまでが大変だった
(カセットテープに保存してたのが懐かしい)

友人がファミリーベーシックで「ドラクエ復活の呪文ジェネレーター」を入力してたのが懐かしい
(結局入力が遅すぎて終わる前に諦めてたという)

189:コメントありがとうございます! by shami on 2015/02/08 at 23:11:30 (コメント編集)

おお、PC-8001ですか!
初めてさわったパソコンがPC-8001でした。
当時はインベーダーもどきのゲームがたくさんありましたよね。
テープの「ピー、ガーーー」の音が懐かしい…。

高校に入ってからは、投稿プログラムを打ち込むよりも、授業用に買わされたカシオのポケコンを使って、テクノポリスやベーマガを参考に、BASICで簡単なシミュレーションゲームなんかを作ってました。
それを何人かのクラスメイトが喜んで遊んでくれたので、作る楽しさも少しだけ味わえて嬉しかったです。

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR