パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 最新100エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

地球戦士ライーザ

哀・戦士たち……
お前の墓標は俺の胸にきざむ。

地球戦士ライーザ

今回はエニックスのSFロールプレイングゲーム「地球戦士ライーザ」です。
1985年にパソコン用ゲームとして発売されました。
ちなみに最初の言葉はMSX版の広告に使われていたキャッチコピーです。(カッコイイ…)


1985年~1986年は私がパソコンゲームの存在を知り、パソコン雑誌を夢中で読み漁っていた頃です。
ザナドゥ、夢幻の心臓Ⅱ、ハイドライドⅡ、ザ・スクリーマー、コズミックソルジャー…
パソコンには魅力的なRPGがたくさんあって憧れました。
このライーザもそんなゲームのひとつです。


当時はパソコンを持っておらず、先にプレイしたのはファミコン版。
(パソゲーの有名作が移植されると大抵買ってたなぁ…)
1987年に「銀河の三人」のタイトルで任天堂から発売されます。
タイトルだけでなく、ゲーム内容も色々と変わっていました。

キャラとパッケージのデザインが永井豪さんに変更。(内容を知らずに描いたとしか思えない…)
各惑星にシェルター(ダンジョン)を追加。
お金の概念が追加され、武器やエネルギーを購入できるようになった。
リミが超能力で一緒に戦ってくれる。(攻撃、回復、支援)

このように追加要素がたくさんありました。

そして、効果音だけのPC版と違って、ファミコン版はBGMがあります。
特に戦闘中の曲が良かったですが、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のライディーンにそっくりという…。
(これは有名ですね)
音楽はYMOの高橋幸宏さんだから問題ないのでしょうけど、反則みたいなものですよね。

敵が多い時に先制攻撃されたり、攻撃ミスをするとたちまちピンチになる等、少し難易度は高めでしたが、なかなか面白いゲームでした。
早々に値下がりして新品980円で売られていたのが不思議なくらいです。

ただ、当時から気になっているのが、敵キャラのデザイン。
昆虫のような姿から、脳みそのようなものまで…
色々とありますが、ガルム人って基本的に姿は人間と同じ(人型)はずですよね?
(帝王ウェライが40mもある巨人だったからなんとも言えないが…)
あれが戦闘機で搭乗しているというなら、敵キャラの形はなんでもありですけど…
そうなると今度はガルムの卵や抜け殻ってなに?と思ってしまうわけです。
戦闘機が卵から生まれたり、脱皮するってことになってしまいます。
シリアスなストーリーなだけに、ファミコン版のいい加減さが気になりました。


この数年後にPC-88版をプレイ。
やっぱり、グラフィックは真島真太郎さんデザインのパソコン版が良いです!
ニュータイプSFアニメロールプレイングと名付けられたように、敵メカの登場や戦闘のシーンはアニメ効果が採用されています。
敵の攻撃でビームが破壊されたりするため、接近戦のコマンドもあったりします。
(ビームやシールドは敵が落とした物を装備していく)
ファミコン版と比べてあっさりした内容ですが、1985年に発売されたとは思えない作りでした。
当時、難しいものが多かったパソコンゲームの中で、めずらしく簡単なゲームです。


ライーザといえば、衝撃のラストシーン!
結末はファミコン版も同じですが、パソコン版はCGが数枚表示され、より感動的になっています。
きっと当時のユーザーの胸には、あのラストシーンが刻まれていることでしょう。
私もリアルタイムでプレイしたかったです…。


駿河屋


地球戦士ライーザ | 通販ショップの駿河屋



銀河の三人 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


攻略本はこちらから
銀河の三人 | ゲーム攻略本 | 書籍 | 本 | 通販ショップの駿河屋

このエントリーのタグ: ファミコン PC-88 任天堂 エニックス

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR