パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

蒼き狼と白き牝鹿

蒼き狼と白き牝鹿

今回は光栄のシミュレーションゲーム「蒼き狼と白き牝鹿」です。
1985年にシリーズ1作目が発売されました。


1988年の初めになるだろうか…。
ようやくMSXを買って、とにかく色々なゲームをやってみたかった頃です。
友人がMSX版の蒼き狼と白き牝鹿を持っているというので、家でやろうという話になりました。
ちなみに「蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン」ではなく、カセットテープ版の「蒼き狼と白き牝鹿」の方です。

まだデータレコーダーを持ってなくて、中学入学祝いに親が買ってくれたWラジカセを繋いで使いました。
それまで専用のデータレコーダーが必要だと思っていたくらいだから、カセットテープのゲームはこれが始めだったと思います。
ロードに時間がかかると言うので、そのまま放置して友人と近所の駄菓子屋へ。

駄菓子屋から帰ってくるとロードが終わっていました。
[F5](RUN)で実行すると蒼き狼と白き牝鹿と表示され、タイトルの下を騎馬が走る。
たったそれだけですが、今でも覚えているくらいだから、感動していたのだと思います。
さっそく始めてみようとキーを押すと、ゲームはそこで止まってしまった。
エラーが出て止まったと思うけど、はっきり覚えていません。

友人が持ってきたテープはコピー品だった気がするから、ダビングに失敗していた。
単にテープが劣化してデータが正常ではなかった。
家のラジカセでは正常にロードできなかった。

理由はわかりませんが、時間的にもう一度ロードしてやり直す気になれませんでした。
こうして、シリーズ1作目の「蒼き狼と白き牝鹿」はタイトル画面を見ただけで終わりました。


その数ヵ月後にMSX2のROM版「蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン」を借りました。

三国志、信長の野望はMSX版だったので、MSX2のグラフィックの良さに驚きました。
付属の本(ガイドブックのようなもの)が面白くて夢中で読んだのを覚えています。
歴史の教科書なんてまるで読む気にならないのに不思議なものです。
中学3年生という、大事な時期だったのにやり込んでしまいました…。
モンゴル編はテムジンで統一、世界編は途中で返してしまったので未クリアです。
(世界編はビサンツ帝国のアレクシオスでプレイ)


三国志、信長の野望と合わせて歴史三部作と呼ばれた中では、今一歩だったようですね。
1999年に発売されたシリーズ4作目の「チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV」が最後となっています。
小説、漫画、ドラマ、映画、これらと合わせて物語をより深く知ると、更に面白くなるのが歴史シミュレーションゲームです。
日本の歴史である信長の野望、日本でも大人気の三国志、この2つと比べて馴染みが薄いですから仕方ないかもしれません。


でも、このシリーズはあの国の姫が可愛いから欲しいとか、そんな理由でやる気が出ますよね!


駿河屋



蒼き狼と白き牝鹿 | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
蒼き狼と白き牝鹿 | PC-9801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
蒼き狼と白き牝鹿 | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
蒼き狼と白き牝鹿 | X1/turbo | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
蒼き狼と白き牝鹿 | X68000 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
蒼き狼と白き牝鹿 | FM7/77 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



蒼き狼と白き牝鹿 | ファミリーコンピューター | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋

このエントリーのタグ: MSX 光栄

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR