パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

王宮騎士物語 テンプルマスター

24年前、テクノポリスを読んで、「欲しい!」と思ったソフトがありました。

王宮騎士物語 テンプルマスター

メーカーは日本コンピュータシステム。
当時の代表作はエルスリード、ガイアの紋章、ガイフレームのシミュレーションゲーム。
(私がやったことがあるのはエルスリードのMSX版くらいか…)
メサイヤのブランド名でPCエンジン等のゲームを発売していたところです。
こちらの名前なら知っている人も多いと思います。
シュビビンマンやラングリッサー等が有名ですね。


これが当時の紹介記事。

templemaster-01.png
テクノポリス 1990年4月号

ここ数ヶ月で特集して欲しいゲームの上位に君臨していたらしい。
覚えている人も多いのではないでしょうか。


アーサス地方にあるバラスという国。
この国が聖戦と称して、隣国を武力制圧し始めたとこから物語は始まる。
バラスには「インペリアル・ナイツ」と呼ばれる騎士団があり、彼らの力によって次々と領土を拡大。
最後に残ったティオリアは自国の騎士団「テンプルマスター」が国を守ったが、インペリアル・ナイツに敗北。
こうしてティオリアは滅亡し、バラスがアーサス地方を統一した。
しかし、テンプルマスターの卵たちは死に絶えていなかった。
まだ幼い彼らたちは、打倒バラスと祖国の復興を目指し、立ち上がったのである。

だいたいこんなストーリーのロールプレイングゲーム。


第5世代のRPGが誕生する!?
とあるように、記事には新システムの説明がありました。

フルタイムシミュレーションシステム
フィールドを移動中に敵と遭遇して戦闘画面になるのではなく、フィールド上に敵がいてそのまま戦う。
イースのようなアクションではなく、こちらが動かなければ敵も動かないとあります。

リーダーだけを動かして、残りのメンバーはそれに追随するディレクト&スーパーヴァイズモード。
メンバー全員を個別に移動させるディヴィジュアルオーダリングモード。
(なんだかすごいネーミングだと書かれている^^;)
プレイヤーはこの2つのモードを使ってキャラクターを操る。

ランダムミッションシステム
ストーリーは一本道ではなく、ランダムに展開していくとあります。
クエストの「どこで」「何を」「どうする」がランダムで決まり、その後の展開も違ってくる。
つまり、大筋のストーリーは存在するが、その過程にある小さなストーリーはプレイするたびに変わるわけです。



ライバルとなるインペリアル・ナイツも良さげでした。
キャラクターデザインはうらべすうさん。
5人しか紹介されていなかったが、15人いるとの事。
ちょうど週刊少年ジャンプで「BASTARD!!」が地獄の鎮魂歌編をやっていた頃で、私はこれに出てくる12魔戦将軍をイメージしてました。
(週刊では中断して季刊で再開って時だった気もする…)


このような記事を読んで欲しくなったわけですが、発売予定の機種はPC-98、PC-88VA、X68000、FMTOWNS。
PC-98は3月下旬発売予定で他は未定となっている。
しかし、当時の私が持っていたのはPC-88とMSXのみ。
いつかPC-98を買ってプレイしようと思い、この時はあきらめた。


それから4年後くらいに中古のPC-9801DSを購入。
ゲームショップへ行くたびにテンプルマスターを探したが、一度も見かけることはなかった。
PC-98を買う前も見たことがない…。

ちょうどその頃、何度か東京へ行く機会があって、向こうなら売っているだろうと探してみた。
(1994年~1996年頃です)

まず、東京の友人宅へ遊びに行った時に秋葉原へ。
パソコンショップを見れば中へ入ったが、どこにもテンプルマスターは売っていなかった。
結局、別のソフトを買って帰った。

Sweet Emotion MSX版 (ディスカバリー)

エロゲーである。(380円だった)

余談になるが、店内にいた時、外が騒がしくて何事かと思った。
すると「オウムが来た!」という声が聞こえ、店の外へ出てみると、白装束の人たちが数名…。
当時、ワイドショーを騒がせていた、オウム真理教の人たちでした。


翌年にも友人の所へ遊びに行った。
地下鉄サリン事件があった少し後で、改札口に警備員が立っていたのを覚えている。
また秋葉原へ行ってみたが、テンプルマスターはなくて、別のソフトを買って帰った。

亜紀子GOLD FMTOWNS版 (RED-ZONE)

エロゲーである。

ところが、家に帰ってやってみようとしたら起動しない。
CDのプレスミスなのか、中にデータが入っていないようでした。
20年前の事を今さら言っても仕方ないけど…
起動確認くらいしてから売ってくださいよソフマップさん!


同じ年か翌年に今度は代々木体育館へ行った。
渋谷駅まで徒歩で行ける距離だったので、日本マイコン流通センターの渋谷駅前店へ。
当時のパソコン雑誌によく広告が載っていたところです。
ビルのワンフロアに所狭しとPC本体やソフトが置かれていたが、ここにもテンプルマスターはなかった。
せっかく来たからと、別のソフトを買って帰った。

アラベスク ~少女たちの織りなす愛の物語~ FMTOWNS版 (フェアリーテール)
SEEK ~地下室の牝奴隷達~ PC-98版 (PIL)

エロゲーである。(あと2本くらい買ったけどタイトル忘れました)

ここで「沙織 -美少女達の館-」がプレミア価格になっているのを見て驚いた記憶がある。
あの「沙織事件」と言われている、万引事件がきっかけで発売禁止になったゲームです。
確か1万5千円前後で売っていて、ディスクサイズで値段が違っていた気がする。
(3.5の方が高かったと思う)
事件前に地元のゲームショップで中古を見かけた時以来でした。
ちなみに同じく発売禁止になった「ドラゴンシティX指定」はPC-88版を持ってました。

こうやって思い返すとエロゲーしか買ってないような…。
その後もテンプルマスターは見つからず、いつしか忘れてしまった。


それから10年以上経ったある日、ふとテンプルマスターの事を思い出す。
今の時代ならネットで簡単にみつかるだろうと検索してみた。

そして、ようやく知る…

このゲームが発売されなかった事を!

ムーンストーンやアンジェラス2のように発売中止になったソフトは山のようにあります。
しかし、これだけは知らずに数年間も探し続けていました…。
面白そうなゲームだっただけに残念です。
このエントリーのタグ: PC-98 NCS

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
172: by DST on 2014/11/04 at 16:16:26

発売されて無かったんですかw

僕はメガドライブ中心だったから、発売中止のソフトはわかりましたが
PCだとそういう事もあるでしょうね
流通も各社いろいろで、複数ルートがあるでしょうから

思い出の発売中止というと、メガドライブで「XDR」というレビュー最下位ソフトを作ったユニパックの「フィルディアス~風の鎮魂歌~」
ユニパック消滅後にメサイアに企画が渡り、「ソーサルキングダム」として発売されましたが・・・・グラフィックが残念で「遊んでみたら悪く無いけど買ってもらうまでが」なデキでした
他は電波新聞社の「パワードリフト」
期待は高かったのですが、やはりメガCDでは無理だったそうです

173:コメントありがとうございます! by shami on 2014/11/05 at 23:54:49 (コメント編集)

発売中止なんて考えたこともありませんでした^^;
いくら探しても見つからないわけです…。

ソーサルキングダムはパッケージのデザインからして地味ですよね。
メガドラのRPGは大抵買ってたんですが、これはスルーしてしまいました。
逆に港のトレイジアはパッケージを見て雰囲気が良さそうだからと買ったゲームです。
途中で投げて未クリア&買って後悔でしたけど…。

175:うわ懐かしいタイトル! by ネオニートさん on 2014/11/26 at 01:43:41 (コメント編集)

このゲーム、16ビット機専用ということで、当時まだPC98のRPGというとPC88の移植が多かった中、めちゃくちゃ期待してました。

ゲーム誌の記事や広告には画面も載ってたので、開発は進んでいたと思うんですが、いったい何が原因で発売中止になったんでしょうねぇ。今となっては知る由もありませんが至極残念です。

ラストハルマゲドンのブレイングレイがリリースするはずだった妖怪変紀行と並んで、めっちゃ期待してたのに出なかったゲームとして、永遠に心に刻んでこれからも生きていくつもりです(笑)

177:コメントありがとうございます! by shami on 2014/11/26 at 20:33:55 (コメント編集)

妖怪変紀行、すっかり忘れてましたが、発売されなかった日本妖怪版ラストハルマゲドンですね!

他に発売中止ソフトといえば、堀井雄二さんの白夜に消えた目撃者をやってみたかったです。
ソビエト連邦ツアー中に起こる殺人事件だったらしいですが、どんなストーリーだったのやら…。

218: by on 2015/07/24 at 10:53:56

懐かしいですね、「王宮騎士物語テンプルマスター」。
以前、当時の事情を知っている方に話を伺った事があるのですが、メインプログラマーの方がプロジェクトを抜けてしまい、その人が作ったプログラムを他の誰も引き継げなかったため、開発中止となったようです。
当時は一般消費者向けソフトはPCからゲーム機に軸足を移しつつあったので、一から開発し直す訳にも行かなかったのでしょうね。

219:コメントありがとうございます! by shami on 2015/07/24 at 23:11:59 (コメント編集)

なるほど、そのような事情があったのですね。
仕方ないのでしょうけど、私も含め、テンプルマスターに期待していた人は多かったと思いますし、そのまま中止になってしまったのは本当に残念です。
貴重な情報ありがとうございました!

439:初めまして by raksahsa on 2017/04/30 at 15:51:44

懐かしいですね。
キャラの多彩さに絶対にパソコンが欲しい!と思わせてしまった高校生時代でした。

出来る事ならキャラの設定をもっとアップでみたいですね。

実家に眠っていた書籍関連を弟に廃棄されてしまったので、せめて画像だけでも残せないかと思っている次第です…。

440:コメントありがとうございます! by shami on 2017/04/30 at 22:20:22 (コメント編集)

初めまして、コメントありがとうございます。
面白そうなゲームだっただけに発売中止は残念でしたね…。

古いガラケーのカメラしかないものですから、記事の画像でご勘弁を…。その代わりに人物紹介を簡単に書いておきます。


バラス騎士団 インペリアル・ナイツ

バイラス・イエーガー
インペリアル・ナイツの総司令。国王フェリウス・G・ヴァシュタットとは親友でもあり、インペリアル・ナイツの指揮はすべて彼に任されている。その剣、魔法の腕前は国王に匹敵すると言われている。

カバード・ルーベンドルフ
炎の剣匠と呼ばれたエムリフ・ルーベンドルフの息子。そのすべてを焼き尽くす剣の前に誰もが脅えた。カバードもその技術を受け継ぎ、今では父親以上。熱血漢である。

レオン・アルタード
代々王家に仕える家系に生まれ、小さい頃からインペリアル・ナイツになるべく、訓練を受けていた。その英才教育のおかげで魔力はアルタード家歴代でもっとも強い。

ギザロフ・ドラサール
冥界の魔王と契約し、この世を支配しようとしていた古の魔法使い。ところが、その魔王すらバラスに支配されてしまったため、彼もその配下に落ちた。彼を見た者には死が訪れるという。

シーラ・スターリング
若き女剣士。その美しい容姿に匹敵するほど華麗な剣さばきは、見ている者を魅了する。彼女の剣を見切ることは、たとえ鷹の目をもってしても不可能といわれている。

テクノポリスで紹介されていたのは、以上の5人でした。

659: by on 2017/10/27 at 22:15:37 (コメント編集)

定期的に発病する現象wなのですが、テンプルマスターという単語が急に脳裏に蘇って来るのですが、今回は何気にネットで検索してみたらこのページに辿り来ました!

毎回エロゲーを買っては家に帰ってを繰り返してたんですねw

テンプルマスターの雑誌の広告と記事(LOGINだったかな?)は自分も切り出して保管してました!w
(今は紛失してしまいましたが…)

テンプルマスターは発表された当時はこんなRPGが出るのか!と衝撃を受けた半面、これシステムを完成させるにはPCのスペック的にもゲームの仕様的にも難しいよな~とは当時思ってました。


なので、実際に発売中止になったを知った際(これもLOGINで発売日一覧に書いてあったのかな?)には、ショックは少なかったですw
(発売中止の理由は218さんが書いくれてましたが、そういった理由だったんですね、初めて知りました…)

もし発売されてたらゲームの歴史が大きく変わるだろうと思ってましたが残念の思いはありました…。

ただ、同時期?にWOLFTEAMからスパンオブドリームという若干似た様な?ゲームをプレイする機会がありましたが、システム的なバグが色々あった様でグダグダな感じ(自分はやろうとした事は好きなので評価はしますがw)の様でしたので、テンプルマスターが発売したとしても、こんな状況になったのかな?とは当時思いました。

なので、テンプルマスターの意思をついで、NCSのあずかり知らないところで、自分の手で勝手に作って完成させたい!と思った頃がありましたが、ゲームの仕様を考えてるだけで、こりゃ完成は無理だ、という結論になりました。
(今のPCのスペックと技術があれば作れるかも!?)

…すいません。
テンプルマスターの話が出来る人がいるのが嬉しくて、長々と自分の思いと想い出を書いちゃいましたw

660: by 風祭さつき on 2017/10/28 at 12:24:25 (コメント編集)

システムソフトのティルナローグを思い出してしまいました。テンプルマスターは友人が超期待していたので発売中止と知って呆然としていたのを思い出します。

661:コメントありがとうございます! by shami on 2017/10/28 at 14:09:22 (コメント編集)

659さん
せっかく東京へ来たのだからゲームを買って帰ろうと思ったんですが、何故かエロゲ―ばっかりになってしまいましたw

テンプルマスターには、これまでのRPGの常識を打ち破るようなシステムになるという期待感がありましたよね。さらにストーリーやキャラクターも魅力的で、とても楽しみにしていました。

どのようなシステムだったのかは、関係者のみが知るわけですが、紹介記事にフィールド上に敵がいて、こちらが動かなければ敵も動かないとありましたから「トルネコの大冒険」や「風来のシレン」のような戦闘システムを多人数でおこなう予定だったのかなと想像したことがあります。

ウルフチームといえば、ビジュアルシーンのイメージが強いですけど、アークスシリーズでレベルや経験値を排除したり、システムにも力を入れていましたね。ただ、それが空回りしていたのも確かですけど…。「スパンオブドリーム」はプレイした事が無いため、あまりよく知りませんが、なんとなくグダグダな感じが想像出来ますw

私も周りに当時のパソコンゲームの話が出来る人があまりいないため、このブログをやっているようなものですから、このコメントも楽しく読ませていただきました。こちらこそありがとうございます。

しかし、テンプルマスターは、発売されなかっただけに未だ想像が尽きず、頭の片隅に残り続けますね…。



風祭さつきさん
そうそう、東京へ行った時は、PC-88版のティルナノーグも探していたんですよ。秋葉原の店のワゴンセールで売っていたので、買おうと思ったんですけど、泊めさせてもらった友人が欲しそうだったので譲ってしまいました。でも、三年後くらいに地元で見つける事が出来て嬉しかったのをおぼえています。でも、先にソフトベンダーTAKERUで、PC-98版の二作目を買ってプレイしていたから、PC-88版はほどんどプレイせずに終わりました…。

テンプルマスターは、当時の期待作だっただけに、発売中止を残念に思った人は多いでしょうね。もっとも私は、発売中止を知らずに探し回ってしまいましたが…。

カレンダー

<< 02
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR