パソコン美少女ゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 最新100エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

shami

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

スナッチャー

この物語を欺瞞で満ちた世界で闘う、全ての「サイバーパンカー」に捧げる。

スナッチャー

1988年にコナミから発売されたPC用のアドベンチャーゲーム。
PCエンジン、プレイステーション、セガサターンにも移植されました。


人間を殺害し、その人物にすり替る、謎のバイオロイド「スナッチャー」
そして、そのスナッチャーを判別し処理を行う特殊警察「ジャンカー(JUNKER)」
2042年のネオ・コウベ・シティを舞台に、ジャンカーとなったギリアン・シードの物語です。



スナッチャーおもしれえ!

学校の休み時間にこんな声が聞こえた。
声の主はPC-98DOを買ったクラスメイト。
私もPC-88MA2を買ったばかりで、とにかく色々なパソコンゲームやりたかった頃でした。

そんなに面白いなら貸してくれ

こうして借りてプレイしたスナッチャーです。

今は知りませんが、この頃のコナミはシューティングやアクションゲームが中心のメーカーでした。
コナミのアドベンチャーゲームってどうなんだろう?
そう思ってましたが、まさかこれほど面白いとは…。

世界観や専門用語に慣れるのに少しかったるく感じたけど、すぐに面白くなっていきました。

敵であるスナッチャーやインセクターとの戦いは簡単なガンシューティング。
基本はコマンド選択式のアドベンチャーでも、こうした戦闘が所々にあって気分転換になりますね。
リサをスナッチしたスナッチャーとの戦いはインパクトがありました。

工場跡で音量を上げるように言われるところはプレイした人なら憶えているはず。
私は音量を上げてタイマーの音を聞いた後、すぐに下げてしまったので、爆発シーンでは大丈夫でした。

メタルギアによるギブスンの検死やゲーム後半の死体から顔を復元するシーン。
よくわからないけどなんかすごいって感じで見入ってました。
ビデオフォンやトライサイクルといった近未来設定も楽しいですね。
この頃はすぐに携帯電話が1人1台の時代が来るとは思わなかったでしょうけど…。

それから、なんでもないこのシーン。
メタルギア「ギリアン、パチンコのパの字が消えてあぶない文字になっています」
(こんな感じでしたっけ?)
パチンコ屋のネオンサインの一部が消えているのを見ての言葉です。
ギャグというだけでなく、人工皮膚のメンテナンスを行う病院を探す時のヒントにもなっているんですよね。
こうした細かいところまで考えられているのに驚きです。

ジャンカー本部にスナッチャーがいる事がわかると、ゲームはクライマックスへ。
しかし、スナッチャーの謎は解明されないまま終わってしまう。
エンディングが始まって「えっ、これで終わりなの?」って思いました。
面白かったスナッチャーの唯一にして最大の欠点は未完であったことです。


この1年半後くらいにSDスナッチャーをプレイしました。(隣の家のお兄さんが借りてきてくれた)
SDと付くだけに、キャラはデフォルメされて2頭身、メタギアは手のひらサイズ。
内容もロールプレイングゲームとなって大きく変わりました。
ACT.3が存在して、初めて完結したスナッチャーでもあります。
スクロールの重さは気になりましたが、ゲームは良く出来ていて面白かったです。
他機種のユーザーに自慢できるゲームだったと思います。


そして、ACT.3が追加されて完結すると知り、1993年頃にPCエンジン版を買いました。
声優によるボイスが追加され、主なシーンでしゃべってくれるのが特長ですね。
塩沢さんの声でランダムのカッコ良さが10倍増しになった気がします。
期待していたACT.3ですが、ただストーリーを追っていくだけで面白さはなく、いまいちでした。
完結したという意味では良かったですけどね。


ブレードランナーがモチーフとなっているスナッチャー。
その世界観とドラマのような飽きさせない展開が良かったです。
PC-88に名作アドベンチャーは多いけど、その中でもスナッチャーは特に面白かったと思います。

そういえば、数年前にようやくブレードランナーをレンタルDVDで見ました。
ネオ・コウベ・シティって、本当にあの映画の世界そのままですね。


駿河屋


スナッチャー | PC-8801 | PCソフト | 通販ショップの駿河屋
スナッチャー | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



SDスナッチャー | MSX | PCソフト | 通販ショップの駿河屋



スナッチャー | PCエンジン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



スナッチャー | プレイステーション | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋



スナッチャー | セガサターン | TVゲーム | ゲーム | 通販ショップの駿河屋


このエントリーのタグ: PC-88 MSX PCエンジン コナミ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
142: by DST on 2014/04/28 at 21:56:38

MSX版は買いましたよ
一番印象に残ってるのは
「近づいてきます。10m9m8m・・・・」
「何だ?何も見えないぞ」
「わかりました。蚊です」
ですね
その後「また蚊か?」「いいえ。ハエです」
とか
その後、友人にSSCカートリッジを持ち逃げされ、サターン版までクリアが持ち越しになったのが無念でしたが
メガCDでは北米でしか販売されなかったのが悔しかったです

143:コメントありがとうございます! by shami on 2014/04/29 at 19:49:58 (コメント編集)

ギリアンとメタルギアのやり取りも面白かったですね。
トライサイクルが暴走した時も「足を出して止める」というコマンドがあったり、今思うとシリアスなストーリーにギャグがちりばめられているゲームでした。
小島監督にはまたこういうアドベンチャーゲームを作ってもらいたいです。

144:解いたことは解いたけど。 by たかし on 2014/04/30 at 05:16:33

僕は、PC88版をプレイしましたが、結構な前の話
なので、ほとんど内容は忘れてしまいましたが、
面白かったと思います。それでは

145:コメントありがとうございます! by shami on 2014/04/30 at 19:38:46 (コメント編集)

88版が発売されてから25年も経っていますからね。
私は88版の後にPCエンジン版とサターン版をプレイしたおかげで結構おぼえているけど、さすがに細かいところは忘れてしまっているなあ…。

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

タグクラウド


検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR