アダルトPCゲームはこちらのブログでやっています
「美少女ゲーム マイヒストリー」
トップページ | 最新100エントリー一覧 | RSS購読

カウンター

プロフィール

Author:shami
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

シンプルアーカイブ

最新トラックバック

リンク

Nightshade ナイトシェード 地獄の使者

悪魔の吐息が聴こえてきます。
nightshade-msx_000.png
Nightshade ナイトシェード 地獄の使者
1986年に日本デクスタから発売されたアクションゲーム。
機種はMSXです。


ナイトシェードは悪魔の囁き。
聞いていただけますか。ナイトシェードはウェールズの宿場町でした。毎日多くの旅人や巡礼が立ち寄り、それは栄えた町でした。ところが今は、悪魔の棲くう恐ろしい町と化してしまったのです。この町を救えることができるのはたったひとり、あなた様だけでございます。

※3D・ロールプレイング・アクション・アドベンチャーって書いてあったけど、ジャンルはアクションにしておきましたw


nightshade-msx_001.png
町の中をモンスターたちが我が物顔で徘徊しています。
目的は枠下に表示されている骸骨、死神、狂った修道士、幽霊、これら地獄の使者を葬ること。


nightshade-msx_002.png
地獄の使者を倒すには武器が必要です。
その1つである、ハンマーを発見。


nightshade-msx_003.png
画面の上にいるのが、地獄の使者の一人、死神です。
町のどこかにいる地獄の使者を捜し、専用の武器で倒します。



ZX Spectrum(海外の機種)で発売された、イギリス生まれのアクションゲーム。プレイヤーは正義の騎士となり、町の中から4つの武器を見つけ出し、4体の地獄の使者を倒します。特徴は斜め上から見下ろした立体的な画面、広大なマップ、そして敵と武器に相性があること。

300もの建物がある町の中から地獄の使者と武器を見つけ出さなくてはなりません。骸骨にはハンマー、幽霊には聖書といったように、対抗できる武器は決まっています。ヒントとなるのは、地獄の使者が近くにいる時、対抗する武器が点滅することくらい。スタート地点、地獄の使者のいる場所、武器の場所は、ゲームをやり直すたびに変わります。このあまりにも広すぎるナイトシェードの町が、このゲーム最大の敵と言えるでしょう。

町の中をうろうろしている、一般モンスターの一部にも武器の相性があり、投げつけた武器によっては、2体に増えたり、他の敵に変化してしまいます。これらに対抗する武器は建物内で簡単に拾えますが、下から順番にストックされ、上から順番に投げつけるため、すぐに相性の良い武器を投げれるとは限りません。次から次へと湧いて出てくるので、相手をしているときりがなく、かわしながら歩いた方が得策です。ただ、独特な操作性のせいでそれも簡単にはいきません。右を押したら右に進むではなく、左右どちらかを押して進みたい方向を向いてから上を押して前に進む。進行方向と反対に進みたくなったら「右、右、上」もしくは「左、左、上」です。

このように町の探索は容易ではありません。敵に3回当たってしまうと1人消滅で、5人分消滅するとゲームオーバー。シンプルな内容に対してかなり難しいゲームだと思います。


nightshade-msx_004.png

nightshade-msx_005.png
地獄の使者をすべて倒すとエンディング。
裂けた大地から使者たちが地底へと落ちていきます。


海外ゲームにある独特な雰囲気と立体的な画面が魅力のナイトシェード。同じくMSXに移植された「ナイトロアー」「エイリアン8」と見た目は同じでも、高低差の要素はなく、まったく違うアクションゲームです。ちなみにファミコンディスクシステム版の「ナイトロアー」は、十字ボタンを押した方向に歩きます。でも、斜め見下ろし視点だから上が右斜め上、右は右斜め下になるからこれはこれで操作しづらかった記憶があります。操作性が良ければ面白いゲームになったのではないかと思ったけど、そうとも言い切れないような…。この視点が魅力であると同時に、難易度を高くしてる原因でもありますね。まあ、最終的には慣れの問題でしょうけど…。

中学生の時にこの立体的な画面を見てすごく憧れたけど…
いざやってみると難しいゲームでした。


駿河屋


中古MSX カートリッジROMソフトナイトシェード地獄の使者 (箱説なし)



イースⅢ ワンダラーズ・フロム・イース (PS2版)

これがアクションゲームで語られるイースだ!!

イースⅢ ワンダラーズ・フロム・イース (PS2版)

2005年にタイトーから発売されたイースⅢの移植作。
機種はプレイステーション2です。


かすかな風が吹いていた。
 ~Wanderers from Ys~
「さぁ、あと少しだ。行こうぜアドル」
ドギはそう言うと、前よりも足早で、街を目指して歩き始めた。
アドルは、まとわりつくような予感を振り払うと、急いでドギの後を追った。
それが、アドルの新しい冒険の始まりだった。


というわけで、少し前に記事にしたばかりのイースⅢですが、プレイステーション2版をやってみたので、感想を書いておこうと思います。
(他機種のイースⅢについてはこちらのページ

プレステ2だけあってグラフィックは綺麗ですね。ただ、平面的な一枚絵になってしまい、あまり奥行きが感じられません。あの話題になった多重スクロールはどこへやら…。あと、ヒロインの「エレナ」のキャラクターデザインが随分と変わっていて驚きました。

ゲーム中に一番気になったのは、走りながら剣を振れなくなっていたこと。走っている途中で攻撃ボタンを押すと、立ち止まってから剣を振り出します。ほふく前進しながらの攻撃も出来なくなっていました。アクションゲームなのに、どうしてこのようにしてしまったのでしょう?そのまま攻撃ボタンを連打すると、連続斬りになるという新しい要素が加わっていますが、スピード感や爽快感は失われていました。

それにしても、危うくハマりかけてしまったんですが…
ガルバランと対決する直前、チェスターとエリナのイベントが終わり、決戦場所へワープする転送テーブルが出現している場面でセーブしたら、入口が塞がれて町へ戻れなくなっていることに気が付きました。一旦町へ戻るつもりでいたので、HPは半分近く減り、薬草と復活アイテムは持っていない状態です。セーブデータはこれ1つしかない為、この状態でガルバランを倒せなかったら、最初からやり直すしかなくなってしまいました。幸いリングパワーを全快するプロシアの秘薬を3個所持していたおかげで、パワーリング、シールドリング、ヒールリングを駆使してなんとか倒せましたけど…。もし、ガルバランがPC-88版のような強さだったら完全に詰んでいたと思います。迂闊にセーブした私も悪いのですが、このような場面ではセーブできないようにしてもらいたいです。
(戻る方法があったのならすみません…)

難易度ノーマルでやってみましたが、PC-88版と比べたら簡単だと思います。ボス戦はレベルを上げて装備をしっかり揃えてから挑めば余裕でした。それより、終盤の雑魚敵の攻撃力、トラップのダメージ、こちらの方が高くて少し苦労しました。ちなみに約3時間半という短時間でクリア出来ました。


最近になって知りましたが、昔のイースⅢを知っている人からはきびしい意見がたくさん出ているようですね。このプレステ2版で久しぶりにプレイした人も多かったでしょうし、もっとファン心を考えた移植にして欲しかったです。人気作の移植は、初めてプレイする人はもちろん、過去にプレイした人の事も考えてするべきだと思います。人気作だから出せば売れると思って、手を抜いた移植なんて以ての外です。このように酷評ばかりの移植作なのですが、サクサク進むし懐かしさもあって、私はそこそこ楽しめてしまいました。オススメとは言いませんが、安く売っていたら暇潰しくらいの気持ちでやってみるのも良いのではないでしょうか。


駿河屋


中古PS2ソフトイースIII ~ワンダラーズ フロム イース~



中古PC-8801SRソフトワンダラーズ フロム イース
中古PC-9801 3.5インチソフトワンダラーズ・フロム・イース
中古PC-9801 5インチソフトワンダラーズ・フロム・イース
中古MSX2/MSX2+ 3.5インチソフトワンダラーズ フロム イース
中古X68 EXPERT/PRO用5インチソフトワンダラーズ フロム イース




中古PCエンジンCDソフトイースIII



中古スーパーファミコンソフトイースIII ワンダラース フロム イース



中古ファミコンソフトイースIII (箱説あり)



カレンダー

<< 09
2016
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

広告

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR